2004年10月25日

完全ウェーバー反対のわけ

思いがけず、「一場問題。」にはたくさんTB貼っていただきまして。
別に「自由獲得枠賛成!」ってわけじゃなく、
「安易に完全ウェーバー移行というのはいかがなものか?」というつもりで書いたんですけどね。

完全ウェーバーに反対する理由はまぁいろいろあって、その一部は前回も少し書きました。
追加という形で。

完全ウェーバー導入となると、同時に間違いなく導入されるのは「FA取得年数の短縮」です。
最初に希望が通らないんだから当然主張されるでしょう。

これが、いやなんですよね。
選手会なんかも7年に、って主張してますけど。
7年ってどうですか。短いと思いませんか?
松坂だと来年です。岩村もあと1,2年ってとこじゃないですか。
W松井も2年はやく、メジャー挑戦となっていたと考えたら?

7年だと、最短で25歳ですよ。
いままでの制度で、最短でFA取得したのはおそらく谷繁だと思うんですけど、27か、28ですよ。
谷繁は1年目から1軍にいてこれですから、2〜3年2軍だと今の制度では30前後でFAがとれる・・というかんじですね。(W松井はともに28歳で取得)30前に取れるのは相当優秀という感じです。
しかし、7年だとほとんど30歳前に最初のFAがくるでしょう。

FAの取得期間はメジャーが6年か7年ぐらいですから、それに習えばいいと思われるかもしれませんが、日本にずっといてくれるわけじゃありません。
メジャー流出ととなりあわせ。そこが、日本と米のとのちがい。

まぁ、日本にいようといまいと、30歳前に自分のチームを離れる可能性が高いわけですね。
高校生を育ててると。
野球選手の旬は20代後半から30代前半ですので、その旬の時期にチームからいなくなる可能性がある。

そうなると、球団が何を考えるかというと、高校生を育てるのをやめようということです。

大学生をとると、即戦力→FAでも22+7の29。これが最短。
即戦力で7年働いてくれればまぁいいかとなるでしょう。

「育てる」となると、「至らない部分は目をつぶって、使ってみるか」という期間がありますから。
きっと、「せっかくここまで育てたのに・・・」となりますわな。

結局、「7年」のなかで、「おいしい」部分が多い選手をドラフトでとる傾向になるんですよ。
だから、高校生<大学生になる。これはまちがいない。

基本的に「逆指名・自由枠」が始まってから、高校生も大学、社会人にいって、それを狙うようになってますし、球団も安易に即戦力獲りにいってます。
高校生を育てる姿勢は明らかに低下していて、その傾向に拍車がかかるでしょう。(読売が顕著でしょ)


では、少し視点を変えて・・・

完全ウェーバーとなると、アマのモチベーションはまちがいなく下がります。誰が好き好んで弱いチームに行きたいんですか。
当然、アマのほうもなんとか意中の球団に入れてもらえないか?ということになるでしょう。

それで、考えられるのが
1.ドラフト指名権のトレードなどによる譲渡。
2.ドラフトで、指名権獲得直後のトレード(江川事件の合法化)

などの制度を作るということですね。アメリカでは、やってることです。
まぁ、たとえば、読売がどうしてもとりたい新人がいる。でも、Aクラスなので指名順位は後だとなると、現役の選手を下位球団にトレードにだして、指名権をとる・・という形。

でも、日本ではやらないでしょうね。
まず、こういう、「抜け穴」的制度を嫌うでしょう。それに、どうしてか分からんけど、制度がややこしくなるのを極端にきらいますよね・・

こういう制度を同時にやってくれるなら、完全ウェーバーも賛成なんですけどね。
アマだって、指名権獲得してでも欲しいといわせる選手になるぞ!という目標ができますから。


で、前回の日記では、クリーンな形の自由枠みたいな提案をしました。
Jリーグでは、入団時の給料はみんな一律らしいですね。そこから、1軍にあがるとA契約とかになるらしい。
そういう形にはすぐにできるんじゃないですかね。

まぁ、こういう抜本的改革はほんとにやる気がないとできないんで、無理でしょう。

で、小手先でちょっとイジルだけのドラフトの改正の方法で最善と思うのは、今の制度で単純に、大学、社会人の自由獲得枠を廃止・・ですね。
今でも高校生は相変わらずくじ引きされてるわけですから、みんなそこでいいのではないでしょうか。
で、いちおうくじ引きは2巡までであとはウェーバー。

アマにしても、完全ウェーバーで、弱い球団に無条件でいかされるよりはマシでしょう。

あと、ウェーバーなんですけど、今の制度って一度下から上に指名が終わると、次は上から下に下りてくる逆ウェーバーになりますよね。
これは、制度の趣旨に反するんじゃないでしょうか?
ドラフトって、一回のドラフトで公平になるためにやってるんじゃなくて、下位球団がより厚い補強が可能という環境にしないと意味がないんじゃないですか?
というわけで、6→1の指名が終わったら、また最下位チームからっていうのが正しいんじゃないですかね。


参照:「一場問題。」
posted by しけたろう at 17:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 球界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 努力して優勝したチームが不利になり,どうしようもなくいい加減なチームが有利になるドラフトなんて大反対。どの球団にも公平なやり方を。つまり,10年ぐらい前までのドラフト(指名順をくじで決める)に戻せばいいと思います。「もとのドラフトに戻せ」という意見が聞かれないのはなぜ?
Posted by 国鉄スワローズ at 2005年08月12日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。