2006年11月02日

今年のストーブリーグ

ま、主役は黒田と小笠原なんだろうけど、
今年は門倉とか日高とか1流半クラスがFA宣言しそうなのも興味がそそられますね。
FA移籍の稲葉がシリーズMVPになったり、岡島がファイターズで生き返ったりという現象ともダブリます。

日高はイチロー以降ではほとんど一人だけ、仰木さんが若いときに大抜擢してつかってきた選手。
というわけで、経験はあります。打撃も左だし、1軍レベルはある。

結構使いでがあるような気がします。
右だったら巨人は迷わずとりにいったんではないかと思いますが。

門倉も若いときはともかく、最近は勝ち方が分かってきて、コンスタントに勝つ、ローテーションが守れる選手だと思う。
彼をとって3番手の先発ぐらいにできるようだと、強いチームになるのでは・・

このクラスがFAするようになると、ハナからFAに興味がないといってるチームはもったいないだけ。
選手会の理想もこのクラスがチャレンジしていける環境であり、そのほうがリーグとしては面白いはず。

・巨人・佐藤が楽天に・・。いいんじゃないでしょうか。もしかしたら、先発もあるのでは?

・日米野球は日本もショボイけど、アメリカもショボイですね。
アンドリュー・ジョーンズとジャーメイン・ダイ以外は「期待の若手」という感じの人選なのかな〜という印象です。(日本人も含め)


posted by しけたろう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。