2005年02月16日

欽ちゃんと巨人戦視聴率

欽ちゃんはスターを育てたいのよ

欽ちゃんほんとよくメディアに出てますね。
少々うざい気もしますが・・

キャンプに人を集めたっていうのは確かにスゴイと思いますよ。
でも記事を読むと欽ちゃんのマイクパフォーマンス目当ての人が多いようだし、
プロと比較するのはどうなのか?と思いますが。
それにキャンプですからね。
やっぱり、試合の中身で勝負でしょう。
というか、キャンプはあくまで「仕込み」であってそこには興味はないという野球ファンだっているでしょう。

それに、一応欽ちゃんの過去の栄光というのは「視聴率」であって客集めじゃない。
で、その(本業の)視聴率のほうは今はどうなってるのかというと、
正月の「仮装大賞」で14.1%(関西では11%台)※1。
95年9月には28%とかとってたらしいので、
「視聴者からのあきられ方」という意味では野球といい勝負です。
(巨人戦は95年19.8%→04年12.2%)

だからといって、その提言に全く意味がないかというとそんなことはない。

―あらためて球界進出を決めた理由を。

 「暗い話題が多くなった野球界を明るくしたいということが第一。それにいつしか野球が、筋書きのあるドラマになっちゃった。だって、ヤンキースでも(抑えの)リベラが出てきたら、もうテレビを見なくても結果が想像できちゃう」

 ―投手の分業制など、勝利至上主義の弊害か。

 「勝利を目指すのは当然だけど、ちょっと野球がマンネリ化してきちゃっていた。もう一度、野球を筋書きのないドラマに戻したいって思ったね」


欽ちゃんは試合展開のことを言ってますが、ペナントレースの展開でも同じようなことだと思うんですね。
ファンはペナントレースの展開にも「筋書きのないドラマ」を望んでるわけです。

ところがですね・・・
え〜っ!星野SD「優勝は中日」

 演台でニヤリと含み笑いした。「今年は中日が優勝すると思う。脂の乗り切った選手ばかり。荒木、井端、福留も…」。冗談交じりに「私が獲った選手たちが皆成長したから」と言うが「抜群の戦力だ」と分析はマジ。

 その一方で「中日に、巨人と阪神がどれだけきっ抗できるか?」とも。虎のV奪回へ立ちはだかる最大のハードルが落合竜であることを再確認しながら「野球は何が起こるか分からない。岡田も去年よりリラックスしてさい配できる」と期待を込めた。


(昨季2位のヤクルトはどこいったんじゃい!という怒りはもちろんとして)
「野球は何が起こるか分からない」とかいいながら、「中日に巨人と阪神が拮抗」という、普通の野球ファンならだれでも分かるようなことを言ってるわけです。

いわば、解説者があえて「筋書きのあるシナリオ」を紹介してるわけです。
しかも、まだキャンプを1チームも見てない段階で補強の状況だけでこういうことを話すのはいかがなものか?

今の段階なら「横浜も投手がよくなれば・・」とか「広島も若手が伸びれば・・」とか言っとけばいいんじゃないでしょうか。
「こんなことが起こるかも」という(素人が見落としがちな)ワクワク感を提供できてこそではないですかね〜。

「野球は何が起こるか分からない」といいながら、解説者が自分が想像してた範囲のことしか言わなければ、そら、テレビも見なくなりますよ。


巨人戦視聴率について
データがあったので眺めてみると
ともかく、「調査開始以来、基本的に下落傾向」という話を聞いてたので、鵜呑みにしてたのだが、そうでもないなという。

まず、2000年と2001年が決定的な年だなと。
2000年は初めて「優勝したのに平均20%にいかなかった」年です。
それまでは優勝しなくても基本的に「20%前後」という中に納まってますからね。
97年とかヤクルトにすき放題やられていたにも関わらずそこそこ稼いでます。

じゃ、00年に何が起こったのかな〜と考えてみると、やっぱり補強の仕方というところ。
FAで江藤と工藤をとって、メイもとった、マルちゃんもいたという年ですからね。

石井浩郎と清原をダブらせていた年はそれほど拒否反応は数字に出てないわけですから、
「よっぽど、いよいよ」といっていいでしょう。

01年は「4月の視聴率が初めて20%を割った」という意味でエポックメイキングかと。
これはやはりイチローでしょうか。
それまでは、投手の登板日にあわせてあっただけのMLB中継が基本毎日になりましたからね。

02年も優勝したのに20%にとどきませんでした。
「オリンピックがあったから」「W杯があったから」と特にその原因について深くかんがえなかったんでしょうね。

長嶋さんの辞任とか松井の離脱とかもあわせて、2000年から急降下という印象です。
とりあえず、現場でできることの可能性といえば、「体質改善」しかなさそうですね。


※1 今は香取慎吾も司会に参加していてこの数字です。
posted by しけたろう at 03:30| Comment(0) | TrackBack(4) | 球界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

プロ野球構造改革議論 (巨人のプライド)
Excerpt: 井川や上原の大リーグポスティング問題も残留という方向で解決するきざしが見え始めた。このような人材流出騒動を前に、プロ野球構造改革の議論は高まっているが、この構造改革の議論については、私は少々不満である..
Weblog: V35スカイラインクーペが欲しい!
Tracked: 2005-02-16 23:47

やっぱり清原だけなのか・・・
Excerpt: ------------------------------- スポーツニッポン 2005年2月17日(木) 6時2分 清原が若手を一喝「気ぃつけろや!」 ------------------..
Weblog: NARI---BLOG
Tracked: 2005-02-17 19:55

プロ野球構造改革議論(補論 巨人とホークス)
Excerpt: 今日の巨人対楽天は、新規参入の楽天が球界の盟主巨人を下して初勝利した。 今後のプロ野球を象徴する出来事かもしれない。 今までプロ野球の構造改革の議論について独自の見解を展開してきた。嬉しくも多くの..
Weblog: V35スカイラインクーペが欲しい!
Tracked: 2005-02-26 21:05

プロ野球構造改革議論(補論 巨人とホークス)
Excerpt: 今日の巨人対楽天は、新規参入の楽天が球界の盟主巨人を下して初勝利した。 今後のプロ野球を象徴する出来事かもしれない。 今までプロ野球の構造改革の議論について独自の見解を展開してきた。嬉しくも多くの..
Weblog: V35スカイラインクーペが欲しい!
Tracked: 2005-02-26 21:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。