2004年06月24日

トレード!西武・土肥⇔横浜・田崎、東

なかなかの好トレードが成立した。納得の1対2である。
今年の横浜は中継ぎが格段によくなっている。
木塚、河村、加藤といったところが登板数が多いが、デニーも復調し、新人・吉川もがんばっている。
シーズン当初はこれにギャラードがいた。
これだけ名前を書いたがこのなかに左はひとりもいない。
ここまでは、左対左にこだわらず右投手だけで継投をこなしてきたということだ。

土肥は昨年も40試合なげているし、ここ2〜3年は西武の左の中心として投げていた投手である。
ところが、今年は1軍で投げていない。
1軍では星野は抜群の安定感をみせているが、あとは帆足など。
帆足は先発兼用だと思われる。
ほかにも三井も「先発しかできない」というタイプではない。
(先発しかできない左投手の例→石井一久)

また、2軍では先発テストもやっていたみたいで、解説者が言っていたところによると、松坂、張が抜ける五輪期間に先発起用する案ももっていたようだ。
こちらのほうは、大沼や山崎が成長していきた(山崎のほうは怪しくなってきたようだが)ことなどから、(五輪期間の)不安も減ってきたのだろう。

いずれにしろ、土肥は「干されていた」感はあった。もしかしたら、ここ数年の「勤続疲労」が出てきていると判断されていたのかもしれないが。
おそらく、横浜では活躍するだろう。

一方の田崎は、書いたような状況の変化であおりを食った選手。西武投手陣は「世代交代中」という感じでいいと思った投手が長続きしない・・・という状況。入団が遅くて、まだ使いべりしていないし。チャンスは横浜以上にあるはずだ。

東は昨年の珍プレーで繰り返し放送された、清原に死球で青ざめるシーンが有名だ。
西武はデニーを復活させた球団だし、潮崎だっている。なにか掴める予感はある。
パ・リーグのほうが右のサイドは活きやすいという印象があるが・・・どうだろう?
posted by しけたろう at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。