2005年04月25日

楽天に救世主?

AT.bmp


楽天が新外国人選手獲得 低迷で初の戦力補強

トレーシー・生涯スタッツ(マイナー)込み
ESPN
今季スタッツ

アンディ・トレーシーがどんな打者なのか調べてみると・・
昨年のマイナーでの成績は3割1分5厘、33本、120打点でそのリーグの打点王に輝いている。
はっきり(大砲)の部類に入るだろう。
ちなみにそのリーグの本塁打王はウィット(現・横浜)だ。
三振と四球の比率(四球/三振)はウィットが0.2なのに対して、トレーシーは0.5・・
「扇風機」具合はウィットよりはマシだがそれほど優秀ともいえない。

今年の成績は12試合で3割2分5厘、4本と好調を維持しているようだ。

ロッキーズは完全に若返り路線を歩んでおり、一塁は首位打者経験もあるトッド・ヘルトンが健在だが、三塁は昨季3Aで首位打者の若手・ギャレット・アトキンスが守っている。
そういうわけで、チームの構想からも離れているという感じだ。

ドジャースのペニー(故障者リスト入りして3Aで調整中)からホームランを打ったという情報もあるので、左も苦にしない可能性はあるかもしれない・・

ま、来てみないと分からない。

posted by しけたろう at 16:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして☆こんばんわ。

アンディ・トレーシー、昨年の成績凄いですね!!今年もなかなかの成績。確かに今の楽天には長距離砲は必要不可欠で、もっとも補強したいポイントですよね。うーんそれでも、実際は日本でプレーしてみないと助っ人は判断できないですよね。ソフトバンクのバティも開幕してまだ1ヶ月ですけど、サラリーに見合った成績とはとても言えないですしね。

また是非覗きに来たいと思うので、遊びに来て下さいねm(_ _)m。
Posted by ヒログ at 2005年04月28日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。