2006年08月23日

斉藤投手はルール違反ではないの?

今年は本当に甲子園を見る機会がなくて、斉藤にしろ、駒苫の田中にしろ夜のニュースでちらっとみたぐらい。
で、早実の斉藤が「ハンドタオルで汗を拭く」という情報もラジオかなんかで聞いて、「バスタオルで拭かないのか〜」とか思ってた。
当然ベンチでの話だと思ってたから・・

マウンドで汗をハンカチでぬぐう・・・というのは、なんでこういうやつが今までいなかったのかというと、それが反則スレスレだからだ。

ここのサイトにものっているが、
@投手板を囲む18フィートの円の中で、投球する手を口や唇につける
Aボールに異物をつける、または異物を所持する
Bボールや投球する手に唾液をつける
Cボールをグラブ、体、着衣で擦る
Dボールに傷をつける

ということが投手には禁止されている。

例えば投手は他の選手には許されている、リストバンドは禁止されている。

ハンカチはAの異物に該当する・・のではないでしょうか?

ハンカチにヤスリをしのばせて・・とはいわないが、あのハンカチが適度に湿った状態に保たれていて、斉藤君の指先がちょうどいい感じになっているということぐらいはあるんじゃないの・・・と思うんだが・・

ま、オレより野球に詳しい方々が大勢見ていて何も指摘してないようなので問題はないんでしょうね。

あの暑さで連投させている大会運営のほうが問題はありますが・・

>>
決勝、再試合ということで盛り上がったようですが、
大勢が集まって応援という映像をみていると
「犠牲フライで追加点」とか「スクイズ失敗」の場面では、会場の反応がばらついてるのが面白かった。

犠牲フライ→アウトになったけど点が入った?
スクイズ失敗→ランナーはアウトになったみたいだけど、打者は残ってて・・チャンスはつづくの?

みたいなね。やっぱり野球はルールが難しいね。

>>
斉藤投手はやっぱりすぐにプロにいったほうがいいでしょうね。
やっぱり今が旬というか、一番のびる時期に高いレベルで野球をしてほしいなと思います。

posted by しけたろう at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

高校野球関連トリビア

暑いっすね〜。
え?明日からもう甲子園ですか?明徳さんがいろいろあったり周辺騒がしいですが・・・

ちょっと行きかえりの電車の中でトリビアを思いついたんでご紹介。

それは

「12球団すべてに、春か夏の甲子園での優勝経験者がいる」

というもの。

はい、みなさん12球団答えられますか?

周りで野球通ぶってるやつを試してみましょう。

答えはクリック後
答えあわせ
posted by しけたろう at 23:32| Comment(1) | TrackBack(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

野球留学禁止というか抑制

http://www.nikkansports.com/ns/baseball/amateur/f-bb-tp5-050520-0031.html

まーでも、はっきり
「高校野球は興行なのだ!」と言ってしまえばいいと思うんだよね。

高野連としては、私立の野球エリートではなくでは公立の普通の高校生の「部活」が見たいんよ〜ということでしょう。

他のスポーツと比べれば分かることで、
田臥(バスケット)は神奈川から能代(秋田)に行ったし、栗原(バレー)は広島出身だけど中学は姫路の学校(兵庫)、高校は三田尻(山口)だしな〜。
そのスポーツを極める手段を狭めてどうすんだ?

高校野球が独自路線だということが分かるでしょう・・

「県外枠」を争う戦いとか出てくるのかな?
posted by しけたろう at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

はばタン増殖中

G040125219400205_vw.jpg


はばタン増殖中 国体マスコット、出演依頼が殺到

 二〇〇六年の「のじぎく兵庫国体」開幕まで、七日であと六百日になる。兵庫県内各地で開催準備が進む中、大会マスコットの「はばタン」が“増殖”している。
イベントなどで使用する着ぐるみは現在、県や市町などが計四十三体を保有。
(中略)
 製作費は一体三十九万九千円(税込み)と安くはないが、イベントを繰り返すよりは啓発費用を節約できる上、PR効果も大きいという。同局によると、昨年開催の埼玉県、今年の岡山県などではせいぜい十体程度の製作といい、「はばタン人気は予想以上」と上々の反応に目を細めている。


兵庫県以外の人は普通知らないと思いますが、来年国体は兵庫県です。(今年は岡山)
で、そのマスコットが「はばタン」。
不死鳥がモチーフです。震災からの復興とかけて。

しかし、いくら人気があるいうても、
43体は作りすぎやろ!

来年終わったらどうすんだ?

兵庫国体HP
(はばタン画像多数!)
posted by しけたろう at 00:44| Comment(5) | TrackBack(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

尾藤さん

センバツ出場校も発表された昨今だが、その話題はオイオイ書いていくとして、
ひとつ気になった記事を。

センバツ:
元箕島監督の尾藤氏、選考委で復帰


昨年5月以降、ぼうこうがんの摘出手術や腸閉そく治療などで6回も入院。その間、パジャマ姿で秋の和歌山県大会に箕島の応援に駆けつけた以外は、外出を控えがちだった。


昨夏、解説を聞けないと思っていたらやはり体調を崩されていたのですね。
春は甲子園にも行くということですが、解説者復帰はなるのでしょうか。

無理をなさらず、お大事に・・ってことで。
posted by しけたろう at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

駒大苫小牧の優勝で幕。

コマトマ

ついにやっちゃいましたね。
勝って泣き、負けて泣き、
5万2000の観衆も自然発生的、スタンディングオベーション。

いや〜、スゴイ試合でしたね。
両チーム2ケタ得点の決勝は史上初とか。
一言でいえば、乱打戦なんですが。
でも、低めの変化球を打つ技術がありますし、
長打を出す技術もあるわけで、
試合としては面白いのひとことですよ。

駒大苫小牧の監督さんはのってる打者の嗅覚がきいているというか、1死後の犠打もことごとく得点に結びつけたような。

結局、甲子園って判官びいきなんですよね。
阪神タイガースの地元だけあって。
済美にとって、春夏連覇の仕上げの相手としては、最悪の相手だったような。
常連校ならああいう雰囲気にはならないですよね。

解説には、星稜高(石川)の山下監督が来ていたんですけど、
「雪と雨はやったもんじゃないとわからないと思います」
の言葉は重かったですね。
石川県も優勝はまだなので頑張ってください。

しかし、結局、駒大苫小牧は大会最高打率(0.448)ですか。
日大三高の記録を更新だそうで。
ほぼノーマークだった学校が甲子園で「化ける」。
これも甲子園の魅力ですよね。

鵜久森くんが最後のバッターになりました。
ダルビッシュも最後のバッターでしたが・・。
鵜久森くんの春夏5本塁打は、ドカベン・香川にならぶ記録だとか。
プロ入りするんでしょうか?


posted by しけたろう at 22:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月21日

甲子園・いよいよ決勝

決勝は済美対駒大苫小牧
になりました。

やっぱり、ここまでくれば、駒大苫小牧に勢いで優勝してほしいかな。

しかし、どうなんでしょうか、東北地方の方々は。北海道に先を越されるのは・・・
な部分もあるでしょうかね。
昨年の東北、01年センバツの仙台育英、89年仙台育英など、69年の青森・三沢から準優勝の歴史の積み上げがありますからね。

北海道も昭和38年のセンバツで準優勝というのがありますが。(下関商10−0北海)

済美不利データとしては、上甲監督が甲子園で北海道代表に勝ったことがない。というのがあります。
(宇和島東時代)
94年 対北海2−6
97年 対函館大有斗 1−4

ま、これはともに1回戦なんで・・

それから、
「春夏連覇を狙って、決勝まできたのに決勝で負けちゃった」
というパターンはあるでしょうか。

探せばあるもんです。
昭和7年の松山商、
昭和38年の下関商
がそうです。

下関商はあの池永正明が2年生のとき
http://www.chugoku-np.co.jp/sports/shinseiki/shinseiki-2/010215.html

でも、済美も頑張ってほしいですよ。
福井投手はここまで4試合完投。
最近では珍しいのでは?

春は東北戦で一イニングだけ藤村投手が投げてるんですね。
全試合完投で春夏連覇だと、大偉業だと思いましたが、惜しいです。
(春夏連覇、ともに初出場で、でも十分偉業ですが。)
posted by しけたろう at 16:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校野球ベスト4

千葉経済大付(千葉)−済美(愛媛)
駒大苫小牧(南北海道)−東海大甲府(山梨)

この4つを当てられた人はまずいないだろうという組み合わせになりました。
また、準決勝の組み合わせが面白く、
決勝では「初出場、初優勝」か、「未優勝県の初優勝」のどちらかが達成されることになった。

まず、初出場、初優勝から。
直近の初出場、初優勝(夏)は、1991年の萩原誠らを擁した大阪桐蔭、
その前は、今回の千葉経大付の松本監督の桜美林(1976年)までとびます。

センバツはもう少しありまして、
今年の済美の前は、1995年の観音寺中央(香川)、
1988年宇和島東、1985年伊野商(高知)、1984年岩倉(東京)・・などがあります。

未優勝県の優勝について
山梨、北海道とも春、夏ともに優勝したことはありません。

最近の未優勝県の優勝は、平成11年(1999年)の春、沖縄尚学、夏、桐生第一、
1996年春の鹿児島実、1994年夏、佐賀商などです。

東海大甲府、山梨県勢の夏のベスト4進出は1985年。山口県の宇部商に破れております。(6−7)
春は1990年、1987年にベスト4です。

ちなみに千葉県勢も優勝となると久しぶりで、1975年の習志野までさかのぼります。
春は優勝がありません。

その間の準優勝は
(夏)
2000年東海大浦安、
1992年拓大紅陵、(ロッテ→阪神の立川在籍)
(春)
1995年銚子商(ロッテ、澤井在籍)
1981年印旛

です。

posted by しけたろう at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

ベスト4の2校

済美
前々回(高校野球カテゴリー)で書いた、上甲監督の対愛知の相性は生きていた。

2年生エースが頑張って、愛媛というと平成8年優勝の新田浩貴の松山商を思い出す・・。
ファーストが今井、ライト矢野の奇跡のバックホームなど。

駒大苫小牧
大番狂わせ・・といいたいところですが、18安打、6得点は実力でしょう。
76年ぶりベスト4。

念のため書いておくと、道産子100%っていうのもスゴイですね。(監督は佐賀のようですが)

駒大苫小牧というと昨年の雨天ノーゲーム。
8−0から4回で、ノーゲームになったのでした。

雨天ノーゲームといえば、樟南。福岡と田村のバッテリーのね。
93年の3回戦で対常総4−0までいって、ノーゲーム。
再試合は0−1で敗れたのでした。
で、その翌年、準優勝。

このできごとからちょうど10年。
歴史は繰り返すか?
準優勝じゃしょうがない、こうなったら、優勝してほしいです。

posted by しけたろう at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベスト8決定。

そうそう、高校野球もやらないと。

東海大甲府がサヨナラホームランで勝ちました。

これで、ベスト16に残ってた「東北」勢3校が全滅。
こうなったら、駒大苫小牧に「白河の関越え」どころか
「津軽海峡越え」めざして頑張ってもらいましょう。

で、決まってなかったカードが
東海大甲府(山梨)−天理(奈良)になりました。
山梨と奈良の対戦は過去2回で、ともに奈良が勝ってます。
奈良は2回とも天理です。
東海大甲府−天理のカードも
平成4年の3回戦以来。
そのときは7−4で天理でした。

※それにしても、3回戦1試合の興行というのは思い切りましたね。
3回戦と準々決勝の連投はさせないということなのでしょうか。

posted by しけたろう at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月17日

ダルビッシュ、雨に散る

横浜−明徳
強豪同士のすばらしい試合。

東北−千葉経大付
まさかのアップセット。
結局、点が取れなかったのが全てか・・・。
そういう意味では松本投手はスゴイ。
打線もボールをよく見ていって、ねちっこくいっていた。
決勝タイムリーの河野くん。公式戦初安打がダルビッシュってスゴイ。
こういう選手がでると、波に乗りそうな気がする。

詳しくは、『熱闘!甲子園』で・・・って朝4時半からって、おい!

一試合順延になったので、対戦の決まった3試合。

中京大中京(愛知)−済美(愛媛)
さすがの伝統校を感じさせる勝ちあがりっぷりの中京大中京。
愛知県勢がここまで、勝ちあがったのは、98年、古木(横浜)を擁した豊田大谷のベスト4以来、6年ぶり。(2校出場だった)
一方も愛媛勢は、96年全国制覇、01年、02年とベスト4である。
愛知対愛媛という点では、済美、上甲監督の相性のよさを見逃せない。
宇和島東がセンバツ初出場初優勝の決勝の相手が東邦(6−0)。
そして、今年のセンバツ、決勝の相手が愛工大名電。(6−5)

夏は愛媛の2勝3敗。

横浜(神奈川)−駒大苫小牧(南北海道)
北海道勢としては、95年の旭川実、南北海道としては94年の北海以来のベスト8。
北海は優勝した佐賀商に負けた。
神奈川は3戦3勝で、まだ北海道に負けていない。

修徳(東東京)−千葉経大付(千葉)
東京と千葉の対戦は夏、東京の1勝3敗。
直近は2000年の東海大浦安−日大豊山(6−2)
東京唯一の勝利が、今回、千葉経大付監督の松本吉啓さんが桜美林の投手として、全国制覇した1976年の準々決勝、銚子商(4−2)というのは、因縁か?
posted by しけたろう at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

2回戦終了〜

というわけで、3回戦組み合わせ。

日大三(西東京)−駒大苫小牧(南北海道)
夏は東京の2勝1敗。
駒苫は北海道としては、スケールの大きなチームだなと思いました。
修徳(東東京)−酒田南(山形)
東京は山形に2戦2勝
山形は勝てば初のベスト8。
済美(愛媛)−岩国(山口)
夏、愛媛は山口に2勝1敗
浜田(島根)−天理(奈良)
島根の2戦2勝。
2校とも奈良は天理。
浜田−天理も過去1回あって、昭和54年(1979年)2回戦浜田4−2天理。


中京大中京(愛知)−東海大翔洋(静岡)
夏、愛知の3勝2敗。
夏の愛知、静岡対決は昭和29年(1954年)決勝
中京商3−0静岡商以来。
横浜(神奈川)−明徳義塾(高知)
来ました!
高知と神奈川自体は夏、高知の4勝1敗。
横浜−明徳は
松坂、寺本の98年
7−6で横浜。
03年(昨年)春
8−4で横浜。
と横浜連勝中だが・・
東北(宮城)−千葉経大付(千葉)
夏は千葉の3勝1敗。
宮城唯一の勝ちは、1980年の3回戦。東北7−0習志野。
東海大甲府(山梨)−聖光学院(福島)
山梨、福島は全くの初対戦。
福島県勢が甲子園で2回勝ったのは、2000年春の福島商以来。
夏は1983年の学法石川以来。
ベスト8なら1975年の磐城以来。


ここまで残って、ベスト16なわけですが、
九州勢は全滅。(北海道1、東北3、関東5(山梨含)、東海2、近畿1、中国2、四国2)
・・・と東高西低状態です。

きのうあたりから、随分締まった試合が増えてきました・・

※今年は、「体に当たっても逃げてないから、死球じゃない」ってのが、何度かありますね〜。
やっぱり、キヨハラ効果?

※あいかわらず、ブラスバンドの応援は古い曲が多いですが。
『タッチ』とかでもその辺に生まれてるんですよ、今の高校生。
今年、新しい(というか目新しい)のは、
大塚愛の『さくらんぼ』と
『ウィ・ウィル・ロック・ユー』ですかね。
posted by しけたろう at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月14日

恐るべし2年生&1年生

13日の試合
浦和学院−中京大中京
勝ちゲームでは必ずやるのか、浦和恒例の「意味不明」継投が7回に行われた。
(一度、外野から試合を見つめなおす?意図があるそうだが)

で、8回表。
1死から。飛び出しました、4番中村翔の同点2ラン。
これで振り出し・・・、というかムード的には中京大中京。

8回ウラ。
先頭打者2ベース。犠打。死球。敬遠四球。で1死満塁。
ここで、サード正面。5−4−3の併殺。
このケースで本封にいかず、5−4−3の選択は機転なのか?たまたまなのか?

9回表。
先頭打者2ベース。犠打。と、8ウラの裏返し。
ここで満塁策。敬遠四球×2。
しかし、状況が違ったのは3番に回ってくること。
浦和としては、3番が1年生小川だったことを甘くみたのか。

小川は鮮やかに左中間に弾きかえして、走者一掃2ベース。
結果的には「1点を怖がって、大ヤケド」という結果になってしまった。

3番、4番が1年、2年の中京大中京。波にのりそうな逆転勝ち。
浦和はあの継投って、ちょっと緩むんじゃないか?という気がした。
特に、10番がちょっと可哀想なような。
今成は好投していただけに残念。
posted by しけたろう at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月13日

鵜久森vs佐藤

秋田商vs済美

「まさかの先制」
これが、佐藤の投球を微妙に狂わせたようだ。
「ウチの打線は弱い」
その認識が強すぎたのか?
2回にも追加点をとったあと、ミス、力みから5失点。
「3点差は絶望だ〜」
そんな表情も見えた。
監督も本調子でない佐藤にイラつき気味。

結果的には8点とった秋田商。どこかで切り替えが出来ていればな〜と思わずにいられない。

タイトルの対決は4回ウラ。
3−5と秋田商がつめよった場面だった。
リードされ、佐藤に本来の投球がもどりつつあるか?と思わせたイニングだった。

ベンチから
「外角にはずせ」の指示。
これがたびたび映されるのだが、カウントごとの指示なか、打席全体の指示なのかはわからない。
それが、「歩かせろ」なのか「くさいトコついていけ」なのか・・
ともかく、捕手は内角に構えた。

鵜久森はみごと、左翼席に放り込んだ。
最近、注目のスラッガーが額面どおりの実力を発揮できずに甲子園を去るケースが多いだけに、
この場面、この相手からの素晴らしいホームランにただただ感心・・という場面だった。

それにしても、実力発揮といかなかった・・とはいえ、
速球140キロを常時越える投手をいとも簡単に打ち崩した済美。
改めて、センバツ優勝がフロックでない実力をみせつけた試合だった。
posted by しけたろう at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月11日

PL−日大三

PL負けました。
18安打、8失点。1番には6安打も打たれ、4番にも1発放り込まれ、完敗の部類ですな。
PLの初戦敗退は30年ぶりだそうで。
僕の期待とは逆の意味で「歴史」を作ってしまいました。

それにしても、あらためて、大阪や兵庫のチームは「ドホーム」でできるんだな〜という感じですね。
観客の8割がたが、「逆転のPL」を信じるあの雰囲気。
日大三もやれやれという感じですな。

この試合、ABCのインターネット中継で見てたんですが、
解説が如水館の迫田監督でした。
元・広商監督の名将ですな。

この解説が結構面白くて、高校野球にしては珍しく辛口で、采配に疑問を呈する場面が多かったです。
・投手交代。(2番手、中村圭はホームラン以後は明らかに同様。調子もよくなく、外野に投手を残したのに・・・)

・9回に当たってる、1番、4番とまともに勝負に行って失点のシーン。
・・など。

この解説のせいか、確かに采配で物足りなかったな〜と思ってしまった。

個人的にも中村圭続投→三年生と心中、
9回の控え代打(県大会出場なし)といったあたりに、
「PLも普通の高校になったな〜」という印象をもった。

迫田さんも「あのPLがなにやっとんじゃ!」という苛立ちもあっただろう。

まあ、結果的には、今岡と同期という藤原監督がまだまだ若いということだろう。
監督がどのぐらい試合を支配すべきか?というところにまだ、葛藤があるような気もする。
だれを避けて、だれと勝負するかぐらいは、バッテリーで決めろよ、という気もするし。
そこをちゃんと支持するのが強いチームなのかやっぱり。

もうひとりの最年少監督は鈴鹿の笠原監督。どんな采配をするか。

でも、ABCの解説の監督は今日ぐらい言ってくれたほうが面白い。
帝京の前田監督あたりにも期待しよう。

※献身的にワンバウンド止めるPL後路捕手に感動。

posted by しけたろう at 23:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1回戦終了〜

きょうの2試合めで1回戦終了。
2回戦のこりの組み合わせ。
7日目
福井(福井)−天理(奈良)
福井と奈良の対戦は春夏、1回ずつ。
1勝1敗。(夏は奈良1勝)
浦和学院(埼玉)−中京大中京(愛知)
春は愛知が5戦全勝。
夏は1勝1敗。

8日目
東海大翔洋(静岡)−岡山理大付(岡山)
春は静岡の1勝3敗
夏は静岡の3勝1敗
横浜(神奈川)−京都外大西(京都)
夏は3勝3敗だが、横浜高は
96年夏北嵯峨、98年夏京都成章、00年夏鳥羽、03年春平安と対京都4連勝中。
熊本工(熊本)−明徳義塾(高知)
春は高知の5戦全勝。
夏はなんと初対戦。
遊学館(石川)−東北(宮城)
春夏あわせて、対戦は1回だけ。
平成9年の1回戦で仙台育英5−4金沢。

9日目
千葉経大付(千葉)−富山商(富山)
春は富山が1戦1勝(新湊で)
夏は富山が2戦2敗。
東海大甲府(山梨)−佐土原(宮崎)
春は対戦なし。
夏は1勝1敗
市和歌山商(和歌山)−聖光学院(福島)
春は和歌山1戦1勝
夏はなんと福島の2戦2勝
posted by しけたろう at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月09日

なつかすぃー

包拳礼

きのうの横浜−報徳。
横浜3点めのホームを踏んだ選手がちょっとだけやりました。

なつかし〜

一時期、イチローが好んでやってましたね〜

といっても元は中国武術のあいさつですけど。

アドバイス。
これは包拳礼といいまして。
右手の拳を左手で包むと。
拳を「日」、掌を「月」にみたて
相手から見て「明」となるようにするようです。

右左、間違えないよう気をつけて!

posted by しけたろう at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校野球雑感〜1

もうオリンピックモードに片足突っ込んでおりまして。
NHKのサッカー五輪代表のドキュメントを見ておりました。

その中で、山本昌邦監督がこんなことを言っていました。

オリンピックは日程がキツすぎて、とても、ベストな状態でパフォーマンスできる大会じゃない。

だから、決して、サッカーの技術で優劣が決まる大会じゃない。

ギリギリの環境でどこまで自分の持っているものが出せるか。「人間力」が問われる大会だ。

・・・これって、甲子園の高校野球にも同じようなことがいえるような気がしました。
「人間力」が問われる大会。
これこそが、野球が「野球道」的な道にすすんだ要因なのかな?と。

それはさておき、高校野球は監督、つまり大人がサインを出します。
この光景、うまくやってるときは、
「選手の力量を把握して、両者に信頼関係があるのですね。すばらしい!」というふうに見えるのですが、
ヘタをすると、
「黙って、オレのいうとおりにやっとれ!勝たせたるから!」と傲慢な態度に見えるときもあるのです。
こう見える場面はホントにヘドが出るほど嫌いな場面です。

昨日の、京都外大西−日本文理。
9回1点差負け。1アウト1塁。
ここで、7番バッターはバンドを命じられます。
8番のところでは、代打を準備しています。
しかし、バンド失敗。追い込まれました。
サインはスリーバンド。
・・・失敗。

結果的には8番のところで、代打をした打者がヒットを打って1塁・3塁。
9番が倒れて、ゲームセットとなりました。

7番打者のところ。
スリーバンドまでさせる場面なのか・・

そんなことを考えた試合でした。
posted by しけたろう at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月07日

なんと優勝予想をします。

きのうのベスト8予想でもかなり無謀なのですが、今日はさらに優勝予想までやってみたいと思います。

きのうの日記はメールから送ったので詳細ないいわけを書いていません。
というわけで、まずそれから。(青森山田に関しては今日の感想)

青森山田
いきなり負けました。
延長12回の好ゲームでしたが・・・。
主戦左腕の柳田くんは千代大海を思わす面構えで、闘争心にじみでてました。
80回大会の桐生第一も開幕ゲームで延長の末破れて翌年、優勝しています。
青森山田の「物語」の序章にしたいところ。
2年生中心のチームだし。
天理の2番手柴田くんは長身(188センチ)とフォークボールでストライクをとってくるということで、
なかなかやっかいな投手だなという印象。

浦和学院
このブロックは難しくて、このブロックに入った8校ともプロのOB(前身含め)を出しています。

横浜
もちろん報徳に頑張ってもらいたいんですが・・・すみません。
このブロックは順調にいくと明徳vs横浜が3回戦にあります。
明徳にも熊工という関門がありますが。

東北
とりあえず、話題で。

市和歌山商
ここも難しい。一応、好投手がいるということで。

PL
初戦がカギ

鹿実
ここは、「九州が入ってないじゃないか!」ということで、いれてしまいました。バランス感覚が働いてしまうのよ。
中部商でもいい。
「4番・サード・長嶋」のいる修徳か?(しかもカズシゲ)

済美
あの校歌は一回でも多く。


では、優勝予想。
最近の優勝校(夏)を見ていると智弁和歌山あたりから、甲子園常連校が悲願達成!というのが多いような気がする。
ウラを返せばポッと出の初出場、初優勝などは難しい雰囲気だ。

戦力的には、強打、2枚看板が必須?

あとはストーリー
昨年の木内監督最終年の常総とか
松井の日本最終年(結果的に)に5連続敬遠の明徳とか
あとから考えればよくできた話というのがママある。

今年、この手の美談に持って行きやすい筆頭は横浜だ。
なんといっても、監督が脳梗塞で倒れている。
これで、優勝すれば・・

その次はPL。
いまの3年生の代から、PLには体育コースがなくなっている。
(その前の年の不祥事が原因)それでも、PLに入ってきた選手たち。
新しいPLの時代の幕開けだ〜!というくくり。
府大会・準決勝で8点差大逆転を演じているのもポイントが高い。
最後に優勝したのは1987年で、大阪自体も1991年の大阪桐蔭以来優勝していない。そろそろ来るだろ!

あと、オリンピックも外せない。
浜田、県岐阜商、報徳、明豊などもOBをオリンピックに送り込んでいるわけだが、二人入ったのはPLだけ。しかも、一人はキャプテンだ。

ちなみにサッカー代表にOBを送り込んでいるのは鹿実(那須、松井)と東北(今野)。

最初の常連校に風・・というのは、浦学や尽誠があてはまると思うし、
当然、東北も入る。

東北はストーリーという点でも、
昨夏の決勝敗退。
センバツのノーヒットノーラン、真壁のサヨナラ被弾と、
十分すぎるほど、ストーリーの積み上げは出来ている。
いわば、3部作の3本目というかたち。
壮大なクライマックスを迎えてほしいもの。


・・・というわけで、結論
◎東北、○PL、△横浜、▲浦和学院にしてみました。

(全然、戦力分析を加味してないところが我ながらすごい)


posted by しけたろう at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月06日

8強予想

明日から甲子園!ということで。
やってみました。8強予想。
全然根拠ないですけど。

青森山田
浦和学院
横浜
市和歌山商
PL
鹿児島実
済美
東北

posted by しけたろう at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。