2004年09月29日

MIPベストナイン

MIPとはmost improved player で最も成長した選手ということです。
NBAなんかでは表彰されます。

で、MIPのベストナインを組んでみました。

セ・リーグはまだまだシーズン途中なのでかなりフライング気味ですが、思いついて、時間があるときに書いとかないと・・。
まぁ活躍した選手は変わりませんからね。数字は9月26日現在です。

「成長」というからにはルーキーや新外国人は入れません。あしからず。

あくまで私見です・・というのと、見落としてる選手も含めてご意見いただければ・・と思います。C:高橋信二(日ハム)
今季は規定打席到達した上に、打率が0.262から0.285、本塁打が12本から26本と大飛躍。得点圏も0.368。
外国人監督は「打てる捕手が好き」という部分はあるにせよ、打撃力で昨年の山田、実松との併用状態から完全に正捕手を勝ち取りました。
リード面など課題はあるでしょうけど、試合に出てからの悩みですからねそういうのは。

次点は広島の石原慶幸。打率が0.213
から0.290へと大飛躍。こちらもリードに課題がありますが・・・

1B:セギノール(日ハム)
まぁ、「新外国人」というとらえかたも出来ますが、別人になってで戻ってきた点を評価したいかな?と。
0.204→0.305、23本→44本塁打は見事。

他には規定打席到達の北川(近鉄)。

2B:荒木雅博(中日)
打率が0.293はもちろん盗塁が35、得点圏打率0.372を評価。

ヤクルト三木とともに、史上初の2回のハズレ1位のドラ1選手として注目していたが・・こんなに走れる&守れる人だったのね・・

他には、後半の石井義人(西武)やコンバート(といっても大学時代の本職だが)に応えた木元(日ハム)など。

3B:岩村明憲(ヤクルト)
本塁打がキャリア・ハイの23から大幅更新。二冠のチャンス。

とりあえず、あの身長でこういう選手になってくれたのがウレシイ。本人も好きらしいけど「掛布2世」っぽくなってきた。

他は、阪神・関本など。

SS:中島裕之(西武)
0.287、27本塁打、得点圏0.341。
エラーが17と多いのが課題ですが・・
エラーの数自体はこれから減っていくのではないかなと。
ちなみに福留ルーキーシーズンが19失策です。

OF:嶋重宣(広島)
衝撃的飛躍。0.345、32本塁打。

OF:多村仁(横浜)

昨年も99試合0.293、18本とよい成績だったが、「三振かHRか」の村田、古木コンビのカゲに隠れた形。
今年は0.311、38本塁打の活躍。
10盗塁と足があるのも魅力

OF:佐藤友亮(西武)
規定打席到達してないものの、105試合0.316、得点圏0.365

他には、「堅守・中日」の代名詞になった英智。後半のオリックス早川とか。新庄も3割近く打ったのは初めてなんだけど・・

DH:貝塚政秀(西武)
規定打席到達。0.307、14本塁打、得点圏0.387
ルーキーのときからセンスがあると言われてたけど、ようやくチャンスを掴んだ印象。


P:新垣渚(ダイエー)
先発ではそれほど、衝撃的に躍進した選手がいなかったなぁと。そういう意味では、再生不作かと。
新垣は200に迫る投球回を評価。

対抗は渡辺俊介(ロッテ)。ついに2ケタ。
そういう意味では帆足(西武)も。

P:岡本真也(中日)

中継ぎ、抑えの躍進組はなんといっても、岡本。50試合以上の登板で1点台防御率は見事。
昨年も40試合投げてるけど「その他大勢」の一人という印象だった。

対抗は星野(西武)腕を下げて正解!?

他には、広島・大竹。使い方を決めたほうが伸びると思うけど・・

日ハム・横山も復活組で評価したい。
posted by しけたろう at 02:00| Comment(2) | TrackBack(1) | パ・リーグ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いですねーこれ。
個人的にライオンズの3人の内、ともあきが選ばれているの嬉しいです。
なかじと貝塚は注目されましたけど、さとともはひっそり一部注目されてた感じだったので。
星野は、再生ブレイク元年間違いないです。腕を下げたら、めちゃくちゃコントロールが良くなりました。曲がり過ぎちゃって死球も多かったですけど、左キラーでしたし。チーム内事情もあって大活躍ですよ。うほほ。
長田とか大沼とか小野寺は惜しいかなと思いつつ、もっと成長して欲しかったんだけどなー。
広島の嶋はどうしちゃったんだい。って位衝撃的ですね。
東北高校2年のセンバツでは確か内野だったし、投手から代わって良かったのかなーと思います。
Posted by みみ。 at 2004年09月27日 22:15
西武の外野はときどき見てる分だと、スイッチをモノにしつつある赤田がインパクトあるんですけど、数字的に比べるとやっぱり、佐藤かな?と。

星野もブレイクしましたね。
でも正直言って、まだワンポイント的起用が多いので、1〜2イニング任せられるようになってほしいです。(パだと余計ワンポイントって勿体無いような・・)

大沼も瞬間最大ではMIP候補でしたがちょっと続かなかったかな?
Posted by しけたろう at 2004年09月27日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ご贔屓、佐藤友亮。
Excerpt: vs    10-7 良く勝ったな。 安打数は相手が上回っていたぞ。 四球は命取りですよ!! プレーオフ自体は個人的に盛り上がりに欠けております。すいません。 今回取り上げてみたのは、佐藤友..
Weblog: *勝手に能見投手応援*
Tracked: 2004-10-02 09:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。