2005年01月20日

続・上原の件

ちょっと、読み返して誤解されるかもな〜と思ったので、少し補足します。
・僕自身はポスティング=悪だとは思っていない。
・ただ、やはり特別扱いであるので運用は慎重にしてほしい。

・松坂の場合
・かなり前からメジャー志向をかくさず、アピールしていた
・そのことによってファンにも「流出の覚悟」が出来てくる。
・球団もポスティングの使用に好意的
・松坂投手も数年かけての説得

このようにやはりプロセスというのがやはりファンを意識した場合重要ではないかと思う。

・上原の場合
・メジャー志向はあったがすぐに行きたい、将来的ポスティングを要求したのは初めて
・球団がポスティングの使用に否定的
・オフの言動からは球界のエースとしてがんばる、引っ張っていく姿勢がみれた

上のようなことから、個人的には唐突に感じた。

あと、年俸減額でもいいというのはどういう論理なのか。
比較で松坂を持ち出して松坂と同じ額でいいというのも分からない。
posted by しけたろう at 17:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 読売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなで井川/上原の件について考える←リピーター企画!
Excerpt: 阪神・井川慶,讀賣・上原浩治ができるだけ早くメジャーに行きたい発言。ここのところの動きは以下。 井川「キャンプ行く」今季メジャー封印 阪神井川慶投手(25)がポスティングシステム(入札制)による今..
Weblog: よく考えるぎょるいのひとver.3.09
Tracked: 2005-01-21 01:13

構造改革委員会は機能するか
Excerpt:  今年のポスティングさえ視野に入れて期限の3月1日まで交渉を継続するという巨人上原投手に対し、堀内監督は「出て行くことはない」としながら「FAだったら問題ない」と発言。 上原選手が断念する以外に解決し..
Weblog: SEABLOGスポーツFC2版
Tracked: 2005-01-25 17:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。