2005年02月19日

楽天キャンプ

プロ野球:
楽天1次キャンプ 田尾流「自主性を重視」 全体練習短く個々の課題克服


楽天の練習は「自主性重視」で進んでいる。全体練習は午後3時には終わり、時間は他球団より短めだ。昨年まで他球団でプレーしていた選手からは「正直、前のチームより練習は軽い」との声も聞かれる。

「自分のテーマを持ってキャンプに臨んでほしい」という田尾監督。全体練習は短くし、個々人の課題に向き合ってもらおうというもくろみだ。ただキャンプ序盤、居残りで打撃練習に取り組んだのは、巨人から戦力外通告を受けた10年目のカツノリと、近鉄で「ポストローズ」と期待されながら3本塁打に終わった11年目の川口程度。「もうちょっと若手が目立たないかな」とやや物足りなさそうだ。(中略)

 投内連係では、田尾監督が声を荒らげる場面も。バントを決められない野手と処理できない内野手陣に、「バントの基本ができておらず、怒る気にもなれない」。今ひとつ必死さが見えてこない野手陣へのいら立ちのようにも聞こえた

楽天1次キャンプの記事。
提灯記事の多いこの時期にしては厳しい言葉が並ぶ。

もともと「自主性キャンプ」の成功率は低い。
昨年の中日も「猛練習」だった。
ベテランの多さから「自主性キャンプ」を選択したのだろうが・・

ベテランはともかく、若手は既存球団でも
自主性といわれても、「レギュラーに追いつけおいこせ」というところからスタートするわけで、
レギュラーがぼやけている新球団では目標設定自体が難しいだろう。

もともと田尾さんは戦力についても
「ベテランに期待している」という話が多く、
「(オリ・近で)1軍半だった若手を1軍レベルまで引き上げたい」という話はあまりなかったと思う。

3年以内にはチームを去りそうなベテランよりも若手の底上げをもっと考えてよかったのではと思うのだ。

これは、再生組の補強にもいえて、福井や三澤などの30前後の選手は他球団に獲られて、35歳以上が多い構成になっている。
30前後と35歳とでどちらが現役への執着があるかというと明白ではないだろうか。

紅白戦では、山下、平石、中島など若手および新人が目立ってるようなので、
杞憂に終わるかもなのだが。

※ところで、オリックス・バファローズだが、週ベの選手名鑑には73人選手が載っている。
ダレも突っ込まないということは、合併に際してなにか特例があるのだろうか。
他の球団はきちんと70人枠守ってるからな〜。

いや、実際オリックスは何人まで獲ってもいいことになってるんだ?
外国人次第では追加で獲る可能性もあるし、ハッキリ知りたいのだが・・


※週ベの選手名鑑でいうと、解説者に「未定」が多い。
特に、本来「フジテレビ」となる人の未定が。なんで?
辻はどこで解説するんだ?
posted by しけたろう at 14:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめて書き込みをさせていただきます。BW時代からのファンです。オリックスの支配下選手の話ですが、昨年の7月2日に開かれた12球団代表者会議で、野球協約の57条2項の適用、すなわち支配下選手の枠を一定期間80人に拡大することが認められています。その後、この件については何もいわれていないので、80人まで選手をもてるのでしょう。その一定期間が1年なのかどうかは不明ですが、このチームの性質上、オフに大量解雇が待っているものと思われます。
Posted by Nabe at 2005年02月25日 15:10
情報ありがとうございます。
そうですよね。僕のあのとき80人に枠を広げるという話は覚えていて、
楽天の参入が決まって、他球団は70人枠でいくということになったのは覚えているんですが、
オリックスだけ70越えを許可というのが????なんですよね。

二軍が1チームしかない以上70人以上いたって、マネージメントが難しいだけだし、
はっきり言えば意地で抱えてるとしか思えないんですよね。
Posted by しけたろう at 2005年02月26日 02:35
度々失礼いたします。オリックスだけ許可、というのはおそらく例の分配ドラフトのシステムを考慮してでしょう。最後残った選手は全部オリックスが引き取る、という最初の取り決めのままやりましたから。具体名は出しませんが、よく首にならなかったなあ、という選手が残ってます。それにしても二軍の選手が多いとマネージメントが大変、というのは、まさにしけたろうさんのおっしゃる通りなんですよね。試合に出れない選手も多々生まれるわけで、そういう選手はアピールもできず、おそらくオフの粛清の的でしょうし、、、ただ一方で、BWはともかく「いのう」時代から続く「高校生、二軍不要」案のせいで、無茶苦茶選手層が薄くなっていたので、新チームの名の下、少しでも掘り出し物を見つけたい、という意図もあるかと思います。
Posted by Nabe at 2005年02月26日 13:24
どんな事情にせよ、1球団だけ70以上許可というのは、腑に落ちないところがあります。

これを許しているというのは、よほど「近鉄+オリックス」は脅威でないという他の4球団の考えかと思われます。

>「いのう」時代
彼は球界再編のころよくテレビに出ていましたが、オリックス弱体化の原因が自分の方針であるということをほとんど認識してないようで、本当に腹立たしいですよ。
Posted by しけたろう at 2005年02月26日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。