2004年08月17日

金メダルへの道〜アッちゃん値千金2点本塁打の巻

オランダ
120 000 000=3
110 020 04×=8
日本 
 
本塁打 藤本1号
 
 まさにボ〜然。
なんと総合テレビの中継が体操に切り替わってしまった。
「NHK、え〜加減にせ〜よ!」
怒りがこみ上がってきたが、
冷静に考えてみれば、NHKが「5回まできたら、もう試合の勝敗は決しているのでは・・・」という読みもあながち、責められない。
 
なんで、オランダなんかに苦戦しとるのだ。
アトランタ・ブレーブスの主砲、アンドリュー・ジョーンズを生んだ、オランダ領アンチル諸島の選手ばかりとはいえ・・・。
ちなみに、日本はシドニー五輪では、まだアマだった吉見を先発させて10−2で軽くいなしている。
かと、思えば、オランダはキューバを破るアップセットも演じており、
「2大会連続大物食い」も目前までせまっていたということだ。
 
一番、驚いたのは「追い込んだら、フォーク」の配球パターンで、追い込まれても、見極めてくるところだろう。
これは、見ていて、少なからず、ミューレン(元・ヤクルトなど)のアドバイスか指導があったのでは?と感じた
ミューレン自体は星野さんのいうとおり、大雑把なバッターではないが、
野村監督のもとで野球をやり、「配球読み大好き外国人」のオマリーと2年間同じカマの飯をくったことによる、財産は少なからずあるのだろう。
いや、こんなの、最近(といっても10年前だが)の日本野球に詳しくないと、適応できないことだって。
 
日本チーム。
岩隈。チーム最年少だが、少なからず、緊張もあっただろう。それに、ボークにも気をつけなきゃならないフォームだし、あの風。同情できる部分多し。
城島。配球読まれてるのに、もう少しはやく対応して欲しかった。
打つほうでは、ヨシノブ、和田がブレーキ気味。
和田は02年日本シリーズにつづいて、またか・・・という感じだな・・。
 
とりあえず、1点差で小林雅はやめてくれ!と思っていたところで、
藤本敦士2ラン!
まさに値千金。
 
キューバの前にタイトなゲームが出来てよかった・・と思うべきではないでしょうか。
 
ミューレン
ヤクルト時代のミューレン。
日本シリーズでホームランを打ったとき。
 
posted by しけたろう at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

今日の五輪
Excerpt: 今日はなんといっても男子体操でしょう。予選でトップだったとはいえ、1種目めで7位と出遅れたときは「やばいかな」って思いましたが、鉄棒を残した5種目終了時点で僅差の2位まで追い上げたのはすばらしいと思い..
Weblog: かずちんのひきこもり日記
Tracked: 2004-08-18 15:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。