2005年03月22日

U−23

今日は、ロッテと巨人の試合を見ていたら、
西岡を1番、今江を8番に起用。外野は全員外国人という偏った起用だった。
西岡と今江はあわせて3打点の活躍で、
これが開幕仕様の打順なのかと思ったら前日は全然違う打順を組んでいて
どうなるのかわからない。
でも、堀を使わないわけにはいかないと思うのでどうするのやら。
西岡、今江もオープン戦全体では数字が残ってないし・・

しかし、まぁ、なんとなくだが、パ・リーグは若い野手が多いような印象が残る。
二強の西武とホークスに中島と川崎がいるのが大きい。
松坂世代より下だからな〜。

セ・リーグの(マスコミ的)2強の巨人と中日にはここまで若くてレギュラーを貼ってる人はいない。
巨人のレギュラーで一番若いのは阿部で79年の早うまれ。
中日も荒木は若そうだけど、77年生まれで福留と同じ年。

阪神も優勝のころは赤星、藤本が若いと思ったけど落ち着いてきていて(76年と77年)、鳥谷がレギュラーを獲ると若返るな〜

ヤクルトは岩村が一番若い。(79年早うまれ)
青木のレギュラーダッシュが望まれる。ルーキー田中ももしかしたらレギュラーとるかも。

広島は石原が79年生まれ。尾形が78年。嶋は76年。
横浜は松坂世代が山ほどいて、その下は内川(82年)と吉村(84年)が有望株・・

そんなわけで両リーグ81年生まれ以降でベストナインを組んでみた。
一応オープン戦でよく使われていた人優先

投手
岩隈(楽天)
捕手
領健(ソフB)
内野
西岡(ロッテ)セカンド・ショート
中島(西武)ショート
川崎(ソフB)ショート
中村(西武)サード・ファースト

今江(ロッテ)サード
外野
迎(オリックス)
坂口(オリックス)
栗山(西武)


投手
大竹(広島)
捕手
米野(ヤクルト)
内野
鳥谷(阪神)
内川(横浜)
吉村(横浜)
森岡(中日)

畠山(ヤクルト)
田中(ヤクルト)
外野
青木(ヤクルト)
桜井(阪神)
末永(広島)

・・・という感じでしょうか?

パの外野なんかもう少しいるような気もするが・・
大島とか高山とか西武にもう少しいそうだけど、
上のポジション争いが激しすぎてあんまり出られないようだ・・


ヤクルトはルーキー・田中がけっこうやりそうな気配。
守備優先みたいな前評判に対して、「打もある」という感じ。
HRも出たし・・
大学でも1年から試合に出てるみたいだし、
「適応力」(マリナーズ・長谷川がよくいうような)が高いんじゃないかという気がする。

posted by しけたろう at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。