2004年08月24日

金メダルへの道、絶たれる

オーストラリア(以下、豪)に負けました。

日本代表の公式ホームページでもこんな感じで「その他」扱いですから全くノーマークだったんでしょうな。

豪は最終のカナダ戦、ディンゴ温存など戦力落として、準決勝の相手として、日本を選んだという説もあります。
ムコウにしてみれば、作戦どおりといったところですか。

まぁ、野球とはこういうスポーツだという気もするし、
日本の野球なんてこんなもんかという気もするし、
やっぱり、首脳陣がヘボいからこういう結果になるんだという気もする。

まぁ、そのあたりは後で。まずは勝った豪を褒めよう。

とにかく、感じたのは、ディンゴ(ニルソン)の執念ですよ。
シドニー五輪で悔し涙を流したのは、メダルを逃した日本代表だけではなかったんです。

メジャーで800試合以上出場、100本以上の本塁打を打っているディンゴが、メジャーのキャリアを捨て、五輪出場を認められる日本のチームに在籍してまで臨んだ、母国、豪でのシドニー五輪。
結局、直前に主力がメジャー昇格するなど、いろいろ不備もあって、2勝5敗で予選落ちでした。(韓国に勝つというアップセットは演じてますが)

そこから、彼は、豪に残って国内リーグを立ち上げ、豪州野球のレベルアップに乗り出します。

星野さんの解説では、完全にロートル扱いでしたが、
年齢的には立浪と同期で、ピアザの一コ下ですから、
自分のことだけ考えて、プレーし続ければ、メジャー復帰も不可能でなかったはず。

4年でどれほどのことができるのか、どれほどレベルアップしたのかといわれれば、確かに、大した成果はないかもしれません。
しかし、決勝のタイムリーとなったライト前ヒット。
あれにこそ、ニルソンがオージーたちに叩き込んだ、「魂」があるんじゃないでしょうか。
あそこで、ひっぱりにいかず、おっつけていった選択・・

さらには、巧みなリードで投手をひっぱりました。
ニルソンがマスクを被ること自体先のホームページでは想定外だったみたいですからね・・。
さすが、ミルウォーキーというドアマットチームで苦労しただけありますね。
みんな忘れてると思いますけど、野茂がメッツを解雇され、カブスのマイナー暮らしまでしたシーズン、結果的に12勝あげた年の女房こそ、彼ですからね。

ニルソン、メジャー実績


では、日本チームに対する愚痴に入りましょう。
およそ、このチームは「采配」と呼べるものを全て放棄してきました。
そのツケがここに出たといえるでしょう。

それは、バカみたいに固定オーダーで通したこともひとつです。
オーダーは長嶋監督の指示という「逃げ」があるのかもしれませんが、実質打撃練習もみられない長嶋監督がオーダーをイジれるわけがありません。
たとえば、藤本⇔金子、谷⇔村松、といったところは、相手によっては、もっと変えていってよかったと思います。
何故変えられなかったか?
それは、全勝をねらっていたからです。
そんなしょーもない目標より、金メダルを取るための戦略としては控え組にももっと経験を積ませておくべきだったと思います。

(負けたから言ってるわけではないですよ。6月の日記で高木コーチの方針に疑問を呈しています)

7回に1塁、3塁、藤本で代打、金子が告げられなかった。
それは、金子を使ってないからです。
村松をもっと使っておけば、村松スタメン、谷代打の切り札という選択肢だって、あったはず。

松坂に関してはよく投げたと思います。
でもこの起用もどうかとは思いますけど。
「松坂で負けたら、国民のみなさんも納得してくれるかな」的な。

城島はやや結果論的になりますけど、国際経験の無さが出ましたね。
日本の野球しか知らないというか。
あそこは届くんだ!という。
外角にスライダーは悔いてるでしょう。
まぁ、これは、負けたから言ってます。

打線は過剰なまでの期待に固くなりすぎましたか。
しかし、福留だけでなく、城島までセーフティを試みるとは・・
あの辺で、ヤバさを感じましたね。
福留がしちゃったら、宮本ができないのに・・・
相手は、この2人には1発を警戒してるのにね。

具体的に指示はでたんですかね。
まぁ、そういうレベルの打者たちじゃないという気もしますが。
前回投げたのが、イタリア戦ということで、そんなにデータとしてあてにならなかったのでしょうか?
準備不足な感はしますけど。

結果的には完璧に抑えられました。

まぁ、気を取り直して、銅メダルをとりましょう。
そして、浜口京子みたいに、
「金メダル以上の経験をした、銅メダルです」
といきましょう。

(それがせめてもの救いになるはず)

※それにしても、国際試合で勝ち続けるとはかくも難しいコトなのですね。改めて、キューバという国、チームのスゴさを感じますね。

posted by しけたろう at 22:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

●野球全日本「金」逃す・・・。(オリンピック:対オーストラリア戦)
Excerpt: 遠かったね・・・1点が 本当に惜しい試合でした。 色々思うところはあります 打線に関しても もちろん采配に関しても この試合に対して 言いたいことがある人は たくさんいるでしょう。 失望と落胆..
Weblog: F.F.F.  〜fans make the fantastic fields〜
Tracked: 2004-08-24 22:49

虎はサヨナラ勝ちで三連勝!一方ジェフはアテネでナイスリリーフってことは。。。
Excerpt: 横100 003 000 =4 神013 000 001X =5 [投手] (横浜) マレン−川村−山田 (阪神) 下柳−金澤−藤川−久保田 [勝ち投手] 久保田3勝3敗0S [負け投手] 山田0勝2..
Weblog: 阪神優勝、巨人最下位
Tracked: 2004-08-24 22:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。