2005年02月14日

ケンゾーとヒロコ

0206ri04.jpg

kenzo hiroko.bmp
左がケンゾー


フジ系「EZTV」でWWE(アメリカのプロレス)に出ているケンゾーとヒロコを取材していました。

熱心なファンというわけでもないんで
「ふ〜ん、ゲイシャの格好をした人も最近は出るんだね〜」
という程度の認識しかなかったのですが。

ダンナについていったら出ろといわれて・・みたいな感じだったのがスゴイ話だな〜思った。
それでここまでできるのか。(福島で女子アナだったらしいけど)
すごい人生だな〜。

テレビを見てる限り、「海原やすよともこ」の妹のほう(小さいほう)に似てるな〜と思ってたんだけど。
写真だと印象がちがうな〜。

WWEプロフィール
ぴあのコラム


posted by しけたろう at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

川崎投手

川崎引退


個人的に気になってたのが、川崎投手は解説者としてドコに出るのかということです。

・・・
で、なんでもテレビ東京系の「スポーツ魂」に駒田さんのあとをついで出演しているとか(先週から)
見てないんで、アレですが。

そういえば、テレ東といえば、松岡現2軍投手コーチが長く出演してましたので背番号「17」の系譜ということでしょうか。

しかし、こういうことは番組HPで発表があってしかるべきだと思うが・・・

いままであまり見なかった番組ですが、見てみようかな〜。

※こんなことも起こってるんですね・・
J SPORTSとスポーツ・アイ ESPN合併についての協議を開始

いったいどうしようというのか・・
オレ的にはスポーツセンターだけはなくならないで欲しい・・

posted by しけたろう at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

岩隈投手は左利き

テレビ東京系『いい旅夢気分』で岩隈投手夫婦が、義父の広橋コーチ夫婦と一緒に宮城県内の温泉めぐりをしていました。

都合5ヶ所ほど温泉を巡る強行軍でした。

撮ったのはまだ楽天入りが微妙な時期だったはずなのですが、楽天入り決定のテイで番組は作られていました。

そんなことより、気になったのは岩隈投手の箸を持つ手ですよ。
左で持ってるじゃないですか!
ググってみたところ、先ごろ出演した『あるある大辞典』では左で字を書いてたらしいので、日常生活は完全に左ききのようです。

左ききで右投げ左打ちという人はママいるんですが、(鳥谷とか)
右投げ右打ちというのは非常に珍しいな〜と思いました。
打つほうはいくらでも転向のチャンスありそうですからね。

それにしても広橋コーチも選手の実績からすれば、まさか夫婦(というか家族)で露天風呂に入るところをテレビに撮られるとはね。
常勝西武の貴重なバイプレーヤーとはいえ、かなり地味な選手でしたからね〜。
右の代打の切り札ではあるけど、「神様」というほどでもない・・という。
今でいうと誰かな。度会ぐらいが近いのかな?



posted by しけたろう at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

イチロー、『白い巨塔』を語る・・など

金曜深夜から土曜深夜にかけて見たテレビから
(タイトルの話題は一番最後)

石井一久『浜ちゃんと』
ゴルフクラブ作りとか。
日本球界復帰の可能性について聞かれて
「ヤクルトで古田さんが監督をしていた場合のみ」だとか。
どこまで本気か分からんからね〜この人は。

長谷川滋利『雨スポ』
大活躍の昨年と比較すると、かなり露出おさえ気味のシギー。
「悪いときのほうが、いろいろ試せて自分にはプラス」
「むしろ調子のよかった昨シーズンのほうが苦しかった」などなど
それは負け惜しみ・・・ではないのですか。

息子が英語では自分に似て「しゃべり」だったのがショックだったらしい。

昭和40年会+昭和48年会
古田さん中心の1時間半の番組のわけですが・・
かなり豪華な昭和40年会と比較すると、昭和48年会の出席者の小粒さがきになるこの番組でしたが・・
今年はノリが出席。
小笠原、磯部と、「北海道、東北の顔」もそろって今年は面目がたったか。
トークはカツノリと門倉にマカセきりだけど。

番組自体は安いゲームでいまいち面白くなかった。
例によってトークぐらい。

古田さんは選手会長には松中、小坂、小笠原、磯部と48年会が多く、この番組でゴルフや野球をやったことがあって知ってたから、そんなに距離を感じなかったと言ってました。

・48年会として城石登場。野球でやたら出塁しているにもかかわらず、ほとんど打撃シーンはなし。最後のスリーベースぐらい。
・城石は女子高生による(顔写真の)人気投票でも黒木、古田を抑えてトップ。
・昭和40年会来季の現役は、古田、佐藤(ヤクルト)山本昌(中日)紀藤(楽天)小宮山(ロッテ)の5人。
・八木は市場で値切り交渉とか引退して芸風が変わった。
・ノリはメジャー移籍決定のテイで放送していたけど・・
・マイク仲田、酔っ払って話の腰おりすぎ。
・プロ野球も大変だけど、司会の梅田淳もフリーになって大変だった・・って誰かいじってあげて欲しかった。

イチロー『すぽると』
イチローが『白い巨塔』について語る。
里見や東教授のまわりくどさはあまり好きじゃない。財前のほうが、目的と行動が一致していて好きとかそういうようなこと。
イチローが野球以外のことしゃべってるって珍しいのでは?

あんまり、イチローのテレビインタビューってみないんだけど、
なんでイチローってあんまりチームのことを語らないし、聞かないのかって思う。

テニスやゴルフのプロなら自分の技術とか(競技に対する)姿勢だけでいいと思うけど・・

最後に抱負とか聞かれても
「優勝したい」とか「プレーオフに出たい」とか言わない。
なぜなのか。
そんなの口に出すまでもない当たり前のことと思ってるのか
チームの状況と個人のパフォーマンスは別と思ってるのか・・

ともかく、エドガーとオルルドが抜けて、イヤでも今年はチームリーダーとして・・という部分が求められると思うんだよね。

やっぱり、野球ってチームでやってるから、1+1が2じゃないから面白いと思うんで。





posted by しけたろう at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

『タッチ』映画化など

タッチ


長澤まさみ、今度は浅倉南に…映画「タッチ」ヒロイン

『タッチ』も実写化ですよ!
H2もドラマになるし、来年はあだち充イヤーだ!
さすがにヤクルトは先見の明がある。
来年もだよ。
http://www.yakult-swallows.co.jp/information/fanclub05.html

しかし、達也と和也の双子はどうするのか?
『古都』みたいに二役起用か?
ほんとに双子を起用するとか・・?(二組ほど思い浮かんだ)

H2もドラマ化ね・・
公式ホームページもできてますけど、つっこみどころ満載ですね。

監督さんも野球に詳しくないみたいだし。
http://blog.livedoor.jp/yukihikotsutsumi/archives/2004-11.html
一番は

冬に高校野球のドラマ撮ってどうすんの?

ってところでしょうか。

内容的には、
・3年間のドラマを3ヶ月で?
・どっちかっていうと比呂とひかりと英雄の三角関係でしょ?
・野田はデブじゃないの?柳はダレがやんの?

などなど・・。別のドラマと思って見たほうがいいのでは?

プロデューサーが野球のすばらしさを伝えたいとか言ってるのがなんともね。
恋愛、学園モノでたまたま主人公が野球やってるぐらいでいいとおもうけど。
「セカチュー」の亜紀が陸上やってるぐらいの感じで・・

星野さんのドラマもできることに。

記事
http://daily.jp/gossip/2004/11/30/152311.shtml
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/nov/o20041129_40.htm

こちらは、奥さんの闘病がひとつ軸になると思うんで、
中日時代が多くなるんですかね。
石橋ってのは、「野球ができる人」って以外に出てこない選択肢のように思うけど。現役のころの話も書くのか?

楽しみなのは島野さんとか田淵さんとかをダレがやるのかってことでしょうか。
中日時代なら立浪とかは?

もうひとつは『逆境ナイン』
これはなんか『少林サッカー』の野球版を狙ってるようにしか思えん。
堀北真希ちゃんは見所です。

記事
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/09/24/04.html
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200411/gt2004110505.html



posted by しけたろう at 23:18| Comment(0) | TrackBack(2) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

40歳のベースボール・キッド

日曜にやっていた、スポーツ大陸(BS1−NHK)の川相の特集見ましたか。

なかなか面白かったです。

バントの成功率があがったのも、荒木の守備がうまくなったのもみんな川相のおかげ・・というわかりやすい切り口。

コーチには伝えられない、現役ならではの感性で選手にアドバイスを送りつづけた川相。

井端、荒木あたりが質問してるのは、予想どおりとはいえ、大西、蔵本、リナレスまで、川相にいろいろ聞いてるのは面白かった。

大西はベテランである意味、小技がウリで生きてきた選手。プライドもあるでしょう。そういう選手が川相にあえて教えを請うというのは、想像以上に向上心強い選手やな・・と。

リナレスは川相が分析した西武のデータ(日本シリーズ)を聞きにきてました。(あの活躍のウラにこういうことが・・)

蔵本はバントの技術面だけでなく、打席での気持ちの持ち方みたいなのも聞いてるとか。
そんなことまで!
「それぐらい自分で考えろ!」とか言われそうですけどね。

すごいなぁ川相。

40歳だからって後輩にゆずるみたいな形でやめていくのはもったいないと(先輩たちをみて)思っていたとか。
力が衰えたとしても、経験がいかせるはずだと。

全く同意。
そう、これからの選手はもっと最後の最後まであがいてほしいっす。

こういう川相の価値を認めたのが、40代まで現役続けた落合さんだというのはある意味必然かも。
(ヤクルトがベテラン大事にしてるのも、若松さんが40ぐらいまでやってたからかな)

再放送があると思うんで、見てない人は見てね。

※川相の奥さんは意外と派手な感じだったなぁ。高校生の子供がいるとは・・

※タイトルは川相が登場曲にしている、浜田省吾の『ベースボール・キッズ・ロック』と掛けてるんですね。
いい曲ですよ。
posted by しけたろう at 03:49| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

明日からできる視聴率対策(その2)

えっと、2回目です。1回目はこちら

前回は、解説が面白くないからもっと考えろ!というところで終わりました。
誰がやっても同じ。何年たっても同じことを言ってる印象の解説者たち。
見るときのスタンスは、「アホなこというとるな」「結果論やんけ」という風なツッコミが基本だという人も多いのでは・・・

解説なんかウルサイだけ、いらんわいと言う人もいるでしょう。
しかし、テレビ局にできる視聴率アップ戦略というのはそれほど多くはありません。
だから、なんとか面白い解説にして欲しいのです。
続きを読む
posted by しけたろう at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

明日からできる視聴率対策

巨人戦の視聴率が悪いらしい。
かくいう私もヤクルトファンでほとんどケーブルテレビが中心の観戦なのだが、やはり、野球がゴールデンタイムで放送されなくなると寂しいので、なんとか頑張ってほしいもの。

数字の低下は、「野球というスポーツそのものがどうか」とか「読売の体質が・・」とかの議論もあるだろうが、とりあえず、テレビ局側が小手先で出来そうなことを考えてみた。
まぁ、こうしてほしいという要望というか。
7、8個思いついたのだが、とりあえず、今日は4つ。続きを読む
posted by しけたろう at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

張本氏、ほえる!

日拓ホーム

日拓ホームフライヤーズ73年後期から採用された伝説の7色ユニ。
左から土橋正幸、三浦政基、高橋直樹、宮崎昭二、渡辺秀武、新見敏、張本勲
カゲで顔は全然分かりませんね・・
もう1パターンの写真(張本氏なし)

サンデーモーニングを見ていたら、張本さんが、
「1年で放り出されたら困るんだ。新規参入は慎重に。」
という発言をしておりました。

このかた、これまでも選手会にかなり批判的でしたので驚く発言ではないのですが・・・
その、1年で放り出された球団に所属し、こんなユニフォーム着させられてるんだから、同情の余地はありますね。

しかし、それはそれ。

大沢さんも新規参入は難しいという立場だし、
ウラの江川さんも選手会が譲歩すべきとか言ってるし、
王さんもこういう立場だし・・・

OBが仕方がないじゃ、現役がうかばれない。
あんたらの積み残した諸問題が一気に現役、将来の選手たちにふりかかってるんだから・・

なんかいろいろ整理したいというかたは
All about Japan
「猿でもわかる選手会ストQ&A」というページがあるので参照してください。
posted by しけたろう at 10:49| Comment(4) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

青空

青空

今日、初めて「青空」という漫才コンビを知りました。
なんだか、強力に野球ファンということをオシているコンビ(というか、左の須藤さんという人)です。

資料1:須藤さんの履歴書

八木と川相って岡山フェチかよ!と思うオレもアレだが・・

資料2:野球ファンとよくわかるコメント

今回の夏の高校野球についてふれておられます。

資料3:一応ネタの見られるサイト

ヤフーに登録しなくてはいけませんが・・
ここでも、少し野球をネタにしております。

・・というわけで、MBS新世代漫才アワードでは、ひそかに応援しようかな?と。

今日の番組で「青空」のコンビ名の由来を聞かれておりました。
『甲子園』にしようと思ったんですけど、ダンカンさんの息子さんとカブるんで・・・と答えておりました。

『青空』といえば、原秀則さんのマンガがありましたね。
http://www.town.yokota.shimane.jp/aozora/



posted by しけたろう at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月21日

女子サッカー

 
ミア・ハム。(アメリカ代表・9番)ガルシアパーラの奥さん。
 
 
 
美貌の選手ってウワサほどでもなかったような・・・
posted by しけたろう at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

栄光の金メダルアナウンサー

金メダルをとったときの映像のヘビーローテーションぶりはハンパじゃない。
岩崎恭子のときが象徴するように、ときを超えて、使われる。
スポーツ実況アナになったからには、金メダルの瞬間を放送するのは夢のひとつのはず。
というわけで、アテネ五輪で栄えある『金メダル実況アナ』に輝いたアナウンサーを紹介します。
 
<柔道>
 道谷眞平(NHK)
 
 
 
 
上野
 
 
 
 三宅正治(フジテレビ)
 
 
 
谷本
 
 
<水泳>
   
   森下桂吉(テレビ朝日)
   北島康介・男子平泳ぎ100M
 
 
 
 
石川洋(NHK)
北島康介・男子平泳ぎ200M
 
 
 
 
 
 
<体操>
 
 
  刈屋富士雄
 
 
 「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」
 NHKのゆずのテーマソングとかけてるあたりもナイス。
 
 
 
 
以上。(8月19日現在)
 
posted by しけたろう at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月01日

「朝生」感想

数日前、プレビュー的な記事を書きながら結局、後半1/3ぐらいしか見ませんでした、すみません。

広瀬さんという方が印象的でしたね〜。
外から見てたら、プロ野球なんてめちゃくちゃだと思うんですけど、あくまで、語り口がソフト。

Jリーグは全くの更地からのスタートだからうまくいったという、
結構見落としがちな重要ポイントも抑えてくれてよかったと思います。

ラグビーもバレーボールもそこそこうまくいっていた部分があった(学生ラグビーや日本代表人気など)ので、改革が遅れた部分があったんですが、サッカーの場合そういうのが全然なかったんですよね。

プロ野球も読売だけべらぼうに儲けてる点が改革しにくいところなんですよね。

あと、江本さんが思っていたのとスタンスがちょっと違いました。
社会人野球のからみで、企業スポーツの話をしていたとき、
「野球もバスケットも・・・」と言うのを聞いて、
「あ〜、やっぱり熊谷組を念頭に置いとうねんな〜」
と思いました。

こういう議論の場では、江本さんみたいに声がデカイのは得ですね。

古田さんは活躍したんですかね?
あんなところに、3時間も座ってられるだけで感心しますけど・・。
posted by しけたろう at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月30日

古田、朝まで生テレビ出演

朝まで生テレビに古田選手会会長が出るそうです。
生放送じゃないという話もありますが。

今回のパネリスト

江本 孟紀(プロ野球解説者)
栗山 英樹(プロ野球解説者)
坂井 保之(プロ野球経営評論家)
二宮 清純(スポーツジャーナリスト)
遙 洋子(タレント,作家)
東尾 修(プロ野球解説者)
広瀬 一郎(経済産業研究所上席研究委員)
古田 敦也(ヤクルトスワローズ,プロ野球選手会会長)
堀江 貴文(ライブドア社長)
三宅 久之 (政治評論家)
ヨネスケ (落語家)

で、展開の予想
司会・田原総一郎
ライブドアの社長をサンプロに迎えたときの印象で、「あまり野球に詳しくないのかな?」と思ったのだが、年齢的にも(長嶋より2コ上)そういうことはないんじゃないかと思う。
で、プロフィールをググると、学生時代は野球部だった!

http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/contents/cast/03.html

ニュートラルな立場を取られるんじゃないでしょうか。

江本
1リーグ支持派。
セもパも知っている人です。

栗山
2リーグ支持派。
少年野球のために球場を作ってしまう人。
バランス感覚が働く人なので、こういう場で自分の意見を主張できるのか?

坂井
多分、1リーグ、縮小は理解できるが、手法に問題というところでしょう。
パ・リーグは知り尽くしているといっていい。

二宮
2リーグ支持派。・・の大ボス的存在。
数字の現実にどう立ち向かうのか。


阪神優勝の前の年まで『トラトラタイガース』のキャスター。
ファン代表?

東尾
名球会、監督経験者、身売り・フランチャイズ移転経験者。
パ・リーグの現状も知る。
語れることは多いはず。

広瀬一郎
サッカーを中心とした、スポーツ経営の専門家のようだ。
http://www.rieti.go.jp/users/hirose-ichiro/
とりあえず、いまの経営がひどいものということを伝える役割?

古田
ごくろうさま!

堀江
なにをはなすのか?

三宅
ナベツネのともだち

ヨネスケ
この人はメジャー通なんですよ。昔、ナンバーにメジャーリーグコラム書いてたぐらい。
その一方で、日本は日本のやり方があると考えているひとで、人工芝やドームもOKという人。

芸人だからな〜。番組が盛り上がるように立ち回るんじゃないかと思っています。

何がなんでも1リーグって人はいないんじゃないの?



posted by しけたろう at 07:30| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月26日

情熱大陸・長嶋ジャパン

長嶋監督・宮本・城島・小笠原・・っとちょっと絞れてなくて散漫な印象。

城島が面白かったな。
上原との打ち合わせ。
(フォークは3種類ぐらいあって、コースの投げわけもできるというようなこと。ミットの構え方についてとか)

長嶋監督との打撃談義
(バットを素手で握るということ・・)

4番は買いかぶりすぎ発言。など

宮本プライベート映像。

宮本のバースデイパーティ。
中畑がすすんで歌う。やっぱりこういう役割なのね。

気になった長嶋語録。
・昨秋のアジア予選。
「3試合ワン失点」
でた。

・33歳になった宮本に
「三三六歩で見ずにいけ」
「三三六歩で引け目がない」という口上の決まり文句(寅さんなど)を長嶋流にアレンジしたようだ。

33歳は勝負の年だよということのようだ。
posted by しけたろう at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

NEWS23

きのうの発言から

小倉

小倉アナ「(サッカー五輪代表の結果を伝えたあと)さて、こちらはオリンピックに出場する選手にとって、毎日が強化試合です。セ・パ6試合の結果に参りましょう・・」





オリンピックのために野球やってるわけじゃありませんから!!残念!

TBS、野球の目玉カードの中継権取れてません・・斬り!!
posted by しけたろう at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月18日

NOMOベースボールクラブ@zone

今日のzoneでは、野茂英雄投手の一連の合併騒動の見解とともに、彼の取り組んでいる、NOMOベースボールクラブにスポットを当てていた。
去年の今頃は、シダックスだったか。

今日はクラブチームについて考えてみたい。

社会人野球の組織、日本野球連盟への加盟は、企業チーム83に対してクラブチーム231である。
クラブチームの数はこの5年ほどは、ほぼ横ばいといっていいだろう。

今後は、企業が野球部員を社員として雇ったり、野球部の活動に意義を見出せなくなってきている以上、クラブチームが社会人野球の主流になっていくだろう。

番組をご覧になった方は、クラブチームの活動をどう思われただろうか。
25歳ぐらいで、「プロが目標」といって頑張っている選手がでてきたが、
「正直、無理でしょ。」と思わんでもない。

でも、クラブチームもバカにできなくて、ダイエーの三瀬はNTT中国が統合されたあとのクラブチーム(NTT西日本中国野球クラブ・すでに廃部)の出身。
定時まで働いて、夜だけの練習だったそうだ。(三瀬選手についてのコラム

ただ、プロ野球にいけるか、野球で飯が食えるかは別にして、「自分にあったレベルで、自分の納得いくまで野球が続けられる環境」
というのは、必要だと思う。

欧州のクラブチームの文化もそういうところから来ているはず。

野球はいままで、恵まれすぎていた。

クラブチームが主流といっていいスポーツがある。
アメフトだ。
日本のアメフトは、アメリカは出場していないが、メキシコやヨーロッパのチームとやって優勝するぐらいの力はある。

アサヒビールシルバースターやアサヒ飲料チャレンジャーズというのは、クラブチームである。
アサヒビールはスポンサーになっているだけだ。
プレーヤーはアサヒビールの社員ではない。
プレーヤーは他の仕事を持っていて、夜に練習しているのである。
そういう中から、NFLヨーロッパに挑戦する選手なんかがでてきているわけだ。
(松下電工や鹿島は社員がプレーヤー)
(シルバースターに所属する元・アナウンサー有馬隼人選手のコラム)


選手の給料を面倒みるのは無理でも、遠征費や諸経費を負担するぐらいはできる企業はあるだろう。(複数でささえてもいい)

かずさマジックとか、いろいろ試みは始まっていると思うがなんとかクラブチームがうまくいく方向性が見つかって欲しいと思う。

あと、1点。
今日の番組で、いきなりNOMOベースボールクラブが日本生命と試合(公式戦)をする場面があった。近鉄2軍とも試合をしていた。

こういう「ゆるさ」が今の社会人野球のいいとこじゃないかな?と思うけど。
堤さん他、バカオーナーどもは社会人野球もイジろうとしているみたいだけど・・・



posted by しけたろう at 22:28| Comment(0) | TrackBack(5) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月11日

『サンプロ』追加

ちょっと、補足で、
1.最初に二宮さんは
「プロスポーツチームは公的な公共物であるべき。博物館とおなじような。自分の経英がまずくなれば、他の人にバトンタッチすればいい。日本の場合、企業の私物である意識が強い。だから、減らそうが合併しようが勝ってだろ!という発想になる」
という指摘。
これを聞いて、日本の博物館もどこも赤字だよな・・と思う。

2.「1リーグでJリーグも、欧州サッカーもやっているけど、なぜ、1リーグはダメなんですか?」と同席の学者さん(松原さん?)から質問。
これは、二宮さんの自論展開のダシにつかわれただけで、無視。
そうだ。1リーグと合併・縮小路線は別問題なのに、一緒に議論するとややこしくなるぞ。

3.よく使われる、アルビレックス新潟の観客増の話。
正直言って、年間ホームが15試合(その他、カップ戦でプラスα)のサッカーと70試合の野球を比べても仕方がないのでは?
15試合なら全部行っても出費は知れてる(といっても、ハンパな額ではないと思いますが)けど、70はね・・

それと、同時に地方移転も簡単に論じすぎ。僕は高松(四国・香川県)に住んでたことがあるのであえて言うと、田舎は都会の人が思っている以上に交通は不便です。
車社会になっているとはいえ、日本のナイター観戦の文化として「ビールを飲みながら」というのがあるわけでして・・・
というわけで、70試合近い興行をやるには、受け入れる地方自治体にも相当な努力が必要だと思う。

4.番組の最後に二宮さんが「古田が大石内蔵助になれるかですよ」と分かったような、わからないようなセリフをいう。

吉良上野介はナベツネというのは分かりやすくていいとしても、
浅野内匠頭はなんだ?
「野球そのもの」あるいは「ファン」といったところか?

で、どうなったらハッピーエンドなの?
posted by しけたろう at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『サンプロ』プロ野球問題特集

二宮清純ショーと化してたな・・・
1リーグ、縮小賛成派がいない中での議論なんで仕方がないけど。
(いのうとか、一部プロ野球OB)
田原さんが一歩ひいて、大谷昭宏さんがしきる感じ。

主な主張は、
1.「もっとパイを広げる努力をしろ」(むしろ、縮小より拡張)
2.「もっとファンに夢をもたせろ(アジア・チャンピオンシップ構想)」
3.「地域密着、還元を」(メジャーでは当たり前)
4.「リストラ」なのに経営実態を公開しないのはおかしい。
5.「1リーグにしろ2リーグにしろ、今の経営者のマインドが変わらないと苦しい。」

・・・といったところ。
1.1リーグ8チームの2リーグ制・・を提案する二宮氏。これは、トッピな話じゃなくて、正力さんが2リーグ制にしたときの構想。いまでもできるはず。
2.は1部で言われてる、韓国から2、台湾から1チーム参加させる・・・とかじゃなくて、この両国でもちゃんとリーグ戦をさせて、そのチャンピオンと試合をする・・というやつ。
3.これは、いままでもやってきたつもりかもしれんがまだまだ。せめて、はやく行けばホームチームの練習を見れるぐらいはしないとな・・。サインも子どもにはしろ!
でも、田口の日記を読んでても、メジャーはほんとチャリティーの活動が多いと思う。
4.公開したら、「合併・縮小納得」の数字が出そうで怖い
5.1番の問題だって

サンデー・モーニングは張本さんが1リーグ10球団支持。選手会を批判。とほほ。
大沢親分は「みなさんが言いたいこと言ってくれた」(スポーツコーナーの前に、プロ野球問題だけをとりあげる。浅井慎平さんや浅井信雄さん、中西哲生さんがコメント)とお茶を濁す。

選手は試合があるんだから、もっとOBが選手を支援する姿勢、変わりに戦ってやるぐらいの姿勢があってもいいのでは?

サッカーは川渕さんをはじめ、OBが努力して、今の選手に素晴らしい舞台を整えてあげることができたことを考えると、プロ野球(この際、学生野球での社会人野球でもいいけど)OBの無力さを感じずにいられない。

以下、合併がらみ
『サンプロ』番組中VTRでも出てきた、小林至さんと二宮清純
さんとの対談。小林さんはアメリカのデータも多く持っていてタメになる。
http://www.ninomiyasports.com/xoops/modules/news/article.php?storyid=2393

近鉄ファンのスポーツライター佐野正幸さんのホームページ。
ライブドアが出てきたころは、拍子抜けするほど静観している印象だったが、オーナー会議以降ヒートアップしてきた。http://www.bu-plan.co.jp(コラム参照)
posted by しけたろう at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月09日

小倉智昭@とくダネ!

とくダネトリオ

どれぐらい有名かは知らないが、フジテレビ系朝の情報番組「とくダネ!」で司会をしている小倉智昭さん(写真・中央)は熱狂的西武ファンとしてしられている。

秋田出身の彼は子どものころは巨人ファンだったそうだが、ライオンズが所沢にやってきたことと文化放送での仕事で球団を知り、選手を知りしていくうちにファンになっていったという。

いまでは、シーズンシート(年間予約)を買い、西武球場(ドーム)に近いという理由で練馬区に引っ越したとさえ言っていた。

その彼は、今回の合併騒動、オリックス、近鉄両球団のファンは気の毒だと思っていたが、それでも、やはり他人ごとの部分があったという。

今回、西武も合併の可能性の話が出てきて、ようやく我が身にふりかかってきたことと自覚したそうだ。

いわく、「西武が合併したら、オレ、ファンやめるかもしれない。」

もし合併したら25人のプロテクト。新人もこの中に入れるとなると西武の選手は10人ちょっとしか保護できない。

今年の西武は、松井の穴をうめつつある中島をはじめ、佐藤友亮、赤田、貝塚など若手が頑張って首位争いをしている。

「オレが育てた選手をバラバラにしてしまうのか!」

(ここで、笠井アナからツッコミが
「オレが育てたとまでいいますか。」
小倉「オレ=ファンってことだよ。選手はファンが育てるんだし、ファンはみんなそう思いながら見てるんだよ」
笠井「そういう意味ですか」)

かつて西武では秋山、工藤、石毛、などが大量にダイエーにうつった時期があった。
小倉氏はこのころ、工藤には頑張ってもらいたいけど、西武は攻略しないといけないというなんとも複雑な気持ちだったという。

こういう現象が各球団に散らばっていく。

そういう状況になるととても西武を応援していこうと言う気にはなれないというのだ。

野球に興味のなさそうな両サイドは例によって引き気味だったが、結構アツかった。
というか、この合併騒動の中聞いた最もアツイ、ファン代表の声だと思った。

このあとの番組内では、ヤクルトファンというコメンテーターの岩上安身氏も加わって
「どことどこが合併するのか」とか
「パの選手は巨人や阪神とやりたかったのでは」とか
「3軍は(社会人とりこみ)はいいアイデアかも」とか
そういう話をしていた。

岩上さんもあまり次はヤクルトかもという危機感は持ってないみたいだったな。

(写真・右の佐々木恭子アナはライブドア・堀江社長と大学時代同じゼミだったらしいです。)
posted by しけたろう at 02:22| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。