2006年11月08日

巨人は変われるか!?

当然、仁志⇔小田嶋、谷⇔鴨志田、長田のトレードを受けてのタイトルですが・・・

・こういう話題のときによくでるのが「生え抜き」「外様」ということですが、

・今年の日ハムは、外様が多かったですよね。新庄、稲葉、岡島、中嶋・・
セギノールも・・
・前のハムの優勝時も元巨人の高橋一三がいて、4番が柏原、そして江夏・・
・阪神も金本抜きでいまのチームは語れない
・というわけで、今の巨人、特に「低迷からの脱出」においては、「血の入れ替え」つまり外様の増加もある程度しかたがない

・もちろん、現在の低迷のひとつの要因は、「よかったころ」に補強しすぎたというのはある。

・今年の巨人の戦いで分かったのは、
・高橋由、二岡、阿部の生え抜き逆指名組はいまいちたよりない。リーダーシップには正直欠ける
・中途半端な「補強」では、チームを立て直せない(例:小坂、小関)の2点だろう。

・高橋以下の3選手がたよりない原因のひとつが、「よいときのFA補強のしすぎ」ではないだろうか。彼は入ったときは、松井がおり、毎年のように他球団の主力が入ってくる。そんな中で「自分たちにリーダーシップを求められるとき」がくるのを想定していなかったのではないか。ともかく、自分はワンオブゼムであるという意識しかなかっただろう。
 他のチームの「野手上位指名」組はその存在自体が少ないことえを考えれば、彼らとは意識の違いがうまれて当然だ

・さて、仁志のトレードだが、まさに、仁志が巨人を出ただけのトレードという印象。
・横浜の課題は若返りもひとつ。いかに、石井琢をショートからはずしていくか・・・がこれから数年の課題のひとつ。当面コンバート先に考えられるのが二塁。仁志が必要だろうか?
・さらにいえば、仁志と同じ年の種田も同ポジションでいるわけで・・
プライドの高い仁志が外野に回るとも考えにくく・・
本当にどうしてとったのか分からない。
・昔のパみたいに巨人の人がいたら客がくるとでも思ったのか???

小田嶋のほうも巨人に必要とは思えない。サードとかも挑戦させられた「打撃優先」の捕手だからな・・

谷のトレードのほうでは巨人がベテランをとるために若手を放出したというスタイルをとったのが珍しいと思った。
鴨志田は同期に林がいるけど、長田とともに今の球界なら「伸び悩み」というほどでもないと思う。まだまだ可能性ありの部類。

基本的には「飼い殺し」をしていくのが「巨人2軍」の姿だったので・・

鴨志田、長田とも関東出身なので、オリックスへの放出は正直ショックで、よくあるようにモチベーションが落ちそうなのが不安。
長田は左打ちだけど、平野と後藤がいるのにな・・

・この若手放出、中日が鉄平や田上を出してしまって、損?と思うが、見事優勝。この痛みを怖がっていては、チームの補強はできないのでは?と思う・・

・日高、塩崎もFAではないのか、「オリ色一掃」を狙ってるのかね。

・コーチ陣も伊原、伊勢が加入と
・伊勢は尾花につづいて、ヤクルトということで、原は自分の現役時代苦しんだ、黄金時代西武、ID野球ヤクルトに憧憬があるようだ。

・小笠原がとれると、ほとんどオールパのようなラインナップになりそうだが・・

・外様の増加は、低迷脱出にはある程度しかたがないが幹の生え抜きがしっかりしてくれてこそ。
・高橋、二岡、阿部のうち、もうひとり放出してもいいぐらいではないかと。
それぐらいして、残ったものに「リーダー意識」を植え付けないと・・

・日本のトレードは「損得」それも短期的な見方での評価を気にしすぎて、
年俸、年齢のバランスを考えすぎる。
今回の巨人の動きはそういう「常識」を覆している点でも評価できる。

・惨敗しているのに、「同じメンバー」で戦うほうがナンセンス。
巨人の「次の動き」に期待している。

posted by しけたろう at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。