2004年10月26日

西武ライオンズ、日本一


日本一

「石井が打てなかった。それ以上でも以下でもない」と、言ったか言わないか知らないけど。
打てなかったな〜石井貴が。
いい当たりは出てるんだけど。

石井は今年だけでなく、昨年も1勝なので正直、「終わった」感が漂ってた。
パ・リーグ選手の意見が聞いてみたい。
フォームが少し変わっているので、初見ではちょっと打ちにくいのかな〜と思ったり。

多分、中日側としては、「松坂以外は2回やって2回やられるような投手はいないだろう」と思ってたはず。
だから、2戦で松坂攻略に成功した時点で、かなり興奮ぎみだったんだろう。

1戦打てなかったのは、固かったからと思い込んでしまった。そういう意味では、「石井に対して右打線(渡辺、英智、リナレス、スタメン)」のオレ流采配が最後に足をひっぱったと見えなくもない。


それにしても、うならせるのは伊東監督の手腕。
7戦のうち4つ勝てばいいという戦いかたは、黄金時代の西武のようだ。

結局、西武は今年、「プレーオフ対応」のシーズンを過ごした。それにつきる。
パはプレーオフ制の採用で、1戦必勝の戦いが約3週間つづくことになった。短期決戦が短期決戦でなくなった。

そうなると、大事になってくるのは「選手層」。レギュラー選手がスランプに陥っても、それを補う選手が出てくるかということだ。
控えのレベルを上げることを目標にしていたことが間違いでなかったことが証明された。
それを(中日と同じように)「底上げ」という形で実現したことがすばらしい。

このシリーズ中でも、二塁を高木から平尾に替えた。捕手も野田から細川に。
特に捕手は、通常なら野田で打ち込まれた時点でシリーズは終わっていたところ。
石井は違う捕手が受けて、同じように好投した。
二人の捕手を使って日本一は極めてマレなはず。外国人投手専用捕手などの起用をのぞくと。
この采配ができるよう「準備」が出来ていたことを評価したい。

いや、本当はフェルナンデスの加入など、ダイエー(小久保がぬけた)と伍する打線にもってこれたのが一番大きいのかもしれない。

しかし、この補強もマトを得ていて、今投手陣は、西口、石井貴などの東尾色の投手からの世代交代期。本来なら長田あたりがローテーションに入っていておかしくない。
投手を育てるには、とにもかくにも少々の失点はカバーできる打線が必要だと考えていたんだろう。

でも、その「世代交代」は進んでいない。すでに松坂大輔メジャー入りのカウントダウンは始まっている。それが、来年以降の課題といえるだろう。
posted by しけたろう at 06:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 西武 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石井はプレーオフ2S最終戦の延長戦一点リードのリリーフで投入されたのが気持ちの中で変わった部分があったかもしれないですね。あれは本人含めて選手、ファン誰もが驚いたと思います。(笑
ストレートの勢いは短期決戦の連続で疲労感の見える松坂、豊田、小野寺あたりに並んでいた感じがします。しかし一番は中日が甘い球を打ち損じた場面が多かったことのように思えるのですがどうでしょう。

捕手はハムとのPOでマスクをかぶった正捕手"格"の細川がダイエーとのPO初戦・石井先発、KO後に少し痛めたんですね。その後野田でダイエー相手に3勝1敗しシリーズ突入、野田パニック、細川で締め。

若い投手ということでいうと小野寺、星野、長田、帆足、大沼あたりはパリーグの若手としてはかなり上のランクに入るはずです。
松坂の代わりだったり川上の向こうを張る相手ということではまだこれからではありますが、離脱が長かった豊田、たびたび二軍落ちした森、二度序盤に怪我で降板し帆足に救われた西口、五輪出場の松坂に代わって、レギュラーシーズンはもちろん、特にプレーオフを勝ち抜いたのは間違いなく彼らの成長が大きかったと思います。たしか伊東さんもかなり褒めた気がします。シリーズは少し息切れしたのかあまり目立った活躍はしてませんでしたけどね…。
山崎、岡本も含めて大駒のダイエーに対しても十分伍していける層の厚さが出てきそうです。
Posted by ち at 2004年10月26日 18:24
p.s.
本当は中堅の後藤光、台湾二枚がもう少し頑張って欲しいんですが…ね。
Posted by ち at 2004年10月26日 18:36
ちさんコメントありがとうございます。

投手陣は名前は多く出ますが、これからでしょうね。帆足も今年2ケタ勝ちましたが名前を聞くようになって2〜3年かかりました。
鳥谷部とか真山はどうなんですかね。このメンバーに入ってこれるのか?

捕手もそれなりのレベルを二人そろえたことが評価できるような気がします。
これから、二人はどうなっていくか楽しみですね。
一昔まえの横浜の、秋元と谷繁のような感じが近いですかね。
Posted by しけたろう at 2004年10月27日 05:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。