2004年10月25日

日本シリーズ第6戦

松坂で勝てましたね。
調子はいまいちよくなかったようですが、我慢の投球というか・・・
(やや、審判の判定に苦しんでた感も)

和田が2発も!
リナレスをみて、さすがに金メダルをいっぱいとってるひとはちがうな〜と思ってたんですが、ジャパニーズの五輪戦士もやりますな。

きょうのポイントは、高木浩之をはずしたことじゃないですかね。
まぁ、第6戦で追い詰められて、相手が左なんだから、これぐらいはやるだろうと思いがちですが、
ほかの内野のメンバーをみると、2塁の高木浩之をはずす、このビッグゲームで・・というのはなかなかすごいことじゃないでしょうか。
守備でいいところたくさん見せてたし。

伊東監督の采配のすごさはそのへんで、プレーオフ5戦で、貝塚に石井義、佐藤に小関の代打を送ったのをみて、
「けっこう、ドライやな〜」と。
わりと、シーズン中がんばってくれたんだから・・・的なところに陥りがちだと思うんですよね。

その点落合監督もそういうとこはある(起用にドライ)と思いますが、落合英二の起用はどうよ?て感もあり。

7戦展望。
石井は第1戦は年一のピッチングだったんで、今回はそれほどうまくいかないでしょう。1戦にはスタメンでなかった井上あたりもでてくるでしょうし。2番手帆足がカギか?

ドミンゴははっきり調子が悪いかと。こちらは、中継ぎ陣で十分しのげる枚数あり。

というわけで5点以上の点のとりあいになる予感。

最後は「飛ばないボール」の使用がうらめに出て、西武の長打力と差をつけられる・・(中日がなく)とみた。
posted by しけたろう at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 西武 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。