2005年02月01日

だから「レンタル移籍制度」ってなんなんだ!

星野さんのHP更新されています。

こうした問題を何度も繰り返えさせないためにも、たとえば国内外を含めたレンタル制度を含めた制度改革というものを、いつも同じようなことをいうようだけれど早く、年内にもきちんと作っておかなければならない、とそういうことでしょう。世間を含めた周りで、わたしを含めた周りから井川を叱ったり責めたりもしたけれど、それよりも大事なことは、必要なことは、時代に即した球界の対応、球界のルール作りのありようなんだから。ドラフト改革、FA取得機関の短縮、メジャー関係者を含めてのレンタル制度の検討、今年中には決めなければいかんでしょう。


・・・レンタル制度?
そういえば、選手会も要求しているようだけど・・
選手会のHPのここにこういう言及が。

選手会は、このような選手の希望を単におさえつけることはできなくなるでしょうし、そうするべきではないと考えています。むしろ、早い時期に希望をかなえてメジャーに挑戦させてあげながら、何年後かに帰国して日本のプロ野球を盛り上げてもらうということを考えるべきでしょう。阪神で伊良部選手が実現してくれたことにもっと着目するべきです。そのためには期限付国際移籍制度なども検討するべきです。あと一年したらイチロー選手が、あと三年したら松井秀喜選手が日本へ帰ってくることが決まっているとしたら・・・。そんな新しい考えをもつべきではないでしょうか?みなさんはどう考えますか?


・・・
一応言っておきますけど、サッカーの場合今回の大久保も「レンタル移籍」ではありますが、くまで初めの第1歩のとっかかりであって、「(一定期間経過後)日本に帰ってくることが前提」の移籍じゃないです。
ムコウで評価されれば本契約ということになるでしょう。

それに、伊良部や佐々木や新庄は自分でメジャーに区切りをつけたわけで、契約で帰ってきたわけじゃないです。

だいたい、
日本への帰国前提のメジャー挑戦なんて誰が見たいのか?

イチロー、松井みたいに通用すればとことんやって欲しいと思うし、
野茂や田口みたいに自分のスタイルを貫くという意味でもとことんいって欲しい。

契約だからって帰ってこられても・・ねぇ。

ホント、なめた制度をつくるのだけは勘弁してください。
posted by しけたろう at 01:34| Comment(5) | TrackBack(0) | 球界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然失礼しますが、通りすがりに見かけたので。

サッカーの場合確かに大久保はレンタル移籍後の完全移籍オプションというものがついていますが、
たとえば柳沢は(レンタル延長というオプションはあるものの)完全移籍のオプションは付いていません。
要はイタリアの後は必ず鹿島に戻ってくるという約束の元での移籍です。
訂正まで。

野球のレンタル移籍という話は初めて聞きました。
確かに日米のレベルの差(のなさ:サッカーに比べて)を考えると、
妥協案というか無理矢理な感も否めませんね。

結論がなくてすみません。
Posted by いのうえ at 2005年02月01日 12:09
とことんやりたい奴はFA満了(完全移籍)という道もあるわけですから
ある意味「自分でメジャーに(移籍期間という)区切りをつけた」移籍として
それはそれとして選択肢が増えることは別に良いんじゃないですかね。と個人的には思いますけど。

大久保はとっかかりではあるけれども完全移籍に至らなければ、あるいは完全移籍に至るとしても
ボールはセレッソにもあることも確かなわけで。
伊良部なんかも阪神じゃなくてロッテに戻るみたいな。
Posted by d at 2005年02月01日 15:57
いのうえさん

はじめまして。貴重な情報ありがとうございます。
ざっと調べただけで書いたのですが、
柳沢選手もサンプドリアのあと、メッシーナにレンタル移籍していますので、「いつ鹿島に戻ってくるかは分からない」ということだと思うのですが。


dさん
確かに、それでも行きたいという人はいるかもしれませんね。
1年なのか2年なのか4年以上なのか・・・
できてない制度がどうなるか想像するのは難しいですが。

サッカーは川口が磐田で戻ってきたというのはマレな例なんでしょうか。

Posted by しけたろう at 2005年02月02日 01:28
柳沢というある種特殊な例を出してしまって混乱しましたね、すいません。まあ一年ごとに戻ってくるかもう一年他のチームでやるかを再考するという感じですね。

そういう意味で「いつ鹿島に戻ってくるかわからない」のではなく、「鹿島がいつでも(一年ごとに)戻せる」という解釈のほうが正しいと思います。

でもレンタル制度のもともとの起こりとして、完全移籍の際の移籍金が高いことを前提に、
「お金のないチームが良い選手を安価で獲得する、その代わり一定期間後は返す」というものなので、
サッカーでは日本人選手の海外移籍の際に多く使われますが、
野球で「初めから日本人選手の海外移籍のために」この制度を導入するのはレンタルの趣旨に合ってないかもしれませんね。

FAという制度が保障されてある以上完全移籍の概念は弱まってきますし。
サッカーは基本的に完全かレンタルかの二者択一ですから。
Posted by inoue at 2005年02月02日 09:41
しけたろうさん、始めまして書き込み失礼します

別にレンタル移籍制度が出来ても球界に
プラスになるとは思えないので反対ですが、
自分の理想としてNPBがMLBと対等の関係に
なって欲しいので、その過渡期として
メディアのメジャー信仰のカウターバランスを
取る為に、メジャーへ実力を見せ付ける為の
レンタル移籍はアリかな?と思うのですが…

実際はそんなことないので反対です
大体、普通にトレードも使いこなせていない
プロ野球界のフロントにそんな制度やらせても
目先の小銭稼ぎにしか使えないと思います

長々と乱文失礼しました。
Posted by 下田 at 2005年02月22日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。