2005年04月12日

面白すぎる伊東采配

伊東采配が興味深い。
昨年も「プレーオフをうまく利用しての日本一」と言われていたが、今年も「プレーオフで勝てるチーム作り」を目指して邁進しているように見える。

「プレーオフで勝てるチーム」・・・
それは固定メンバーで7割勝つより、できるだけ引き出しを多くしながら6割勝つ

という感じではないか?と思う。
というのは、昨年のプレーオフの采配で光ったのはシーズン3割14本の貝塚が不振とみるや石井義人に変えたことだと思うからだ。
従来型監督なら「1年頑張った貝塚と心中」という思考停止としか思えない采配に走ることも多かったはず。

今年もそれを踏襲していると感じたのは、佐藤の骨折を機会に一緒に柴田も落とした点。
とりあえず、固く勝ちに行くなら柴田でなんの問題もなかったはずだ。(1番適性として)
佐藤の骨折これ幸いという感じで、高山、(今後)栗山などを育てよう・・ということではないだろうか。

打順は3〜5(フェルナンデス、カブレラ、和田)7番中島が固定。
あとは1番赤田、8番細川が多いがかなりいろいろイジってくる。

DH(一塁)貝塚、後藤、高木大
二塁・石井義、平尾
右翼・高山、小関
(捕手は野田が二軍に落ちたので細川一本になるかも・・だが、野田がいたころは併用)

を使い分けている。

中でもセを見ていた人から見ると驚きの采配は二塁・石井義人だろう。
横浜・森監督時代、何度も三塁奪取のチャンスを与えられながら、そのたびにキレイなトンネルを披露していた石井が・・
(で、結局トレード・細見、石井義⇔富岡、中嶋)
もともとポジションさえ奪えれば、岩村のようになっていた可能性も無きにしもあらずの打撃センスなので非常に期待している。
DHなら分かるけど、二塁とは・・

それにしても、中島、フェルナンデスを使い続けられる神経といい、
伊東監督の守備に対する考え方は独特だな〜。

考え方としては人それぞれだが、プレーオフを採用すると「目先の一勝」の比重がやや軽くなるのは間違いない。
日本の野球は「目先の一勝」にこだわりすぎて、初回から送りバンドとかそういうふうに発展してきた部分がある。
「目先の一勝」の比重が軽くなって、緊張感がなくなるようならマイナス以外なんでもないが、若手がバッテキしやすくなる、小さなミスに寛容になれるとしたらこんなにいいことは無いと思うのだが。
posted by しけたろう at 02:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 西武 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伊東采配へのコメントおもしろく拝読させていただきました。
昨年も今年も完成された駒の不足というのは同じですが
昨年よりも今年の方がよりいっそう不足しています。
特に投手。。。。。東尾貯金が底をついて赤字に突入ですから(^^;;;

佐藤友亮の骨折にこれ幸いなんて思っていないと思います。
たぶん号泣もんなんですけど
窮地に陥ったときにこそ監督の真価は問われるので踏ん張っているだけに過ぎす
なんでも前向きに考えて采配をしているのだと思います。
確かに伊東はひとがわるいけど(笑)そんな悪人じゃあないです。

柴田に関しては、守備とか肩とか打撃とかは問題があるので
コンビで使うとか特別なことがないと或る程度の浮き沈みは仕方が無いかと思います。
すんごい惨い守備を観ているものとしては。。。

それから大成と平尾、野田は落ちてます。
代わりに、大島と栗山が上がってきています。
まだチームとして形が定まっていないので入れ替えが激しいのがいまの西武ライオンズです。

中島の守備はだいぶ心臓にやさしくなりました。
ってか稼頭央もアレだったので、あのくらいなら許容範囲なライオンズファン(苦笑)

でも、なんとなく最後に笑うのは自分らだ。と思って日々戦っているようには見えますね。確かに。
ってかそうなんでしょうねー そうなるといいな。
Posted by しず at 2005年04月21日 22:45
コメントありがとうございます。
一応、コレは10日ぐらい前に書いたものですからね。念のため。

>特に投手。。。。。東尾貯金が底をついて赤字に突入ですから
これは、確かにファンではない僕のような人からみると「こんなにいなかったっけ?」という感じではありますね。

>佐藤友亮の骨折にこれ幸いなんて思っていないと思います。

まーこれは、言葉のアヤというかなんというか。
いや、マイナスをプラスに転じさせたという意味ですよ。
というか、伊東監督自身、「一,二番は佐藤、赤田で定着しちゃうの?外野は他にも使いたいやついっぱいいるのにな〜」というようなことを思っていたと思います・・

でも、「転んでもタダでは起きぬ」というか、全然無難な方向に流れない伊東采配は面白いですよ。

今の課題は投手ですね、荒木やナベ久や石井がどれぐらい育てられるのか?といったところです。(素材はいると思うので)
Posted by しけたろう at 2005年04月22日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

伊東はそれほど悪人ではないはずだ(そうか?)
Excerpt: さる方が惨敗していた先週頃の伊東采配へのコメントをブログで書いておりました 結構\おもしろく拝読させていただきましたがちと思うところがあって というかセのファンって見ているところがやっぱりパのファンと..
Weblog: ぶつぶつ日記
Tracked: 2005-04-22 11:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。