2004年07月09日

小倉智昭@とくダネ!

とくダネトリオ

どれぐらい有名かは知らないが、フジテレビ系朝の情報番組「とくダネ!」で司会をしている小倉智昭さん(写真・中央)は熱狂的西武ファンとしてしられている。

秋田出身の彼は子どものころは巨人ファンだったそうだが、ライオンズが所沢にやってきたことと文化放送での仕事で球団を知り、選手を知りしていくうちにファンになっていったという。

いまでは、シーズンシート(年間予約)を買い、西武球場(ドーム)に近いという理由で練馬区に引っ越したとさえ言っていた。

その彼は、今回の合併騒動、オリックス、近鉄両球団のファンは気の毒だと思っていたが、それでも、やはり他人ごとの部分があったという。

今回、西武も合併の可能性の話が出てきて、ようやく我が身にふりかかってきたことと自覚したそうだ。

いわく、「西武が合併したら、オレ、ファンやめるかもしれない。」

もし合併したら25人のプロテクト。新人もこの中に入れるとなると西武の選手は10人ちょっとしか保護できない。

今年の西武は、松井の穴をうめつつある中島をはじめ、佐藤友亮、赤田、貝塚など若手が頑張って首位争いをしている。

「オレが育てた選手をバラバラにしてしまうのか!」

(ここで、笠井アナからツッコミが
「オレが育てたとまでいいますか。」
小倉「オレ=ファンってことだよ。選手はファンが育てるんだし、ファンはみんなそう思いながら見てるんだよ」
笠井「そういう意味ですか」)

かつて西武では秋山、工藤、石毛、などが大量にダイエーにうつった時期があった。
小倉氏はこのころ、工藤には頑張ってもらいたいけど、西武は攻略しないといけないというなんとも複雑な気持ちだったという。

こういう現象が各球団に散らばっていく。

そういう状況になるととても西武を応援していこうと言う気にはなれないというのだ。

野球に興味のなさそうな両サイドは例によって引き気味だったが、結構アツかった。
というか、この合併騒動の中聞いた最もアツイ、ファン代表の声だと思った。

このあとの番組内では、ヤクルトファンというコメンテーターの岩上安身氏も加わって
「どことどこが合併するのか」とか
「パの選手は巨人や阪神とやりたかったのでは」とか
「3軍は(社会人とりこみ)はいいアイデアかも」とか
そういう話をしていた。

岩上さんもあまり次はヤクルトかもという危機感は持ってないみたいだったな。

(写真・右の佐々木恭子アナはライブドア・堀江社長と大学時代同じゼミだったらしいです。)
posted by しけたろう at 02:22| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

朝のニュースウォッチ 〓新山千春はキレイだね
Excerpt: <B>人名漢字から、「糞」「屍」「呪」「癌」「姦」等削除</B>(朝日) 法務省は頭が悪い? <B>民主党、皮を剥いだら社民党</B>(読売) 今や諸派に分類されてもおかしくないのに、よく言うよ <B>辻元候補「善戦」</B>(ZAKZA..
Weblog: おとこのおばさん
Tracked: 2004-07-09 13:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。