2006年10月14日

来季へむけて〜ヤクルト編

セ・リーグのほうは「ザ・消化試合」に突入してまして、
ヤクルトは川端や梶本などが試されています。

今年のヤクルトの戦いぶりをふりかえってみるとホントに「情けない」のひとことにつきる。
というのは、とった外国人5人が5人とも「それなり」の数字をのこしてくれたにもかかわらず、優勝争いはおろか、5割にも届かないとは。

いかに日本人選手たちがだらしなかったかというところである。

で、岩村のメジャー挑戦が規定路線になっていて、石井弘もメジャー移籍どころか「選手生命の危機」(右肩手術)ということになっている・・・

投手は若手の伸びが少なかったのが気になる。
高井とかはほんとにたくさんチャンスをもらってたのに・・

木田、高津、石井などおじさんのがんばりはめだったけど。

川島にまたエース級のはたらきを期待するのは酷なのか。

坂元あたりトレードに出すなど荒療治も必要ではないかと思い出してきた。

なんて思ってたら石堂が野手に転向しているじゃないか。
2〜3年まえから、全然スピードがでなくなって、投手としての未来が明るくないのは分かってたろうに、「決断」にここまでかかってしまった。

センスはあるだろうけど遅すぎるだろう。たぶん宮出の転向よりも遅い。

それとこれで高井の野手転向もいつあってもおかしくないと覚悟ができた。

捕手
米野が本命、対抗福川のようにみえるが、本命は今年のドラフトでとるんじゃないだろうか。
そんな気がする。
米野はおもった以上にやれたな〜。特に打撃。

野手
こちらは監督の積極起用もあって若手がでてきた・・というか出てきそうな気配はある。

青木
とりあえず岩村がぬければ、よくもわるくも、「青木のチーム」になっていく。
リグス
あれだけ打つとは思わなかった。欠点は1塁しかできないこと。来年もアレだけ打つとは思わない。
田中浩
この人がどういうタイプになるか・・
尽誠学園の先輩、谷みたいになってくれれば恩の字だが。

岩村のぬけるサードはだれなのか。
宮出や飯原も練習しているみたいだけど。

武内も来年は戦力になってほしい。
ラロッカは残留できるのだろうか。ラミレスよりはラロッカのほうが個人的には好きだが。

posted by しけたろう at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。