2004年10月17日

レオ流も不発

いろいろ勝負のアヤはあるとおもいますが、やはり、松坂をひっぱりすぎたということでしょう。
伊東監督がすぐれているのは、松坂を神格化せず思い入れも少なさそう(ある意味ドライなとこ)なとこだと思っていたので、「伊東よ、お前もか」という感がありました。

やっぱり、井端に打たれて立浪のところで星野が正解やったと思います。
というのは、今年のシリーズの中日には立浪しか「代打がでない左」はいないんですよ。
ということは、星野の宿題は立浪を抑えることしかないんですよね。

まあ、「西武野球」は一回休んだあとからが真骨頂なのでどう立て直すか見物かな?と。「広岡・森西武直系」を証明できるか。
中日も二戦めで「いい勝ち方」なのは88、99年と同じ。本当に「星野とは違う」ところが見せられるか?


posted by しけたろう at 22:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 西武 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

真・超上決戦!!竜劇的逆転勝利!!
Excerpt: 竜が目覚めた!いのうえくんが目覚めさせた!! ドラゴンズ逆転勝利で、いざ、所沢へ!!
Weblog: ずたたん TIMELY REPORT
Tracked: 2004-10-18 01:06

ドームは一つに 願い乗せた立浪の一振り!
Excerpt: 勝ちました! 勝ちましたよ!! 昨日ドームへ行ってきました 声をからして応援してせいで今、声が出ません でもいいんです こちらの画像はずたたん TIMELY REPORTさんからおかりしました
Weblog: 落ちないナックル
Tracked: 2004-10-18 13:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。