2006年03月08日

対ソフトバンク

昨日はソフトバンクvsヤクルトを職場でネット中継を見てたんでその感想を。(あまりそういうことができる雰囲気ではないんですが。チラ見で。)

・ホークスの新外国人投手のカラスコは低めに集める変化球とランナーを出してからの粘りが信条というタイプ。先発の5番手6番手ならこれで十分という感じでしょうか。

・ホークス新人松田はスター性を感じさせる。他にも若手で楽しみなのがいそう。

・芝草はホークスにいったのか。

・スワでは田中浩と武内は1軍切符とりそうな勢いはある。特に田中。三木とかよりはよさそう。2塁ラロッカだと守備固めはいりそうだし。

・2番リグスというのはオープン戦でしかみられないのかな〜。そもそも外国人3人打線に理想をおいてるのか。ゴンザレスはどうした?

・しかし、青木、宮本、岩村と1〜3番をみんな持ってかれてるというのは・・

・木田は「投げてみないと分からない」の域をでていないのか?それなら日本にいるときとかわらないのでは?クレバーな投球ができるようになった木田に期待してるのに。

・2塁ラロッカだと8番は全てに目をつぶって米野というのが可能だと思う。

posted by しけたろう at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。