2006年10月28日

日本シリーズを終えて

日本シリーズ4勝1敗で日本ハムの勝利。ファンのかたおめでとうございます。

昨年が4勝0敗でロッテ。今年がこの結果。
プレイオフの勢い云々という前にそろそろ、セのレベルが低いのではという気がしてきた。

まず、「印象」として思っていたのが「若手育成能力」の実力差だ。
単純にダルビッシュ、涌井の世代で活躍しているセの選手はいない。
セで優勝を争った中日と阪神で、森野と浜中は今年「レギュラー1年め」の活躍を見せたと思うが、
同期の岩村は今年ポスティングで旅たつことがほば決定的。

そんな印象を裏付けるデータとして、規定打席に到達した「松坂世代以下」が何人いるかというと、
セが青木、鳥谷、梵、東出、村田の5人
パが川崎、中島、田中賢、赤田、片岡、森本、西岡、今江の8人

規定投球回到達の投手が
セが内海と大竹の2人だけなのに対して
パが松坂、八木、和田、新垣、涌井、平野、一場、久保の8人・・

つづきは明日(?)


posted by しけたろう at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。