2004年12月06日

ヤクルト総括・・(バッテリー編)

横浜の展望なんてよその心配しとる場合じゃない。
ヤクルトも書こう。展望の前に総括。
バッテリー編とか書いときながら野手はあんまりやる気なし。
ベテラン頑張った!っとそれだけ。

では、投手編
プラスとマイナスを箇条書きで。
プラス材料
・川島活躍、佐藤賢もまぁまぁ
これが1番の収穫か。川島はシーズン序盤はハートの弱さも見せたが、じょじょに見下ろして投げられるようになってきたかな〜と。
佐藤は予想以上ではないか。来年、ダイエットすれば、キレも増し、更なる活躍も期待できるのでは?
・ゴンザレス、アタリ
なんで抑えられるのかわかんないけど。ともかく、年齢的にも成長しそうだし、来季はローテの一角。
・田中加入
後半バテたけど、来年は十分戦力として計算できるはず。
・石川3年連続2ケタ
久しく、こんな丈夫なやついなかった。吉井以来かな?ホンマ小さな大エース。
・五十嵐、クローザーとして一本だち
石井離脱で結果的にこうなった。よく考えたら、あの投げ方でこれだけ丈夫なのもすごいこと。
・高井、平本のノーコンコンビが1軍戦力に
ある意味、今年一番の収穫ではないことも思える。フェニックス・リーグでは打ち込まれてたみたいだけど。
2軍の育成機能が働いていることを証明した。
平本は鈴木平みたいになるのか?
・藤井も無事に復帰
ヒザの故障は余計だったけど。ともかく来季は1年通して活躍できそう。

マイナス要素
・山本、山部のベテラン左腕コンビがヘロヘロ
山本は先発でなんとか復活できないか?(下柳みたく・・)
・鎌田、坂元伸び悩み
ある意味この二人は古田の要望でいろんな球種を投げさせられてるのが、マイナスなのではないか?と思いはじめた。
ひところの西口のように「スライダーおばけ」でいいのでは?
・2軍で結果を残しても1軍でダメなのが多かった(花田・吉川など)
この辺は、1軍コーチの力量の部分なのかな?
・ベバリン離脱
残念。
・石井弘またケガ
石井がいるときといないときじゃ全然チーム力が違う・・というのは2年続けて証明してくれなくてもいいですから。健康に気をつけて。

というわけだが、来年はとりあえず、開幕段階で4人(石川、川島、藤井、ゴンザレス)先発を計算できると思うので、期待できるかなと。今年は石川とベバリンだけだったからな〜。
川島はルーズショルダー気味ということで心配。
このケガは結局筋力をつけるとかしか、解決法ないからな。今は静養して来季に備えてほしい。

捕手
古田は今年もがんばった。全く衰え知らず。
しかし、小野も31歳に来年なるので、「小野の次」の心配もしなくてはいけなくなった。
ところで、小野は来年もウチで控えに甘んじるのだろうか。
正直、そろそろ他チームででも1軍レギュラーとして勝負してみたいのではないだろうか。
野口が出たのも9年めぐらいだったしな。
(野口の場合、カツノリとの競争という理不尽さもあったが)
posted by しけたろう at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

ポジティブ・シンキング

『ラミレス残留、合意できず』の記事・・・
正直、リンクはるのもウザイ話なんですが、まだ諦めず交渉するといってるんで、なんとか頑張ってほしいもの。

でも、交渉の内容もそれほど球団側がケチってるとは思わないし、これで契約してくれないんじゃしょうがないかな・・・とも思いはじめました。
ペタも4年で移籍されたし、ラミレスも4年・・
いいタイミングなのかもよ・・・

というわけで新外国人を獲得しなければならない可能性が大きくなってきたわけですが、
ここは中島国際部長の手腕に期待するしかないですね。

次のリストを見てください。

ヤクルト外国人(野手)

91年レイ
92年ハウエル、レイ、パリデス
93年ハウエル、ハドラー
94年ハウエル、クラーク
95年オマリー、ミューレン
96年同
97年ホージー、オルティス
98年ホージー、ムートン、アンソニー
99年ペタジーニ、スミス
00年ペタジーニ、ロブロ
01年ペタジーニ、ラミレス
02年同
03年ラミレス、ベッツ
04年ラミレス、マーチン

92年以降、枠の拡大などで常時、外国人野手が二人になってからというもの、二人とも外したという年はほとんどないといっていいでしょう。
この10年ほどに限っていえば12球団一外国人獲得がうまいといって過言ではありません。

外国人総換えは、この間3回しかありませんが、そのうち2回は優勝という結果です。
ラミレスが退団となってもむしろ吉兆といえなくもない。

外国人2人目の成功率が低いのは、今いる外国人との兼ね合わせ、予算面など枷が多いことを考えれば仕方がありません。

つまり、フリーハンドで二人とって来させれば1人は必ずあてる手腕はあるといえるでしょう。

これほど、外国人があたり続けているというのはおよそ阪神ファンには予想できないことでしょう。

おまけで、同じ期間の阪神外国人(野手)のリストもつくりました。続きを読む
posted by しけたろう at 03:47| Comment(0) | TrackBack(1) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

ラミレス・・・

★ラミレスとは交渉難航も

 楽天が獲得を狙うラミレスだが、ヤクルトはあくまで交渉継続を強調。球団側では10月16日にラミレスの代理人のピーター・グリンバーグ氏と2度目の会談を行ったが、その後も電話やメールなどでほぼ毎日連絡を取っているという。ラミレスの義理の息子の選手登録も認めているが、本人との合意には至っておらず、球団関係者は「今月末くらいまでかかるのでは」と交渉の難航も示唆した。

ラミレス残留交渉決裂!楽天入りも


楽天ラミレス獲り猛攻にツバメ返しで対抗


う〜ん、そろそろ覚悟しとかなあかんのか・・・
楽天ならあげてもいいかという気にならんでもないが、決裂となると他も黙ってないやろからな。

ぺタジーニはヤクルトじゃなくても、どこの球団に入っても日本で結果を出しただろうけど、ラミレスはヤクルトが育てたといっていいだろうからな・・

昔の外国人はよかったな。8年も同じチームにいてくれて・・(ブライアントとか・・)しみじみ。

息子も抱き合わせで・・って、義理の息子でしょ。DNAが入ってないんじゃ意味ないのでは・・
一応、一茂もカツノリもそこに期待してとったわけでして・・・


まぁ、それにしても、最近の各球団の外国人獲得のプロセスのヘタレっぷりはなんだ!

阪神なんてウッズがだめならシーツって・・

韓国2冠王も争奪戦らしいし。


ウッズ、ホセと韓国のほうがよっぽど外国人発掘がんばっとるやん。

ちゃんとアメリカまでさがしにいってるのは、ヤクルトと広島ぐらいか?

アメリカにも人材がいないとかいわれてるが、
「2塁ができる人」という枠をつけて、ラロッカがあたるんだから、他球団はさぼってるとしかいいようがない。

横浜の牛込さんとかヤクルトの中島さんみたいなスペシャリストだって、取り続けないと育たないんじゃないか?

2億、3億出すんだったら、メジャー経験者でもいいのとれると思うんだけどな〜。
イチロー、松井の活躍で日本の野球に興味があるやつも昔にくらべたら増えてるだろうし。
posted by しけたろう at 06:35| Comment(0) | TrackBack(4) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

ヤクルト、リグスをテスト中

ヤクルトが前エンゼルス・リグスを秋季キャンプでテスト

ヤクルトが秋季キャンプで外国人をテスト中。
エンゼルスのプレーオフロースターに残ったというので見てみると・・

http://sports.espn.go.com/mlb/players/splits?statsId=5876

今年は0.194で昨年が0.246。

基本的に対左には率が残せますが、対右が全然ダメ。三振が多すぎ。
おそらく、外角の変化球なんか全然打てないタイプじゃないでしょうか・・

これで、26,7ぐらいなら別にとってもいいんですけど、32歳だからなぁ。
顔もあんまり活躍しそうにないし。
posted by しけたろう at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人2題

マニエル

目標はWシリーズ制覇 マニエル新監督が会見

近鉄のなくなる次の年に伝説の助っ人マニエル氏復活。(当然、ヤクルトにとっても)

インディアンズ監督時代は就任早々、緊縮に走りだしてかわいそうだった。
フィリーズは逆に、カネをかけてるけど結果が出ない状態なので楽しみだ。

トーミとも師弟関係復活で・・がんばってほしい。


元阪神バース初当選…オクラホマ州議員選

民主党だったのか・・
posted by しけたろう at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

ヤクルトドラフト事情

新聞等で名前が出ているのは、この4人。

松岡健一(九州東海大・投)自
田中浩康(早稲田大・内)自
川本良平(亜細亜大・捕)
上原厚治郎(沖縄電力・投)

正直いうと、フェニックス・リーグ終了時点でもう少し解雇者がでると思ったんですが、出ていません。ということは、ドラフトもあんまりとらないということなんでしょうね。

高校生の指名がないことについては、今の2軍に、泉、片山、山田とここ2年でとった中でほとんど投げてない投手が3人もいて、2年め棒にふった館山、入団以来ケガの連続の松谷も含めて、「もうちょっと時間かかるかも」というのが、何人かいるというのが理由のひとつかと思います。

ただ、野手はとったほうがいいかなとは思いますが。こちらも、大原とか梶本とか2軍でミッチリ鍛えたいのがいるんで、それなら、それでという感じはあります。

田中と川本をとることになりそうですね。
まず、この年代で捕手と内野をとるのはいいと思います。この年代は、伸び悩みぎみの野口、米野のひとつ下の学年になりますから、チーム内の競争を喚起するという意味ではいいかと。

田中は守備がいいみたいですね。野手の自由枠、逆指名は宮本以来ですか。なんともつましいチームです。

川本は小山がいたころ、(つまり、2年のころ)はファーストで試合に出てたぐらいなんで、基本的には打撃も期待できるというところなんでしょう。
いまのスワ捕手若手はそろいもそろって、打撃は寂しいですからね。

しかし、FA三人組が三人そろって出て行く可能性が0ではない以上、左のスラッガー系できれば即戦力をとっておきたいところですよね。
しかし、もともとそんなの人数が少ないうえ、この4人より下位でとるとなるとほぼ不可能。

1,2番タイプの左、即戦力ならとれそうなのいるけど、去年、青木をとって、ロッテから丸山(内野手)もきたしな・・。ホンマにとらなアカンかな?
という感じでしょうか。

そんなわけで、FAの穴埋めはどうすんのか・・
再生工場でなんとかなるのだろうか・・
posted by しけたろう at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

ベストナインにもの申す

MVP、最優秀新人、ベストナインの各賞が発表されました。

平成16年度・表彰選手
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200410/hyousyou.html

ほぼ、順当かと。
しかぁ〜し、
ヤクルトファンとしては言っておかねばなりません。

セの三塁手が立浪とはどういうこった?

小久保 0.314 41本 96打点
立浪 0.308 5本 70打点
岩村 0.300 44本 103打点

正直、小久保と一騎打ちかと思っておりましたが、まさか、立浪にさらわれようとは・・・

「ベストナイン」なんだから「いい選手」が選ばれればいいんじゃない・・とか、
立浪はいうても勝負強かったしな〜とか、
守備は一番いいし・・

とかいろいろ意見もあるかと思いますが、
守備のアドバンテージでGグラブもベストナインももらえるというのは、おかしい。
制度趣旨がかぶってるというのは無駄じゃないでしょうか?

アメリカみたいに、打撃のベストナイン(「シルバースラッガー賞」)というふうに割り切ってくれればいいのになぁ。

しかし、セ・リーグは日本人の40本打者が3人も出た(岩村、小久保、多村)のに、3人とももれてしまった。
外野は、首位打者、打点王、HR王のそろいぶみなので仕方がないけど。


あと、かぶってるといえば、ベストナインの投手と沢村賞ですね。

かぶらなかったのは、ここ10年では、
00年に沢村賞が「該当者なし」にした年と、
98年にベストナインがセ・佐々木(横)、パ・西口(西)で、沢村賞が川崎(ヤ)だった年
だけで、あとは、セとパのベストナインの投手がどちらかがなると。で、よっぽどのことがない限り、セのほうが選ばれるという印象ですね。
しかし、沢村賞も権威を重んじるなら、01年、15勝15敗の松坂にあげてる場合じゃないよね。

沢村賞
http://visualb.hp.infoseek.co.jp/sawamura.htm

年度別ベストナイン
http://park10.wakwak.com/~ballpark/awards/best9/
posted by しけたろう at 08:18| Comment(3) | TrackBack(3) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

ヤクルトFA事情

パソコンもようやく復活したので、久しぶりに長めに書きますよ。

今オフ、ヤクルトは真中、稲葉、鈴木とFA選手を3人も出しそうな気配。
さすがに3人とも出ることはないかと思いながらも、3人とも残ることも無さそう。

真中、稲葉あたりは普通に契約更改があれば、ダウン提示間違いない成績なのに、年俸アップで残留をお願いしているのはなんだかな〜という感じ。

出て行きたければ出れば〜というスタンスで、見ているが。選手ごとに感想を。

真中
3人の中では、一番出て行きそうかな?と。
同じく不振だった稲葉と比べてもその冷遇ぶりは同情の余地があった。

最も、左打ちの外野手というのは、ほぼどの球団も自前で確保できるので、それほど需要はないだろう。
外野手が手薄といえるのは、バルデスが退団したダイエーとロッテ、それに仙台新球団あたりだろう。(大阪合併は大村次第)
ダイエーはあんな状態だし、ロッテもどれぐらい積極的に補強するか分からない。

本当に出場機会を求めて、仙台にでも行くというのならそれは、大変立派なことだと思う。FAの制度趣旨もそういうもんだろう。

稲葉
若松監督にしてみれば、これだけ大事にしているのになんだ!と思っているだろう。
とにかく故障が多すぎる。
「ケガがなければ3割20本はいく」というのは、衆目一致の見方だと思うが、これから先、故障なしのシーズンをどの程度遅れるのか?ということだ。

今年、夏場以降盛り返したように思えるが、起用が右投手専用になったからである。左に弱すぎる。

メジャー挑戦とか言い出して、ムコウは左投手が少ないのでいいと思った。対左が悪くても、割り切って使ってくれるし。
しかし、日本から新外国人をとるとき、左打ちのほうがとりやすいように、ムコウでは最も層が厚いポジションなのでメジャー契約は難しいだろう。
田口のように守備がすごくいいわけでもないし。

ここんとこ伸び悩んでる自分自身にまんじりとしているのも分からんでもないが。

鈴木
一番市場価値はありそう。ヘタに外国人をつれてくるよりは、という球団があるかもしれない。
複数年とかそういうので残ってくれそうな気はする。
でも、もともと再生工場なんで、どうしても出たいっていうなら深追いすることないんじゃないか?と思うが。

おまけ・飯田
飯田は現役続行希望で、トレードがまとまらなければ、トライアウトもありという。

正直いうと、コーチで残って欲しかった。
現在、ヤクルトの守備・走塁担当は一、二軍とも内野手出身で外野手出身がいない。
それに、盗塁数はここ数年ずっと課題であるので「盗塁王」経験のあるコーチは貴重ではないか?と思うのである。
このあたりはコーチが変わって意識改革がないと、どうにも変わりようがないと思うのだ。

他でやるなら、まだ、守備、走塁は一流なのでとる価値はあるだろう。また、ヤクルトで勝つ経験が多いのもウリかと。是非、他球団のかたは検討を。
posted by しけたろう at 10:27| Comment(0) | TrackBack(1) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

川崎引退。

川崎引退

おつかれさまです。

93年、22歳のときにカムバック賞をとってるんです。
91年に14勝。そのころはホンマ、真っ直ぐで勝負できる投手でした。

93年はシーズン10勝でシリーズMVP。
95年は5月以降戦列を離れるもシリーズで復活登板。
胴上げ投手目前で小川にHRを打たれました。
97年は7勝とイマイチでしたがシリーズは4戦めに投げて勝利投手。
98年17勝で最多勝。
このころは、石井、伊藤智とともに「3本柱」を形成しておりました。

・・・とまぁ、川崎投手の思い出を語ってみたのですが、思うのは、ヤクルトのケガが多い「伝統」って全然なおってないじゃないの・・ということです。

伊東や高野が故障したあたりから、川崎、伊藤智、石井一、山部、藤井・・・
主なところだけでもこうですからね。
なんか対策とってんのか?
posted by しけたろう at 09:16| Comment(1) | TrackBack(1) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

岩村とウッズ

岩村

中日にマジック4点灯!
出たと思ったらイキナリ4かよ!という感じで神宮直接対決での胴上げが濃厚かも・・・
(川島落ちたしなぁ・・・ってか、大丈夫なのか?)

まぁ、そんなわけで当面の関心はタイトル争いですよ。
とにかく、とるとらないじゃエライちがいです。
岩村選手ガンバレ。
背番号1の先輩、池山選手はHR王争い2位が3回、3位が1回です。この辺は見習ってほしくないところ。

HRのライバルは残り試合からもウッズできまりでしょう。
打点はさらに金本、ラロッカも加わって混沌としております。

で、ライバル・ウッズと岩村選手の苦手とカモを調べてたら結構面白かったので、紹介します。
プロ野球を10倍楽しく見るためのデータ集

岩村選手
カモ(得意)
朝倉(中日)9−6
藪(阪神)11−5
大竹(広島)10−4
ドミンゴ(中日)13−5

苦手
木佐貫(巨人)11−0
加藤(横浜)8−0
土肥(横浜)8−1
河内(広島)11−2
桑田(巨人)10−2
黒田(広島)10−2
井川(阪神)15−3
福原(阪神)15−3

ウッズ選手
カモ(得意)
井川(阪神)11−6
野口(中日)12−6
高橋(広島)10−5
石川(ヤク)8−4
黒田(広島)15−7
桑田(巨人)15−6
川上(中日)18−7

苦手
ベバリン(ヤク)13−0
藤井(ヤク)8−1
高橋尚(巨人)8−1
シコースキー(巨人)8−1
上原(巨人)11−2
ベイル(広島)10−2
藪(阪神)14−3

井川、黒田、桑田→ウッズが得意で岩村苦手
藪→ウッズが苦手で岩村が得意

打席が右、左と違うとはいえこんなに傾向がちがうもんですかね・・

お互い極端な苦手がライバルチーム(ヤクルト、横浜)にいる・・というのもありますが、ベバリン、藤井は戦線離脱中でウッズには有利な材料かも・・

posted by しけたろう at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

県営宮城球場ってどんなん?

仙台でホームスタジアムに使われそうな宮城球場はどんな感じなのか?画像探しました。

コイバットさん
「スタジアムのおもいで」さん

う〜ん。なかなか厳しそうだな〜。
今年はセ・パともプロ野球を開催しているとはいえ・・
両翼91Mか・・「飛ばないボール」で対応するしかないか?

小手先の改装で対応できるのか?

秋田のこまちスタジアムコイバットさんも)や盛岡の県営球場(高野連のHP・開会式をしている球場)のほうがきれいだ。
こっちも数試合は使うのかな?

結局、宮城の野球場が遅れたのは、W杯誘致とJリーグ誘致でサッカーのほうに予算を採られたんだろうね・・

ベガルタ仙台のホーム、仙台スタジアムやW杯で日本代表がトルコに負けた宮城スタジアムはすごくきれいなようだ。

※仙台にはベーブルースの銅像があるのか・・・
posted by しけたろう at 17:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

野球は土橋!(by村上春樹)

土橋

7回表。
6回ウラに勝ち越され1−2。
1死のあと連打で1塁、3塁の場面。投手は先発・川上、打者・土橋。

スクイズ!・・は不成功。
気を取り直してヒッティング。
カウント1−1からの内角より直球をものの見事にスタンドに放り込んだ。
4−2!
このあと先発ゴンザレスから坂元、石井、五十嵐とつないで6連勝!

今日は土橋ですよ!

写真は2000年シーズンに出た某カード。
当時のトレードマークの「メガネ」
と「2段グリップ」はもうない。

2000年11月に視力回復手術にふみきると、その余生を勝って2001年1月元・女優・白島靖代さんと結婚。(メガネをやめたからモテたのではなさそうだ)
そして、2001年はヤクルト優勝!

「2段グリップ」も今年になってやめたようだ。

ベテラン偏重起用を批判してきた当ブログでは、土橋についてあまり書いていないようだ。(昨年、書いたような気もするが、見つからないので・・)
本当は大好きな選手なんですよ。マジで。

土橋はある意味、「ID野球の申し子」といえる。
というか、ホント「ノムさんの好み」を絵に描いたような選手なのだ。

(長いので・・)

続きを読む
posted by しけたろう at 01:15| Comment(12) | TrackBack(5) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

3番ユウイチ、3安打!

岩村が肉離れでスタメンをはずれるということで、オーダーに注目していたら、
なんと
「3番ファースト・ユウイチ」
で来た!

おいおい・・
打順にはいろいろ考え方あるけど・・

1回、2番宮本が強攻していくのを見ていて、
「いきなり送りバンドじゃなきゃいいけど・・」
と思ってたらなんとHR!

さて、ユウイチの打席
スゴイオープンスタンス
「八重樫コーチがイジってたら、こんなんなった」
という感じがすごくするフォームです。

ともあれ、3安打2打点と
文句なしの成績。

左投手だったらダレをつかうのか・・・
いないワケじゃないんだから、若手も試してほしいもんです。
posted by しけたろう at 08:38| Comment(2) | TrackBack(3) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

若松監督続投!?

若松監督の続投が決定的に・・・多菊社長「お願いする」

あ〜、そうですか・・

なんかそこそこ強ければいいという球団にすれば文句なしの成績・・というわけですか。

連続Aクラスといったって、02年、03年は独走優勝を許してるわけですからね・・

このブログに何度か書いているように、若松さんはそんなに評価していません。
采配云々というより、野手の若手切り替えができないというただ1点でもういいんじゃないかという気持ちです。

若松さんだけじゃなく、渡辺、八重樫、水谷あたりのコーチももう10年ぐらいやってるでしょう。

こんなにコーチが変わらないチームは他にないですよ。
ダイエーは王監督で10年目かという話ですが、コーチはどんどん入れ替えてますからね。

コーチの顔ぶれが変わらないというのはメリットもありますが、やはり、デメリットもあるでしょう。
選手を固定観念で評価してしまうとか。
指導法があわない選手は伸び悩んだままとか・・

確かに、他にダレがいるんだ?ってなかなかいないんですけど・・・

阪神や巨人の例をみても監督の選定は慎重にやらねば・・


posted by しけたろう at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

ブンブン丸越え

岩村

岩村が9月9日の試合で149三振となり、池山選手が持っていた148三振の記録を超えた。チーム新記録だ。

日本記録はブライアント(近鉄)が作った204(1993年)なので、この更新はさすがに難しそうだが、
セ・リーグ記録は1997年清原(読売)がつくった152なのでこの更新は確実。現在、2位も同年の阪神・桧山がつくった150だ。

97年の清原の記録は成績不振でも使い続けてもらっていた、幸せな時代があったのだなと改めて思う。(その後はマルちゃんやペタという保険をかけられて・・)

しかし、岩村にはそれほどブンブン振り回している印象はないのだが、どうだろう?

見逃しやハーフスイングの三振がやたら多いのではないか・・と思うのだが・・
振り回すイメージの中村ノリでも02年の136が最高なので、(この年打率0.294)
かなり以上なペースといえるだろう・・

大打者へ脱皮の第1歩といえるのか・・

posted by しけたろう at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虎燕

わ〜い連敗脱出・・っと。

・高井。細かいコントロールも大雑把なコントロールもないわけだが、球に力があるのはやはり大きいなぁ。
ようやく、「振るコース」には投げられるようになったというか・・

・阪神方面では、関本の2番について。
岡田監督はメジャー風に2番だからってそう簡単にバンドしないという考え方のようなので、「3番見習い」的な考え方がいいかな・・と。
しかし、関本が2番の固定観念にとらわれて小技系の習得に追われている印象もありますな。(右打ちとか)
ツボにきたら一発長打があるってのも魅力だと思うんでその辺は忘れんでもらいたい。
今年ぐらい試合に出てたらフタケタ本塁打はほしいところ。

一応昨日の話も

・ゴンザレス
印象としては、このヒトはあまり先発経験はないのでは?(アメリカでも)多分、手元での微妙な変化がウリのタイプなので、ペース配分とか考えてるとビミョーに感じがちがうんでしょうな。
しかし、もう少しスピードが出てもいいかと思うが、故障経験あるのかな・・

・岩村
なんか昨日の試合では、1回無死1塁2塁の場面で送りバンドをさせられたそうな。(結果は失敗。結局、三振)
若松さんいい加減にしてください!
初回の岩村はHRが多いのに・・


おまけ
・落合監督
今日、日テレ系スポーツニュースで宮本(元・巨人)が落合監督がマウンドにいって何を言っているのかという話で、
「現役時代も打者目線のアドバイスをしてくれて、リラックスができた」
ということを言っていた。
そうそう、たしかに1塁手落合がマウンドで投手にかける言葉がウマイという話は聞いたことがある。

それと、打者目線で投手にアドバイスを送るというのは
「投手目線で打者にアドバイスを送る」という権藤さんの逆だな〜と思った。

・アレックス
がんばってるな〜。
背番号4にしたのがよかったのかな?
モッカもゲーリーもゴメスも「4」だからなぁ。

ところで、アレックスとリナレスって仲がいいのかな?

アレックスは両親がキューバ移民らしい。
元メジャーと元国の至宝でお互いプライド高そうだしな・・

ドミンゴはドミニカ出身だけど台湾も経験してる苦労人・・

なかなかバラエティーに富んでる。

posted by しけたろう at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月05日

4連敗。

う〜ん。
まぁ、予想がアマめだったとはいえ、広島、横浜に1勝5敗はねぇ・・
阪神はここに6勝0敗だったんだから。

広島ががんばってくれたから、8ゲーム差に収まってるけどね。

カンフル剤必要かな〜と思ってたらユウイチが上がってきた。(杉本友2軍)

※昨日の試合。
金城のHRはちょっとありえんコースを持っていかれた。
1−0からの3ランだっただけに・・・
あのコースを持ってかれるのは、石堂のタマはやっぱりあれなのか・・

三浦は五輪後初登板とかでよかったよ。
野球小僧とかでは、コントロールのいい技巧派?的に書かれてることもあるけど、146キロ出てたしな。
石堂、鎌田はせめて低めのコントロールだけでも見習ってくれ。

解説の高木豊。
「伝道師」(この字でいいのかな)ってうるさいねん。
選手の五輪のガンバリは認めるけど、
コーチ陣の働きは認めんぞ!ワシは!
もう五輪ネタ解説はもうええねん。

でも、相川は確かに成長したかも。
城島とは同い年なんだから、影響うけないほうがおかしい。

※今日の試合
石川・・中4日で・・キツイな・・
3〜6番ならびぼちぼちイジルか?

posted by しけたろう at 18:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

ガックリ。

きょうは鎌田。
鎌田はキレなし、スピードなし、コントロールなしのピッチングで6失点。
よくまぁ4回まで投げたなぁという感じ。

マーチン、佐藤、志田の「対左三人組」もセドリックの前に三振のヤマを築いて、いいトコなし。
先週まではうまくいってたツープラトンだけど。
1番宮本・・は要検討ではないか?
調子がよくても8番土橋が怖くていいと思うけど。

今日は、鈴木健を代打でも使わずじまい。城石のトコは代打でしょう・・

鎌田は賞味期限短かったなぁ。
これで、多分先発はずされるでしょう。(少なくとも来週は)
ヘタすりゃ2軍落ちかも。
投手いないけど、とりあえずフレッシュな投手が欲しい状況だし。

スタインブレナーさんもあきらめた者は勝者になれないといっている。↓の記事
あきらめたらダメだ。


posted by しけたろう at 21:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタイ負け?

負けました。
きょうはベイルがハマった感じでした・・
連続KO中だったのでナメたかな?

連続試合HRも止まりました。

坂元はよく投げたほうだと思うけど。
中継ぎで力んでばかりなので、先発のほうがいいのかなとは思ってたけど(書いたことなかった?)

こちらによると山本かどっちかだったようです。
山本先発見たかったなぁ。

しかし、2回がんばれといわれる先発って。

次は横浜か。ここは相性がいいから・・・ホンマ、頼む。

広島も新打順はけっこう機能してると思います。
次は中日ですので首位いじめを期待しましょう。

それにしても広島は世代交代が着々と・・という印象ですね。
石原、尾形、嶋はもうレギュラー当確でしょう。
個人的には、新井と栗原は使いつづけたほうがいいと思うけど・・・・
posted by しけたろう at 00:22| Comment(0) | TrackBack(1) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月02日

いろいろあってもサヨナラ勝ちナリ

コロ助

勝ったナリ。
きのうは9−10。
今日は11−10。
連日の10失点ナリよ。
でも、勝てばいいナリ。

高井は見ていて面白い投手ナリ。
緒方にHR打たれたあと、自分で「アマイ!」って言ってたナリ。

1イニング以上投げた投手のなかで、まともに抑えたのは平本だけナリ。
みんな疲れてるナリ。
あしたは鎌田に7回ぐらいは投げてもらいたいナリな。

打つほうはみんな調子がいいナリな。
ラミレスは調子が良すぎて、引っ張りが入ってきそうなのが心配ナリ。
稲葉は調子がよくても左は打てないナリ。
佐藤を代打に出したのはナイス判断だったナリ。
三木の左打席は全くヒットがでそうな予感がしないナリ・・・。ワリといつもいい場面で回って来るナリ。
今日もサヨナラの場面で回って来たナリが・・。
ある意味彼からヒットが出ればホントの勢いがつきそうナリ。

広島も連敗中だったとは思えないぐらいよく振れてるナリ。
石原とか意外なトコが振れてるのがコワイナリ。

読売もサヨナラ勝ちだったようナリ。
トラは相変わらず、ナゴヤで勝てないナリ。
明日はなんとかしてもらいたいナリ。
posted by しけたろう at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。