2005年04月01日

ヤクルトのキーマン

ゴンザレスのケガで
どう数えても5人しかいないヤクルトの先発だが、
(石川、藤井、石堂、坂元、高井)
30日、31日とイースタンで、田中充と館山が相次いで先発した。

田中は本来なら開幕1軍で
左の中継ぎとしては田中充>山本という評価だと思う。
今年は石井がいるので、佐藤賢と二人いれば勝ち試合でもいけるでしょう。

で、田中は6回2失点。4安打はともかく、4四死球というのがどうも・・という感じ。
館山は5回2失点。紺田にHRをあびた。
相変わらず、被本塁打は多そうだ。
7奪三振は評価できるかも。

というわけで、館山が6番目に入ってくるのではないか・・と思う。
6番目なら雨で流れれば飛ばされるわけだし、ローテーションに入るかどうかとは別の話として。

2軍で投げるなら1軍で投げても一緒という考え方をするのではないか・・と。
そういうわけで、田中も早く一軍に上がってきてほしい。

今年のカギは田中と佐藤の左腕コンビではないだろうか。
ここがしまるとかなりいい中継ぎだ。
佐藤はOP戦の中日戦で1死満塁から出てきて右の代打二人を連続三振というシーンがあった。
この辺から首脳陣の評価は上がってるはず。
田中も1軍で本格的にやるのは昨年が初めてだったと思うので、今年はなじんでくるだろう。

右の中継ぎは坂元が先発になると層が薄いが平本に期待したいところ。
2軍では安定してるみたいだけどね・・

古田の盗塁阻止率の低下が気になるところ。
古田の紹介記事を書くため「古田式」を読んでると
「盗塁を阻止したときが一番チームに貢献していると感じる」
というようなことを言っているので、
まわり以上に本人は気にしているかもしれない。

明日は井川なのでライトは佐藤真一かな?
セカンドは・・普通は城石だけど・・
posted by しけたろう at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。