2004年06月16日

トレード!阪神・平下⇔ロッテ・立川

阪神・平下とロッテ・立川のトレードが成立しました。

平下はいい選手ですけどね。
葛城とはガチでポジション争いすると思いましたけど、
葛城が移籍で張り切っているのと、首脳陣の「固定観念と先入観」の差で分が悪かったかな〜と。
岡田監督は二軍からずっと見てるわけですからね。
足や守備をいれた総合力では全然負けてないと思いますが。

阪神に来た時は十分チャンスがあったと思いますが、
金本が来ちゃいましたから。可哀想なところがあります。
今回のトレードは「外様はつらいな〜」という感じも少しします。
でも、ロッテはベニーがセンター守っちゃうようなチームで十分チャンスありです。
頑張って欲しいです。

立川ですが・・・
小関順二さんが書いた「ドラフト王国」という本で、
立川、大塚、小野、福浦を同じ年に、次の年のサブローを1位指名したロッテを非常に高く評価してたんです。
(同じ流れで、三木から高校生1位が続いたヤクルトも評価)

福浦があそこまでの打者になっただけに、立川、大塚が結局ぱっとしなかったのは痛かった・・・
現在のロッテ低迷の原因はこの2人といっても過言ではない。

早川と結構ダブルんじゃないかな〜と思うんですけど。
守備は立川のほうが上(強肩だし)ということを考えると、早川は・・・
posted by しけたろう at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。