2004年11月29日

新外国人で夢を見よう!

そろそろ新外国人が決まり始める季節となりました。

「外国人は使ってみないと分からない」とよく言いますが、外国人担当スカウトだってはずそうと思って獲って来るわけじゃない。
何かがいいと思って獲って来るはず。

その「何がいいか」は出場数の少ないメジャー成績では分からない。マイナーの成績が知りた〜い。

というわけで、探してきましたAAAの成績を。
そんで検証して見ましょう。

◇前提
AAAはインターナショナル(以下インタ)とパシフィックコースト(以下パコ)の2リーグでやってます。
東のチームはインタ、西のチームはパコという認識でほぼよろしいかと。

リンク先では個人データではなくてチームのメンバー全員の成績が出ます。
スクロールすると、追加のデータがでます。

まず、獲得決定選手から

◇横浜
横浜が助っ人2選手獲得…クルーン投手とウィット内野手

K.Witt
カージナルス傘下のチームということで成績表には田口壮の名も。
ウィットは3割7厘、36本塁打、107打点の成績。
本塁打と打点はパシフィックコーストの1位と3位だ。
112三振の多さと28四球の少なさが不安材料。

カージナルスの場合、DHもなく1塁、3塁にプホルス、ローレンがいることを考えれば今季メジャー実績が少ないのはやむをえないか。

M.Kroon
2勝3敗20セーブ。2.72の防御率を評価したい。
49と2/3イニングで72三振。

◇ヤクルト
テスト参加のリグス選手が合流!

A・Riggs
3割2分9厘29本塁打90打点。
三振は81で少ないともいえないが。
長打率では0.631でウィットより上。
ウィット0.601。
三塁打が8本、盗塁が7個と足もありそう。

リッグス

風貌から中距離と思い込んでいたが意外にパンチ力もありそう。
得点はパコリーグ2位と言う実績から、1番起用もあるかも。

エンゼルスも今年は豪華布陣だったし、メジャー実績が乏しくてもやむをえない。

◇日ハム
マイケル・ナカムラも一応マイナーが主戦場だったということで。
M・Nakamura
3勝2敗4セーブ。防御率3.11。
55イニングで76三振。

以下は獲得検討中もしくは交渉中。

◇阪神
クビアン、獲得へ

D Cubillan
3勝4敗24セーブ。防御率が4.41。
インターナショナルリーグ3位のセーブ数だが・・
防御率が不安。
51回で53三振。はイニング越えの三振を奪ってるとはいえ、クルーン、ナカムラと比較すると物足りないか。

◇広島
3A、ロマノ獲得へ

M.Romano 
13勝5敗で防御率3.42。
インタのハーラーダービー2位。
同じチームで今季途中阪神にきたホッジス弟は5勝2敗で4.82だった。

ブレーブスは今季も結局投手陣はそろった。運がない?
posted by しけたろう at 15:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

どないすんねん残り2枠←阪神助っ人選び
Excerpt: 虎のテームズ獲り暗礁に…タ軍から移籍金1億円の要求←12/2 虎のバーン獲り”白紙”…オリックスが保有者名簿に記載←12/2 どちらも結局失敗に終わりそう。バーンは何となく阪神にも興味を持っている..
Weblog: よく考えるぎょるいのひとver.3.05
Tracked: 2004-12-14 00:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。