2005年02月19日

巨人がレンタル移籍制度提案

巨人がレンタルOK 移籍活性化へ

なかなか画期的な制度・・と思いたいが、うまく運用できるかについて考えてみた。

巨人はおそらく「貸す側」になることしか考えてないだろうということで、その前提で書くと、
今、何のために選手層を厚くしているのか・・というと一重に「万が一のため」である。

レギュラー級が故障してもできる限り戦力ダウンをしないようにと考えているわけだ。

ある意味、戦力的にダブついていることを認識した上での提案なのだが、
素直にトレードに出せないのは、放出した選手が新天地で活躍することを極端に警戒しているケチな発想が背景にある。

まず、借りる側の事情を考えてみると、
これは優勝争い(パならプレーオフ)をしているチームに限られてくるだろう。
優勝争いから離れれば、来年チームからいなくなる選手にわざわざ経験をつませるメリットはどこにもないからだ。

そう考えると、チームを移ってレギュラーあるいは代打の切り札、少なくとも守備固めなど1軍戦力になれるぐらいの選手でないとメリットはない。
そうすると、巨人ならだれを出せるのか?
江藤、元木、後藤クラスは出せるか?
川中、黒田ぐらい?

巨人としては内舘とか長田あたりを出して経験を積ませる・・なんていうのがベストだろうけど、そううまくはいかないだろう・・

あと、やはり最初のうちは同一リーグ内のレンタルは難しいだろう。
レンタル投手が古巣と対戦・・となるとどうしても八百長くさくなってしまう。

他リーグとのレンタルということになると、セがプレーオフを採用してないということで
パにとっては貸し出す「市場」が狭いということも問題になるのではないだろうか。

・・・
と少し難しく考えたが・・
捕手なんかはむしろ貸したい球団が多いだろうね。
どう経験を積ませるかってところが育成のネックなんだから。



posted by しけたろう at 15:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 読売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 同一リーグ内のレンタル
サッカーではよくある回避策だと思うのですが、レンタル契約の中に
「元チームとの対戦では出場させない」
って入れればとりあえずは良いかなと。
それでも4チームとの対戦には出場可能ですし。

該当2チームで優勝争いしてる場合に「他チーム対戦で八百長」の問題は残りますけど、
自分が日本シリーズ出れる可能性つぶしてまで手を抜く事もないでしょう。
直接対決でない分古巣まかせな要素が強くなる(八百って負けても古巣が勝とは限らない)し
裏目に出たらせっかく日本シリーズ出れるのに干されるかも知れないし。
Posted by SHIGE at 2005年02月21日 14:42
コメントありがとうございます。

>レンタル契約の中に
「元チームとの対戦では出場させない」
って入れればとりあえずは良いかなと。

おお、それは名案!

と思ったんですが細かく考えるとややこしいですね。
例えば、その該当選手が中継ぎ投手だったりすると、その選手がいない分は他の投手にシワヨセがきます。

そうなると、その3連戦のために登録抹消?なんていうことも・・

その分は抹消しなくても補充できる・・というように「ルールのためのルール」も必要かもです。

・・実現しますかね?
Posted by しけたろう at 2005年02月21日 19:11
実現されればレンタルに伴うルール改正は色々とされると思います。
当事者同士とはいえ、元々の
> 「元チームとの対戦では出場させない」
というのが「レンタルという新ルール」の為のルールですし、登録人数/抹消期間とかは野球に関係ない、リーグ内輪の取り決めですから、引分制度など抜本的なルール改正などより抵抗もないでしょう。
ちなみにサッカーでは主力にまでなったレンタル選手を「違約金払って出場させた」事例があったと思います。そこまでされれば選手も頑張らざるをえないでしょう、ゴールも決めてたんじゃなかったかな(翌年は無理矢理古巣に呼び戻されて干されてましたが)。

その他にも色々ありそうで前途多難ですが、でもNPB内だけでなく社会人や四国の独立リーグとも連携できれば面白くはなりそうですよね。以前のL・秋山などの海外留学のような事例もあるし、試合に出るというのは若手にとって何よりも大事だと思いますので、ゆくゆくはアジア周辺国リーグなど国外へも広げて欲しいもんです。

長文失礼しました。
Posted by SHIGE at 2005年02月22日 12:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。