2005年05月07日

交流戦始まる

はじまりました。
ザッピングしながら見ていた中で一番興味深かったのは、
オリックス対中日のオリックス2点めの点のとりかたで、
早川の足vs中日外野陣(福留)というところ。

1死から四球で出塁の早川が次の鈴木の深めの右中間飛球で、
一塁から二塁にタッチアップ。
村松の右前安打(定位置より少し前で捕球)で二塁ランナー早川生還。
福留のホーム返球はストライクだが、やや高く(捕手の顔のあたり)その分セーフになったというもの・・

中日外野陣相手にあまりこういうシーンを見なかったし、
その分「やっぱり早川の足は速いな〜」と思ったしだい。
パには中日ほど強肩を揃えた外野はないので、早川の足が「セでも通用する?」と思えたシーンだった。

交流戦は日程的なことをいうと、
「前半戦で終わらせる」というのは賛成。
だから、3週交流戦、2週通常ペナント、3週交流戦・・という日程がベストかな?と
ただ、そのときモンダイなのが、オールスターの兼ね合いで、
メジャーでも交流戦のあと1週間後のオールスターという年があったみたいだし。
日本はオールスターが7月下旬なので、少し交流戦が7月にかかっても問題ないと思うが・・

36試合は多いかな?
今年はともかく毎年だと新鮮味が失われていくのでは?という危惧もあったが、
1チーム年6試合なら十分新鮮味をキープできると思った。

posted by しけたろう at 14:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 球界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりにコメントを寄せさせていただきます。バファローズ(元ブルーウェーブ)ファンです。昨日スカイマークに交流戦を見に行ったのですが、改めて中日の鉄壁の外野陣に驚きました。この日レフトは立浪ではなく大友でしたが、その分守備力アップ。なんと全員がダイビングキャッチを決め、しかもそのうち二つは直接失点を防ぐ、というすさまじいプレーを見せつけてくれました。広い球場が多いパリーグでは、飛びにくいボールとも相まって、これはかなり脅威になりそうです。一方バファローズの谷の外野守備位置は、アレックスと比べると、前進守備でもやや深めで、このあたりに守備力の差が出ているように感じました、、、
Posted by nabe at 2005年05月09日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。