2006年11月30日

ふつうは分からない?

少しまえのことですが、
竹中工務店の新聞広告で「ドーム球場クイズ」ってのがありまして。

http://www.takenaka.co.jp/answer.html

自分は
「こんなのフェンスの色で一発でわかるし、
そこで分かんなくても、風船とかメガホンですぐわかるやん」
と思って(新聞等にありがちな誰でもわかるクイズと思って)スルーしてたんですが・・

ふつうは分からんのですかね?

報知のコラムをみて思ったんですが・・・

posted by しけたろう at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

井川がヤンキース!

ヤンキースも必死だな〜と。
今のヤンキースのエースは王建民(台湾)なので、アジア2本柱って感じですね。
ランディ・ジョンソンとムシーナは高齢ですし。

イチロー以下の年齢の日本人メジャーを整理すると

1973年生まれ イチロー、石井(帰国)中村(帰国)
1974年生まれ 松井秀、井口
1975年生まれ 松井稼、大家、(岡島?)
1976年生まれ 城島
1977年生まれ なし
1978年生まれ 岩村(1979年2月)
1979年生まれ 井川
1980年生まれ 松坂


1977年はまだいないですけど、福留はどうなんでしょうかメジャー志向あるのかな。経歴を考えればメジャー志向であっておかしくないですけど。
あと、石井弘もそうですね。

岩村ですけど、ポスティングの宿命(のはず)とはいえ、日本人選手には珍しくいきなりマイナーな球団にぶちこまれてしまったわけですけど、
「遊びにいくわけじゃないんで」ともいう、すがすがしい態度、好感が持てますな。

野村監督末期のヤクルトに指名されたのとダブリます・・

ま、街じたいはすごしやすいところみたいなんでいいんじゃないかとおもいます。がんばってほしい。
posted by しけたろう at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャイアンツ

谷、小笠原と続いた「パリコレ」補強、ブログ界隈では批判の声は相変わらず強いわけだが、私自身はそれほど、かつてほどの「嫌悪感」はない。

理由は簡単で、今の巨人が弱くて、どん底だから。

むしろ、日本の球界は弱いくせに「なにもしない」チームが多すぎる。
FA補強や外国人強奪をしろといってるんじゃない。
余剰戦力をつかったトレードくらいはできるだろ?と。

FAでも
内野がすべてできて、打撃も開眼の兆しがある(3割近くは期待できる)塩崎や、左打ちの捕手で1軍での試合経験は十分な日高にどこも声をかけないというのは、正直、制度に欠陥があるんじゃないかという気がする。

ものすごい使い手のある選手でしょ、2人とも・・

巨人の話に戻るけど、結局生え抜きがだらしがないというのはこの2年で十分に証明されたはず。
かつてはわずかなチャンスをものにしてやろうという若手もいた(若き日の斉藤とか)が、今は十分すぎるチャンスを与えられても結果が残せない若手ども。

逆指名組もチームリーダーの資質には欠ける・・

それで、FA、トレードに走って何が悪い?

また、今年は仁志を整理したのも大きい。
「使わない人は出す」という当たり前のことをしたにすぎないのだが。
「ジャイアンツ」にプライドをもっており、リーダーシップをとれる選手だっただけに失ったものも大きいが。

以下箇条書き

・谷のピークは03年。04年のシドニーで最後の打者になって捻挫したあたりから精彩を欠いており、もちろん、チームがああいう状況になったことも少なからず影響してるだろう。03年の成績をみれば、谷の特徴といえば2塁打が多く、盗塁が多い。これって「最強1番」の条件になるんではないだろうか?これまで、谷はチーム事情で3番が多く、1番はあまり経験はないと思うけど、1番谷はみてみたい。今、盗塁ができる足の状態かどうかは知らんけど。

・脇谷はでてきたけど、正直、巨人でなかったらここまで期待されるのか?という成績だ。年がもう若いってほどでもないので来年が勝負だろう(81年生まれ)矢野も確かにいい選手だが、06年シーズンのようにチャンスがめぐってきたときにケガしているようでは、そこまでの選手かな?という気はする。

・谷にしろ、小笠原にしろ、残念ながらリーダーシップがあるタイプではない。自分の仕事のテリトリーをきっちりやるという、いわば職人タイプだろう。ケガ以外で、期待はずれということはあまり想像できない。(と思う)

・小笠原が巨人というのは、まー、ガラではないという気もするけどね。ヤクルトとかがとりにいかなかったことを恨みたい。ヒゲもやめて、長髪もやめて、「ハムのころってこんなん?」と数年後いわれるぐらい活躍してほしい。

・日本ハム→巨人といえば、張本さんの流れ。このときは、もちろんトレードなのだが、36歳での移籍だったんですね〜。
王さんとOH砲を組んだわけですが、このときも左左。
最下位から即優勝に貢献している。

・李は来季は2年目のジンクスというか、そういうものに苦しみそう。
今季はやっぱり、バレンタインにトータルでは福浦より下という評価しかされなかった悔しさが相当あったと思うからね。

・阿部は捕手をやめたほうがチームのためになるのでは?と思うことがある。なまじ、打てるために、簡単にレギュラーを獲れすぎた。そこが彼が伸び悩む一因になっている。前任の村田は、有田とか中尾とか他チームのレギュラークラスをつれてこられてたんだから。

・投手はメンバー的に来季爆発的によくなる要素はある。林は先発でもいいのではと思うけどな〜。尾花さんの手腕に期待。

・とにかく木佐貫だ。

・巨人だけでなく、どこでもそういう傾向だけど、中継ぎ以降に、トータルの能力が高いやつを使いすぎなんだよね。巨人だと久保とかね。
正直、「中継ぎだからなんとか通用してるんです」という感じのやつでいいんだよね、中継ぎは。ハムの武田とか。派手さはいらんのよ。

・結局、みたいのはケミストリーなんだ。小笠原他の加入でどうチームが変わるのか。



posted by しけたろう at 12:08| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

アンディ・グリーン

とりいそぎ

http://www.thebaseballcube.com/players/G/Andy--Green.shtml

昨年の成績ならとりにいく価値あるな。

今年は「メジャーの壁」にはねかえされた感じだな
posted by しけたろう at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

ドラフト終えて

朝からスポーツ新聞を読み、野球小僧も読んで、大分理解しました。

とりあえず、ヤクルトだけでも感想を。

・補強ポイントのはずの左投手と内野手をとってないのがなんとも・・
・高市はいわゆる「軟投型」で、「頭脳派」の古田のもとではうまくいくのではと思いがちだが、果たして・・?
・いや、それなら、鎌田とかヤタローがもっと伸びてもいいと思うのだが。
・古田、ヤクルト投手コーチ陣は「いいところをのばす」よりは、「抑えるために必要な球種を必ず覚えさせる(シュートやフォークなど)」「覚えられないなら使わない」そんな感じに思えるのだが。
・松岡が↑の方針で今伸び悩んでるような気がするんだけど・・。

塩崎(オリ・FA中)なんかユーティリティだし、面白いんではとおもうんだけど。FAには興味ないみたいだし。
再生かトレード・・さらなる補強お願いします。

・リグスの交渉は難航しているのか?阪神が狙ってるとか?
・リグスは1塁しかできないし、シーツはどこでもできるとはいえ・・
・リグスが今年並みの成績を来年も残すとはとても思えないんでそりゃ難航もするよな・・
posted by しけたろう at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

スポーツ三昧?

休みということで、スポーツテレビ観戦。

サッカーvsサウジ

・あんまりサッカーは見ないんですけど、久しぶりに90分つけてました。
2点めのころにうとうとしかけてて・・今日の展開で90分見続けられないとは・・

・注目のスタメンは今野、闘莉王、阿部が3バックで加地、駒野が両サイド。三都主が守備的?攻撃的どっちかわからんポジションで・・
とにかく、ポジションチェンジが多くて面白かったです。
何バックとかポジションがどことかに捉われちゃうのが野球脳なんですかね。

・海外組が戻ってきて誰が残れるのか?というのに注目してるんですが、鈴木と闘莉王は鉄板っぽいですね。あと、阿部も残るでしょうし・・
三都主は今はチームのリーダーっぽいポジションだし、どうなんでしょうね。

オシムさんが海外組を「助っ人」と捉えてるか、「チームの軸」と捉えてるかによるでしょうね

個人的には今野が好きなんでがんばってほしいんですが。


バレーボールvsオランダ
・今度の世界選手権も全部みるのは初めてかな?
・オランダは久光製薬の監督をしていたセリンジャー息子が監督。美人が多い。まだまだ成長途上という感じのチーム。だが、ど アウェイの日本で互角にやるんだから大したものです。

・試合は勝ちましたが、北京のことを考えるとここまで高橋みゆきに頼りきりのチームでいいのかなと思いました。

・大友の電撃引退でアテネ直後から軌道修正している途上だとは思いますが。

・理想をいえば、北京のときには、「困ったときには高橋もいるよ」ぐらいのチーム力にしたかったのでは。

・メグ、カナのいない今大会、小山か木村どっちかに「大化け」を期待してたと思いますが、そこまでではなかったですね・・(成長はしたと思いますが)

・こうなると、菅山をリベロで使ってるのがもったいないような気もします。
・でも、高橋と菅山を二人スタメンで使う「低身長化」は時代に逆行してるようだし避けたいんかな〜と・・

・高橋はうまい。ああいう選手は日本にしか育たないんだろうな〜


このあとNBAみてから寝ます
posted by しけたろう at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

来年くる新外国人

うちのブログは新外国人のアメリカ時代をチェックするというのを毎年やってるんで今年もやります。

阪神 
ph_285064.jpg
ボーグルソン 記事  成績

外国人のとりかたというのが2通りあって、
@いいものはいいのだから、早めに(秋口に)獲得しておく。
Aメジャー漏れもねらうため、開幕直前、あるいは開幕後の獲得

という2とおり。
星野SDは比較的2のやりかたが好きなはず。(バンチとか)

1の場合も抜群の成績を残した年があり、故障で評価を落としたという(ウィリアムズがこのパターン)のが多いと思う。

ボーグルソンは特に目立った成績を残した年がなくそこが疑問。

阪神は外国人投手にローテーションの浮沈がかかってくるというチームではないので、育成というか「のびしろ」を考慮しているともいえるかもしれない。

それなら、オクスプリングではだめだったのか?と・・

外国人投手は1年でがらっとイメージが変わるということも結構あるのでオク様もう1年という選択もあったのではとおもうけど。

redsfernandez_zoom.jpg
広島 ジャレッド・フェルナンデス 記事 成績

画像でへんな握り方をしているのからもわかるように、ナックルボーラーですよ。
日本では、ナックルのいうのは変化球のひとつであり、(巨人・前田幸とか)、そればっかり投げるナックルボーラーというのはまだいません。

内野ゴロを打たせることがテーマになってくるので、人工芝が多いこともそういう投手がでない要因になってるんではないかと思ってますがどうでしょうか。

横浜 記事

2620202450.jpg
スコット・チアゾン 成績
今年の成績が3Aとはいえいいので、旬の時期の獲得といえるでしょう。期待しましょう。

ph_407872.jpg
ホセ・ディアス 成績
同姓同名が多く、マイナー時代をさがしきれませんでした。

しかし、ニッカンの記事によるとチアゾンを先発起用?抑えでの起用で今年の好成績なのだから、セットアッパーで起用したほうがいいのでは?

ディアスのほうが若い分先発起用の順応性はあるような。

ここのチームは左不足が最大の懸念ではなかったのか。外国人投手3人が全員右でいいのか?


2023776080.jpg
オリックス 
チャド・アレン
記事 成績

大砲ではなく中距離型のよう。谷の穴埋めでしょうか。
大砲はノリキヨに期待?バクチだな〜





posted by しけたろう at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

コーチ人事が楽しみ?

コーチ人事に興味をもって記事を追ってる人ってどのくらいいるんだろう。
高橋ヨシヒコを招聘したロッテで西岡が育ち、
川相の前の犠打記録保持者、平野が入った日ハムで犠打が激増・・

というぐあいに、「コーチで野球がかわる」という例が結構ある。

一昔まえは、V9巨人の選手がひくてあまただった時期があった(土井や高田が監督をしたり・・)

80年代90年代に黄金時代だった西武、ヤクルト。
チームの代表格、石毛があっさりぽしゃった西武勢に比較すると、ヤクルト勢は勢力をひろげてきているような気がする。

注目は阪神の打撃コーチになった広沢。もちろん、野村門下生。
「野村以外」の野球観ももってることもプラスだろう。
和田、正田のちびっこ打撃コーチコンビでは大砲が育つとは想像しにくかった。
いよいよファン待望?の、林、桜井あたりの覚醒はあるだろうか?

ヤクルトでは山部が新しく2軍でコーチになった。
正直、チームへの貢献という意味では山本樹や加藤博人のほうがあったと思うし、いいピッチングコーチは「後ろ」をやっていた人に多いような気がするのだが(鹿取とか)、山部が悪いわけではない。
ドラフトの順位って大事だなと思わんでもない。

山部が一番よかった95年の投手コーチは角ミツオだった。この年だけ。

監督の去就がきまってないチームもあるぐらいなので、また書きます。



posted by しけたろう at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

巨人は変われるか!?

当然、仁志⇔小田嶋、谷⇔鴨志田、長田のトレードを受けてのタイトルですが・・・

・こういう話題のときによくでるのが「生え抜き」「外様」ということですが、

・今年の日ハムは、外様が多かったですよね。新庄、稲葉、岡島、中嶋・・
セギノールも・・
・前のハムの優勝時も元巨人の高橋一三がいて、4番が柏原、そして江夏・・
・阪神も金本抜きでいまのチームは語れない
・というわけで、今の巨人、特に「低迷からの脱出」においては、「血の入れ替え」つまり外様の増加もある程度しかたがない

・もちろん、現在の低迷のひとつの要因は、「よかったころ」に補強しすぎたというのはある。

・今年の巨人の戦いで分かったのは、
・高橋由、二岡、阿部の生え抜き逆指名組はいまいちたよりない。リーダーシップには正直欠ける
・中途半端な「補強」では、チームを立て直せない(例:小坂、小関)の2点だろう。

・高橋以下の3選手がたよりない原因のひとつが、「よいときのFA補強のしすぎ」ではないだろうか。彼は入ったときは、松井がおり、毎年のように他球団の主力が入ってくる。そんな中で「自分たちにリーダーシップを求められるとき」がくるのを想定していなかったのではないか。ともかく、自分はワンオブゼムであるという意識しかなかっただろう。
 他のチームの「野手上位指名」組はその存在自体が少ないことえを考えれば、彼らとは意識の違いがうまれて当然だ

・さて、仁志のトレードだが、まさに、仁志が巨人を出ただけのトレードという印象。
・横浜の課題は若返りもひとつ。いかに、石井琢をショートからはずしていくか・・・がこれから数年の課題のひとつ。当面コンバート先に考えられるのが二塁。仁志が必要だろうか?
・さらにいえば、仁志と同じ年の種田も同ポジションでいるわけで・・
プライドの高い仁志が外野に回るとも考えにくく・・
本当にどうしてとったのか分からない。
・昔のパみたいに巨人の人がいたら客がくるとでも思ったのか???

小田嶋のほうも巨人に必要とは思えない。サードとかも挑戦させられた「打撃優先」の捕手だからな・・

谷のトレードのほうでは巨人がベテランをとるために若手を放出したというスタイルをとったのが珍しいと思った。
鴨志田は同期に林がいるけど、長田とともに今の球界なら「伸び悩み」というほどでもないと思う。まだまだ可能性ありの部類。

基本的には「飼い殺し」をしていくのが「巨人2軍」の姿だったので・・

鴨志田、長田とも関東出身なので、オリックスへの放出は正直ショックで、よくあるようにモチベーションが落ちそうなのが不安。
長田は左打ちだけど、平野と後藤がいるのにな・・

・この若手放出、中日が鉄平や田上を出してしまって、損?と思うが、見事優勝。この痛みを怖がっていては、チームの補強はできないのでは?と思う・・

・日高、塩崎もFAではないのか、「オリ色一掃」を狙ってるのかね。

・コーチ陣も伊原、伊勢が加入と
・伊勢は尾花につづいて、ヤクルトということで、原は自分の現役時代苦しんだ、黄金時代西武、ID野球ヤクルトに憧憬があるようだ。

・小笠原がとれると、ほとんどオールパのようなラインナップになりそうだが・・

・外様の増加は、低迷脱出にはある程度しかたがないが幹の生え抜きがしっかりしてくれてこそ。
・高橋、二岡、阿部のうち、もうひとり放出してもいいぐらいではないかと。
それぐらいして、残ったものに「リーダー意識」を植え付けないと・・

・日本のトレードは「損得」それも短期的な見方での評価を気にしすぎて、
年俸、年齢のバランスを考えすぎる。
今回の巨人の動きはそういう「常識」を覆している点でも評価できる。

・惨敗しているのに、「同じメンバー」で戦うほうがナンセンス。
巨人の「次の動き」に期待している。

posted by しけたろう at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

今年のストーブリーグ

ま、主役は黒田と小笠原なんだろうけど、
今年は門倉とか日高とか1流半クラスがFA宣言しそうなのも興味がそそられますね。
FA移籍の稲葉がシリーズMVPになったり、岡島がファイターズで生き返ったりという現象ともダブリます。

日高はイチロー以降ではほとんど一人だけ、仰木さんが若いときに大抜擢してつかってきた選手。
というわけで、経験はあります。打撃も左だし、1軍レベルはある。

結構使いでがあるような気がします。
右だったら巨人は迷わずとりにいったんではないかと思いますが。

門倉も若いときはともかく、最近は勝ち方が分かってきて、コンスタントに勝つ、ローテーションが守れる選手だと思う。
彼をとって3番手の先発ぐらいにできるようだと、強いチームになるのでは・・

このクラスがFAするようになると、ハナからFAに興味がないといってるチームはもったいないだけ。
選手会の理想もこのクラスがチャレンジしていける環境であり、そのほうがリーグとしては面白いはず。

・巨人・佐藤が楽天に・・。いいんじゃないでしょうか。もしかしたら、先発もあるのでは?

・日米野球は日本もショボイけど、アメリカもショボイですね。
アンドリュー・ジョーンズとジャーメイン・ダイ以外は「期待の若手」という感じの人選なのかな〜という印象です。(日本人も含め)


posted by しけたろう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。