2004年06月09日

最近のトレード話いろいろ

日ハム・隼人⇔巨人・河本

このトレードは、日ハムの高橋憲がケガしなかったら、全く浮上しなかった話だと思います。

隼人は入団後、6勝、7勝とまあまあ順調かと思われましたが、昨年一転0勝。
どうしたんですかね。
イースタンではそこそこ投げてるみたいですけどね。
「イースタンではそこそこ」というのはそれこそ読売にはヤマほどいるわけで、(例・木村)そこから飛躍できるのか?といったところでしょうか。
それに、日ハムではわりと先発起用が多く、期待されていたというか、大事に使われていたという印象があります。
読売では、中継ぎから実積の積み上げが必要とおもわれ、そういう面も克服できるのかな〜と言う感じです。

河本は読売時代は本当にぱっとしませんでしたね。
一時代を築いた(97年あたりがピーク?)のは遠い昔のこととなりました。
そういう財産をすこしでも、日ハムブルペンの佐々木や清水に伝えてもらえたらな〜と思います。

阪神・田中秀太とダイエー投手(噂)

http://www.daily.co.jp/baseball/2004/06/03/130157.shtml
阪神が田中をダシにして、ダイエーから投手をとろうという計画があるようです。
阪神は「二遊間ができる選手」がダブついている数少ない球団の1つですからこういう話がでるのは当然といえば当然です。

ダイエーの投手にはいろいろ名前が上がっていますが、数年前の平尾⇔谷中のケースとてらしあわせると、水田あたりがもっとも現実的なのかな〜と思います。

一方の秀太のほうですよ、問題は。
本当にダイエーが秀太を欲しがっているのか?ということです。
鳥越がいないからショートが欲しいんだ!というならああそうですか。というしかないんですが、
今現在、ダイエーのアナはサード(とライト)です。
「守備優位の打撃の弱い左打ち」という点では、本間がいて、稲嶺もいます。瑞希も両うちです。
外野には、高橋がいて、宮地もいます。
レギュラーの川崎、柴原が左打ちということを考えれば、欲しいのは右打ちではないでしょうか。

というわけで、ダイエーが欲しいのは沖原か、上坂じゃないでしょうかね。
沖原は内野はどこでも守れるし、年齢的なこともあるし出してあげてもいいんじゃないかと思うんですが。
上坂は内野はセカンドですが、外野ができますからね。サードぐらいならなんとかできるような気がします。ただ、交通違反の件が・・・。

ダイエーからみると秀太はかなりの妥協かな〜と思います。
阪神は鳥谷、久慈がいて秀太の価値が下がってるのはたしかですが。

ク・デソン(噂)http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200406/bt2004060913.html

http://www.daily.co.jp/baseball/2004/06/08/130801.shtml

オリックスがク・デソンを出したがっているという話。
外国人をトレードでどうこうするというのはまず、根本的に難しいですよね。
しかも、高給とりで過去に実績もあるし。

ここ1、2年悪いのは年齢的なことよりも、モチベーションの低下が一番大きいと思います。

考えてみれば、
「イチローのいた球団だ!」
「名将・仰木さんのチームだ!」
と期待膨らませて入団したら、どん底の最下位低迷ですからね。

28歳ぐらいの投手(一軍半)と打者をつけて、2対1ぐらい、当然、少なくとも来年は残留することを条件にすれば、手をあげる球団もあるような気はしますが・・・。


posted by しけたろう at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パ・リーグ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。