2005年03月14日

ペナントレース予想・・(早すぎる)

え〜今日は、ペナントレース予想しますよ〜
まだ、2週間、セは3週間もあるけどね〜。

下位に予想されていても怒らないように。
どこかはその位置になるんだから。








1.ソフトバンクホークス
投手が揃ってそうなのが1番だな〜。
後ろは三瀬が頼りなので二年めのジンクスの不安はあるけどね・・

野手は井口とバルデスがいなくなって、
外国人2人と大村が加わる形。
バティスタは正直しんどいかな〜と思うけど。
外国人ひとりぐらい外してもどーってことない戦力かと。

最近はムネリン以外の若手野手の育成がうまくいってないので
選手層では西武に送れをとってるけど・・

低反発球が本当に飛ばなかった場合、「福岡ドームでの守備」ということも不安になりそうな。
大村、柴原は決して強肩ではなく、(中継に入る)セカンドも外国人だとね・・

言われているほど飛びぬけているとも思わない。

2.西武ライオンズ
「涌井三番手?」なんて記事が出るほど、投手はいない・・わけでもないのだが。
松坂の次は帆足・・らしい。
西口、石井に多くを望めないのかな?
大沼あたりが一気に化けて欲しいけどな〜。

野手のほうは相変わらずの激しいポジション争いになりそう。
捕手・二塁・ライト・センターは未確定なので、チームの層も厚くなってる。

涌井がローテに定着しちゃうようだと面白い。
ホークスよりは投手が不安。

3.オリックス・バファローズ
とにかく野手は余ってる。
外野はほぼ固定されそうで、内野は二チーム分いる状況。
ベテランがいないので、「ダメならクビ」という
「サバイバル状況」はハンパでなく厳しい状況だ。
そんなわけで、打つほうは結構やりそうな気がする。(仰木マジック炸裂含む)

懸念の投手陣はユウキが復帰できるようだと大分ちがうでしょう。
外国人投手3の構成でもいいし。
役割が決まってくれば、いい仕事ができる投手も多いと思う。

「勝ってお客さんを呼びたい」という選手の意識が他より強いと思うしね。

4.北海道日本ハムファイターズ
ここは投手がね〜。
吉崎は復活するんでしょうか。
正田が2ケタ勝つぐらいピリっとすると面白いんだけど。

稲葉の加入は間違いなくプラスになるでしょう。
彼は「ID野球の申し子」みたいな選手で、常に「状況に応じたバッティング」を考えているタイプ。
それで、調子のいい年は3割20本にのせる。
木元とかヒチョリがそういう部分を身に付けられたら強くなると思う。
若手が彼から何か吸収できればな〜と。

監督は外国人でそういうことを厳しくいわないだろうし、
坪井はそういうタイプじゃないからね・・

5.千葉ロッテマリーンズ
バレンタインは優秀な監督なのだろうか?
否!
彼は十分な戦力を与えられれば、その戦力を出しきる能力はあるだろうが、
「戦力を上積みしていく」能力すなわち育成はそれほど能力はないのではないだろうか・・

と現時点では思っている。

投手力はリーグ屈指の水準を保ってるのは明らかで、後は打つほう。
西岡か今江が中島(西武)、ムネリン(ソフトバンク)並みのインパクトでブレークしたら面白いのにな〜。
スンヨプ選手には頑張ってもらいたい。
昔は1年めはダメでも2年めから頑張った外国人は大勢いたんだよね。
それで、もっと韓国人プレーヤーが日本に来てやってほしい。
今はメジャーから相手にされてないみたいだし(韓国球界で実績を残した人)。
あと、小坂が打つほうで何か印象に残る活躍を(やたら粘る二番とか)・・もうベテランだしな〜。

6.楽天イーグルス

ともかく「ベテラン重視」というか「ベテラン頼み」の姿勢を監督が示しているのがあまり気に入らない。
本来なら、川口、竜太郎、山下クラスは年齢的にも
「選手生命ガケップチ」のハズで目の色変えて必死にやらなくてはならないのに、
このあたりが若手に見える年齢構成なので、チームの雰囲気がゆるい。

首脳陣はこのあたりの「オリ・近時代にもっとやれるはずだった」層を徹底的に鍛えなおすという方針でよかったハズだ。

そういうわけで、ボタンの掛け違いがすでに起こってるので期待ウス。
若手が頑張って、「こいつらを鍛えて、来季はがんばろう」とどの段階で思わせられるかがカギ。
ベテランはあくまでプラスα

「100敗するのでは?」と言われているが、136試合しかないので、36勝?
それはないでしょう。
昨年のオリックスが133試合で49勝なのでこのあたりの線になるのでは。

戦力的には、投手の外国人、ラスはそこそこやるでしょう。
ホッジスもミラバルとか似たタイプが結果を出してるし、やれそうな気はする。

打つほうね・・
関川・飯田で一・二番を試してたけど、どっちも二番タイプじゃないな。
やっぱり大島?
外国人は右のロペスのほうが良さそうなのでビックリ。デーモンのほうがやりそうかと思ってたけど。

懸念は捕手で、藤井も若いと思ってたけど今年29歳らしい。
パは他の捕手がよく打つのでどうしても見劣りしてしまう。
そんなわけでいろんなことに目をつむってカツノリ登場ということにもなりそう。
ヤクルトの小野とか巨人の村田善則とか「1軍でそこそこやれそうな控えクラス」をトレードでとったほうがいいと思うけどな〜。


***
パは136試合中、36試合が交流試合でその割合が多い。
なので、今年のほうが、プレーオフで「真のパの王者決定」という趣はでるのではと思う。
今年もプレーオフ争いが熾烈そう。(3〜5は伯仲するはず)



では、セ
1.ヤクルト
ま、これはお約束。
優勝はともかくAクラスはくるでしょう。

いないいないと言われる投手ですが、昨年の開幕時点は石川とベバリンしかいなかったことを思えば、今年はまだましの部類。
それで昨季2位に来とるわけだから、マスコミも学習しよう。
だいたい、開幕にローテーションの数がいないのがどれだけハンデがあるというのか?
開幕ダッシュ、できるに越したことはないが、十分挽回できる試合数ですぜ、146というのは。
投のキーマンは上原と三澤。

打は稲葉と飯田が抜けて、若手の競争激化に期待。
とにかくほとんどの選手にとって入団以来、最大のチャンスが今年だろう。
青木、志田、宮出、ユウイチ・・・はもちろん、本郷、久保田もチャンスを生かしてほしい。
二塁も事実上開いているわけだから。城石しっかりしろ!

2005年は古田の2000本安打で始まって日本一で幕を閉じましたといきたいね。

2.横浜
・・・これまたトッピな予想だが、よくなるときは一気によくなるもんだという予想。
特に投手は牛島イズムで、数人復活&数人発掘があって見違えるような成績に・・ということを期待。
セドリックや土肥など昨季途中からいいのをとったし、
ここ数年、即戦力のつもりで取った投手が数名いる点・・というのが根拠と言えば根拠。
捕手の相川がカギだが、打線がいいので、育てる環境としてはいいはず。

打つほうは、外国人ハズして純国産のほうが結果的にはいい打線になるのではないかと。
カギは種田のようなタイプをどう使いこなすかという点。
若手有望株に目を奪われがちだが、チームバッティングができる人が少ない。
石井、鈴木の両ベテランがチームをまとめていけるか。
多村はOP戦で1番を打っているが本気なのか?


3.巨人
今年の巨人で評価できるのは、「清原と心中モード」で動いている点。
とりあえず、清原が元気なら清原を使うと、そういう風に決めたほうがチームのムードもファンの気持ちの面でもいい方向に向かうはずだ。

実際、清原がケガで離脱したところで優勝を諦める気など毛頭ないし、ファンも諦める気などさらさらないのだが、いなければいないで、代わりを埋めるだけの戦力はあるのだ。
(2002年の斉藤宣のように)

投のキーマンは抑え候補のミセリだが、もともと2年続けて成績がいいタイプではなく、
03、04年と大分頑張ってきているので、その辺は不安。

もちろん、全員が額面どおりの実力を発揮すれば独走しかねないのだが、
それをさせない指揮能力を堀内さんは備えているはずだ!

4.中日
このチームの注目はウッズにつきる。

まず、ウッズの加入で開いているポジションがレフトだけになった。
昨季は、シーズン当初からファーストとレフトが空いていて、途中からは福留もいなくなって3つ空いていたわけだから、
チャンス激減ということで若手のテンションは落ちているだろう。

さらに、先入観、固定観念のない起用で何人か花開いた選手がいて絶賛の嵐だったわけだが、2年めも同じことができるかというとそうはいかないだろう。

ウッズに関しては「得点圏打率が低い」ということが言われている。
つまり、ピンチでウッズを迎えた場合、きっちり攻めれば抑えられるというバッターと捉えることのできる数字ではある。
これが本当なのかというところ。

さらには、一塁手がヘタになったとき、鉄壁の内野陣はどうなるのか?というのも注目。
あまり、こういう分かりやすい変化はないのでよいケーススタディだ。

もっというと、ウッズはある意味慢心で韓国では数字を落としたともいえると思うので、そういうことを日本で二度繰り返さない保証はない。

投手に関しては、何人か調子を落とすだろうけど、それを補いそうな補強は出来ているのでは。
岡本が昨年なみにできるかがカギ。

5.阪神
「5番・サード今岡」が気に入らないから!以上!

先発候補ばかり多くてセットアッパー候補が藤川ぐらいしかいないのはどーゆーこと?
優勝したときはリガンの安定感というのは欠かせない要素だったはずで
もっと中継ぎの層も厚くしたほうがいいんとちゃう?

打では二番藤本が元気だと面白いよ〜。
92年の亀山、03年の赤星と「二番の左打者」が元気だと阪神は強くなるはずだ!


6.広島
玉木とか菊池原とか出しちゃったからな〜。
仮に投手王国が復活するとしても「質より量」の時代はある程度過ごさないといけないと思うので、今みたいな方針だとなかなか強くならんだろう。

オリックスもそうだったが、「故障した投手が戻ってこない」というのも広島低迷の要因でしょう。
そういうわけで、今季は長谷川に注目。

二年間試した「外国人二遊間」路線もあっさり撤回。
監督がいっしょのわりには方針がぐらつきすぎて迷走中だ。
とりあえず、嶋、尾形、石原が出てきて、「新時代の扉のドアノブに手をかけた」ぐらいのところにはようやくきた。
二の矢、三の矢の若手が出てくれば大分チームも変わって面白い。
※石原はケガしたのか〜。イタイな〜。

内田コーチを入れて打に明かりが差してきたように、やはり、他球団で何年もコーチをやって実績のある人っていうのは何かあるもんだ。
ということで、投手もドーンと大物コーチをとりにいってほしいよ。
広島OBではめぼしいのがいないけどさ〜。


そんなわけで、セは下位2球団にサプライズを期待。


一応、企画のサンプルっちゅーことで。
・・・ま、でもちょっと早すぎるかな〜。
とりあえず、パはもう2週間ないのでお早めに。

posted by しけたろう at 01:30| Comment(3) | TrackBack(2) | パ・リーグ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独特なペナンと予想、さすがですね。楽しませていただきました。実際、スワローズはなかなか面白いと思います。個人的には青木選手に大いに期待しております。あとは若松監督がどれだけ使ってくれるか、でしょうか(例年のようにベテラン偏重にならずに。)パリーグに話を移すと、オリックスファンとしては、「投手が出てくるか」、というよりも、打線がどれだけ機能するか、を気にしています。というのも、ここ二年、ともかく非効率的な打線で、ヒットを打っても点が入らない、ということが続いたからです。逆に、意外と仰木さんは投手起用は巧みなので、そちらは何とかなるかと思っています。
Posted by Nabe at 2005年03月14日 10:51
Nabeさん
>楽しませていただきました。
ありがとうございます。
評論家の順位予想って戦力の足し算と引き算ばっかりであんまり面白くないと思うんですよね。
これぐらい思い切ったほうがいいでしょうということで、思い切りました。

>個人的には青木選手に大いに期待しております。あとは若松監督がどれだけ使ってくれるか、でしょうか(例年のようにベテラン偏重にならずに。)

青木は使わざるを得ないでしょうね。
盗塁は7割5分ぐらいの成功率でないと若松さんはサインを出せないでしょう。

>打線がどれだけ機能するか、を気にしています。
近鉄勢からは北川、水口あたりは打線に入ってくるでしょうかね。若手も近鉄からいいのがたくさん来てるので、昨年までとは大分イメージは変わるでしょう。
Posted by しけたろう at 2005年03月15日 01:01
しけたろうさん
早速のコメントへの返信、ありがとうございます。私も近鉄から入った選手たちが、今までの悪い流れを変えてくれることを期待しています。
私も個人的にベストプレープロ野球というゲームを使って順位予想してみました(公平を期すために、他の方々が議論して作ったデータを使って)。その結果、スワローズは2位、バファローズは3位でした。何がすごいかというと、スワローズの2位は、仮に川島が一年間全く一軍で投げられなかったと仮定しての結果だからです。たかだかゲームとはいえ、この結果を見ていると、スワローズの底力を感じます。なお、当然このシミュレーションは交流戦も計算に入れてます。
Posted by Nabe at 2005年03月15日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

はじまります!プロ野球!!(更新追加中)
Excerpt: さて、名古屋生まれ東京在住のドラゴンズファンの私としては ドラゴンズのネタにつっこまなければ自身がもたない(??)というわけで 新たにドラゴンズのblogをつくるとして こちらでは順位予想を..
Weblog: 広告武士
Tracked: 2005-03-24 13:06

いよいよ開幕、ペナント順位予想!!
Excerpt:  ということで、順位予想をばしたいと思います。
Weblog: ざわ とーく
Tracked: 2005-03-25 20:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。