2005年04月10日

まさかのジト炎上!野茂vs藪対決が実現。

spd10104100028.jpg

spd11204100121.jpg

野茂がタンパで初先発。
相手はアスレチックス・・
メジャーでもこの組み合わせしか実現しない「緑ユニ対決」だ。
そして、野茂は今年
「日本人にノースリーブユニは似合うのか」という命題に挑戦することになるのだが・・
(「もどき」は昔のエンゼルスとか、今の広島とかはあったけど・・・)

相手投手はジト。サイヤング賞(02年)投手である。
対するデビルレイズはといえば、
元阪神・ペレスが7番・ファーストでレギュラー・・
松井秀と新人王を争ったバルデリもヒザの故障で出てないし・・
これはドジャース時代以上にバックの援護に泣かされることだろう・・
と思っていたら・・
なんと!
2回に打者一巡の猛攻で7点!
ジト攻略!

ショボイと思った打線も、ホームランを打ったフェルプスハフ
昨日までの4試合で3HRと松井秀並みの絶好調男カントゥ
『野球小僧』イチオシのガスライト(すんげー俊足)などなど
面白い、楽しみな選手がゴロゴロおるじゃないか!

まさかの展開・・・
と思ったら、ブルペンで準備中の藪が映る・・
大差もついたし、これは藪デビューか?

DH制ということもあり、ジトは大量失点の後もしばらく続投・・

野茂は大差がついたということで、余裕のピッチング。本塁打の1安打のみ。

そして、時は来た。
4回、さらに1点追加点を許して尚も1死満塁の場面・・(打者・4番ルーゴ)
藪へのスイッチが告げられらた!


以下藪全対戦(PLAY BY PLAY
4回
1死満塁・ルーゴ・左中安(2打点)
1死12塁・カントゥ・空三振
2死12塁・フェルプス・左中二塁打(1打点)・一塁ランナー本塁でアウト。

5回
無死・ペレス・一ゴロ
1死・ホール・三ゴロ
2死・ガスライト・中安
2死1塁・クロフォード・左安
2死12塁・ゴンザレス・空三振

6回
無死・ハフ・遊ゴロ
1死・ルーゴ・右飛
2死・カントゥ・右飛

7回
無死・フェルプス・空三振
1死・ペレス・空三振
2死・レイカー・空三振

大差がついてる場面なのでなんともいえないが、
投げているうちに落ち着いてきた印象・・

ともかくやっと投げられてよかった。


先日書いた、Huston Streetも見られた。
・背が低い
・サイド
・球が速い(荒れ気味)
・・・・という特徴。シーズン後半にはセットアッパー的に使われているかも・・








posted by しけたろう at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

野茂、今シーズン初勝利!
Excerpt: 野茂投手、初登板を6回1失点で勝利! (日刊スポーツ 4月10日付) デビルレイ
Weblog: jfumyk
Tracked: 2005-04-11 02:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。