2004年04月30日

イチロー語録4・29

イチロー


今年のイチローのコメントはチームの調子が悪いからか、自分も調子悪いからか、例年より味わい深いものが多いような気がする。

4・29
オリオールズとの3連戦で1安打に終わる。

「勝っている時と同じ気持ちでやっていたら、あきらめているのと同じ。」

「(批判を気にするのは)とうに卒業した。そういう段階じゃない。結果に対する他人の評価はそれでいいんじゃないですか。」

4・26
5連敗中、オリオールズ戦、雨で中止
「きょう試合をしたら(5連敗中のチームの状態が)よくなるかもしれないし、
きょう休んだほうがよくなるかもしれない。これからどうなるのかなんて、それは僕にもわかりません」

4・22
アスレチックス戦に敗れ、4連勝のあと2連敗。
自身ワーストの7試合連続無得点。
「勝っていることがチームにプラスに働くことが多いし、
負けていることがチームにマイナスに働くこともある。」

「負ける要因が多いから負けているわけで、それが相手よりも多いと負ける可能性が高いし、
そうでなければ勝つ可能性がある。
野球とはそういうもの。」

「必要以上に悲観することはよくないが、(負けを)全く無視することもできない。」

4・18
連勝中
「ゲーム運び?内容は悪くても勝ったときはそれでいいと思う。
チームのいい形がすべて出て勝つことはめったにないですから。
そこまで追いつめる必要ないと思います。」

4・15
エンゼルス戦に勝って今季2勝目。
攻守で貢献。
「苦しいとき守備や走塁で流れをつくるのは野球の基本。」

4・
開幕5連敗
「気持ちの切り替え?何か特別にしようとすると違う動きが出てしまう。
特別な思考はかえってね。」
posted by しけたろう at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イチロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。