2005年10月07日

パ・リーグプレーオフ展望

明日から、プレーオフということで軽く展望でも書いて見ましょう。

しかし、今更「5割以下のチームに優勝の可能性があるとは・・・」とか言ってるヤツにはホント、あきれるというかなんというか・・
別に3位が5割を切るなんてことは、そんなに珍しいことじゃないんだから、そんなことは、折込済み、「想定の範囲内」ってことでしょう。


ま、こんな心配をするのも3位になったのが、西武だからで、
やはり黄金時代の伝統、松坂大輔、西口文也、のネームバリュー、勝っちゃうんじゃないの〜
という匂いをぷんぷん匂わせる。

ただ、正直9月にもう少し追い込んでくるかと思ったが、それもなかった、
結局、シーズンと同じように大事なところでミスがでるのではないだろうか?と思うのだが。


あ、結論を先に言っちゃった。

とはいえ、3試合の2勝でいいという超短期決戦だけに何がおこるかは分からない。

打線を考えると、これはどちらもバチッとスタメンを当てるのは難しい。
西武のほうは結局戦力的に整わなかったという側面が強いが、ロッテのほうは非常に柔軟にシーズンを戦ってきた結果である。

というわけで、ダレがキーマンとか言ってその選手が出ない可能性もある。

昨年を思い出してみると、こういうビッグゲームには異常なアドレナリンが出る外国人に注目だ。

といっても、西武のほうはカブレラは出ない。(手首を故障しているとか)これは痛い。なんてものではない。
もうひとりのフェルナンデス。シーズン中は波がありすぎで、この人も低迷の原因のひとつだった。プレーオフで復活なるか?


ロッテのほうは、ベニーが心配。とにかく結局シーズンで13本の本塁打、打率も2割7分で終わってしまった。7月から本塁打0。ベニーが復活するかどうかがカギのひとつ。
フランコはそこそこやりそう。
イ・スンヨプは大活躍か全然ダメかどっちかのような気がする。

個人的にサブロー4番というのは非常に面白いとおもう。バーニー・ウィリアムズが4番を打ってたことを考えればメジャー流では奇策でもなんでもなく、金本がそうであるように4番に足があるというのは、下位のつながりを誘発する要素でもある。
(サブロー、8月3割9分5厘、8本塁打、9月3割6分8厘2本塁打)

投手のほうではめざましテレビの情報によれば、渡辺、小林宏、セラフィニでいくという。
エースの清水をとばしたというのに、感心した。
日本人監督なら、とりあえずエースをみたいなことになりやすい。ま、成績で選べばこの3人なのだが、なかなかふん切れないものでしょう・・

というわけで、投手戦が予想されますね。松坂はひょっとすると日本で最後という可能性もなきにしもあらずですので、1球1球目に焼き付けましょう。

posted by しけたろう at 22:13| Comment(4) | TrackBack(2) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

劇場開演?!

image/siketa6-2005-09-14T21:18:34-1.jpgコバマサ登場!
posted by しけたろう at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさかの継投

image/siketa6-2005-09-14T20:06:31-1.jpgなんと小野
posted by しけたろう at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真っ黒け

image/siketa6-2005-09-14T19:43:10-1.jpgロッテリード
posted by しけたろう at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内野練習中

image/siketa6-2005-09-14T17:38:00-1.jpgimage/siketa6-2005-09-14T17:38:01-2.jpg練習中です
初芝もいます
posted by しけたろう at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

ロッテ12連勝

きのうとはちょっと違った視点で。
「なぜ、開幕前に躍進を予想できなかったか」というあたりから。

投手はいいと思っていたけどやはり野手が問題だということだと思った。
外国人は同じ顔ぶれなので、大きく変わることがあるとすれば、若手のばってき。
西岡と今江をどこまでガマンして使うのか・・
そして、二人がどこまで期待に答えられるか・・というところがカギだと思っていた。

昨年の中島やそのまえの川崎あたりのインパクトを残せれば面白い(どちらかひとりでも)
と思っていたら、
二人とも今のところ頑張っている。そこが主要因だと思う。

考えてみればこの二人は
立川、サブロー、澤井、渡辺などの「高校生野手上位指名」の失敗(少なくとも成功ではない)にめげず、しつこく獲り続けた結果の産物だけに感慨もひとしおだろう・・

あとは外国人の変身。特にフランコとセラフィニ。
今年のフランコはさすがメジャーという感じはあるし、
セラフィニは阪神ともめて帰国後、巨人入りしたときのメイのように
「あれ?こんなによかったっけ?」という感じだ・・

投手はいいのは分かっていたが、
清水、小林宏、渡辺、セラフィニ、小野、加藤、久保
というところが先発ローテだが、
小林、渡辺は4位、小野は6位と下位指名からもローテーション投手が出ているのが面白い、最近は珍しいような・・
(ヤクルトは、藤井、石川、館山、川島がいずれも逆指名・自由枠、高校生入団の高井はドラフト1位)
それでも
山崎(広島→)、高木(オリックス、ヤクルト→)とかがまだ投げてるんだからな〜。

捕手・橋本は、宇和島東出身で、
一つ先輩が平井(中日)、一つ下が宮出(ヤクルト)さらにひとつ後輩が岩村(ヤクルト)という関係。
先輩、後輩に比べると地味な活躍だったが(宮出はにたようなものか)今年は一気にとりかえすだろうか?

<巨人>
佐藤が3被弾で負け投手になったが、いきなり抑えは・・という部分もある。
でも、大事なところで使ったほうがいいと思う。
抑えは前田がいいんじゃないか?今の陣容なら・・
経験もつんでるし
岡島がなんか不調のようだけど、あれぐらい経験をつんでいる投手がなんで?という気がする。

清原、高橋由不在で阿部が5番に。
7番を打ってたほうが不思議な成績で、「捕手だから」という以外に理由はないのでは?
正直、阿部と二岡を子ども扱いしすぎているのが不人気の原因だと思っていて、
阿部は岩村と同じ年、
二岡は赤星、多村と同じ年ということを考えれば、チームの顔としてもっとチームを引っ張ってもいいはずだ。

仁志を休ませて変わりに使う若手はいないのか?(岩館とか長田とか?)
キャプラーの替わりに清水が出て打っても、「あーそう」と言う感じしかない。
世間的には無名な選手が出てきてチームのムードを変えてほしいところ。

古い話だが、藤田マジックで緒方、井上を使ってたみたいな感じの・・

イースタンも6位(7チーム中)では難しいのか・・
日ごろから育てておかないとな〜





posted by しけたろう at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強いよロッテ。

CIMG0806.JPG

1995年のバレンタインについて書かれた本
最近読みましたよ


強いね〜ロッテ。
バレンタイン采配を見てるといろいろ面白いな〜と・・

・まず、バレンタインの特徴ってのは、
「ダレがリーダーなのかはっきりさせたい」というのがあると思う。
それで、
「自分の力で勝たせている」というのを誇示したいというのがあると思うのだ。

・言ってみれば、星野監督に投手起用は投手コーチに打順も打撃コーチに任せて、責任はオレがとるというタイプじゃない・・ような気がする。

・でも、考えてみるとメジャーの監督というのはGMとの役割分担があるので、日本の監督より権限は少ない・・

・例えば、有望若手がマイナーに現れたとして、そいつを来季からメジャーに抜擢するかというのは、GMの仕事で、そいつのためにベテランを放出したりポジションを空けたりしている。つまり、そういうことは「チーム方針」であって監督の裁量ではない・・

・監督の技量は「ゲームのなか」のみだと思う。

・メジャーはよく選手を休ませる。選手に「いかにベストのパフォーマンスをさせるか」というところに重点を置いているような気がする。

・それに、プレーオフにむけてチームの選択肢をふやしといたほうがいい。

・そんなわけで、松井が何番とか、そんなに深い意義はないでしょう・・

・バレンタイン采配の特徴(かなり個性的)は・・
・西岡の使いかた
・捕手を固定しない

というのがあると思う・・

西岡のように、セカンドとショートをいったりきたりしながら、好成績を残しているのは非常に珍しい。
これはいくら何でも固定したほうがいいだろう・・
小坂、堀と3人で2ポジションを守ってるわけだが、結果的にはこれがよい競争となっている・・

捕手も完全に打撃優先で選ばれた二人(里崎、橋本)だが、
別に相手の投手の左右で選ぶわけでも、自軍の投手との相性で選ぶわけでもない・・(ようにみえる)
当然打線も固定しない(する気もないだろう)
4番を打った里崎があっさりはずされることもある・・

あと、大量得点差がつけばあっさり主軸を交替させる。
これが西岡から小坂という守備固めがある。
ようするに、「年功序列」ではないということだ。

さらなる特徴は「3イニング投げたら何点差でもセーブがつく」という規定があるのだが、これをたびたび使うこと。
3イニング投げさせると次の試合で投げられないわけ(疲労で。無理ではないが)だから、日本ではあまりやらない。

投手陣がいいとは言われていたが先発全員の完投能力が高いのがいい。
中継ぎも山崎が一番多いぐらいだったはず。
よその中継ぎ頼りすぎ傾向とは違うはず・・

もちろん、打者は今が出来すぎの感の選手が何人かいるので、このままいくかは微妙だが、
「プレーオフ」はまず間違いないでしょう・・

そうなると、ボビーの対王の相性のよさが発揮されるのでは・・と思う。
(95年は21勝5敗でロッテはダイエーに勝ち越し。
04年も勝ち越し。
86年の日米野球でも(ボビーはコーチで来日)米の圧勝。)

posted by しけたろう at 00:02| Comment(0) | TrackBack(2) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

U−23

今日は、ロッテと巨人の試合を見ていたら、
西岡を1番、今江を8番に起用。外野は全員外国人という偏った起用だった。
西岡と今江はあわせて3打点の活躍で、
これが開幕仕様の打順なのかと思ったら前日は全然違う打順を組んでいて
どうなるのかわからない。
でも、堀を使わないわけにはいかないと思うのでどうするのやら。
西岡、今江もオープン戦全体では数字が残ってないし・・

しかし、まぁ、なんとなくだが、パ・リーグは若い野手が多いような印象が残る。
二強の西武とホークスに中島と川崎がいるのが大きい。
松坂世代より下だからな〜。

セ・リーグの(マスコミ的)2強の巨人と中日にはここまで若くてレギュラーを貼ってる人はいない。
巨人のレギュラーで一番若いのは阿部で79年の早うまれ。
中日も荒木は若そうだけど、77年生まれで福留と同じ年。

阪神も優勝のころは赤星、藤本が若いと思ったけど落ち着いてきていて(76年と77年)、鳥谷がレギュラーを獲ると若返るな〜

ヤクルトは岩村が一番若い。(79年早うまれ)
青木のレギュラーダッシュが望まれる。ルーキー田中ももしかしたらレギュラーとるかも。

広島は石原が79年生まれ。尾形が78年。嶋は76年。
横浜は松坂世代が山ほどいて、その下は内川(82年)と吉村(84年)が有望株・・

そんなわけで両リーグ81年生まれ以降でベストナインを組んでみた。
一応オープン戦でよく使われていた人優先

投手
岩隈(楽天)
捕手
領健(ソフB)
内野
西岡(ロッテ)セカンド・ショート
中島(西武)ショート
川崎(ソフB)ショート
中村(西武)サード・ファースト

今江(ロッテ)サード
外野
迎(オリックス)
坂口(オリックス)
栗山(西武)


投手
大竹(広島)
捕手
米野(ヤクルト)
内野
鳥谷(阪神)
内川(横浜)
吉村(横浜)
森岡(中日)

畠山(ヤクルト)
田中(ヤクルト)
外野
青木(ヤクルト)
桜井(阪神)
末永(広島)

・・・という感じでしょうか?

パの外野なんかもう少しいるような気もするが・・
大島とか高山とか西武にもう少しいそうだけど、
上のポジション争いが激しすぎてあんまり出られないようだ・・


ヤクルトはルーキー・田中がけっこうやりそうな気配。
守備優先みたいな前評判に対して、「打もある」という感じ。
HRも出たし・・
大学でも1年から試合に出てるみたいだし、
「適応力」(マリナーズ・長谷川がよくいうような)が高いんじゃないかという気がする。

posted by しけたろう at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月28日

謎の人事

バレンタイン監督28日帰国、知人見舞いで

バレンタインさん帰っちゃったのか〜。
それも見舞いて。
いてもいなくてもあんまり変わんないのかな?

それよりも、疑問なのはこちら

高橋慶彦氏、ロッテのコーチ就任

選手の補強が無理なら、コーチだ!ってわけでもないでしょうが。
半年で何ができる?というのは素朴な疑問だが、意識を変えるなら一日でも早くというのも正論だ。

ヨシヒコとロッテで「古巣復帰」と思い出すまで時間がかかりますね。
現・2軍コーチの高沢とトレードがあったのでした。

それにしても、私の記憶がたしかならば(って古い)、ヨシヒコ氏は王監督初期にダイエーの走塁コーチを引き受けて以降、退団後も九州方面に拠点をもって評論家活動をしていたはず。

うがった見方をすれば、来期、合併後の潤滑油として期待・・・
ってことはないだろうな!
posted by しけたろう at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月02日

高畠康真さん死去

高畠康真さん死去

岡山南高−中大−日鉱日立−南海(68D〜72引退、73〜77)−ロッテ(78〜88)−ヤクルト(90)−ダイエー(91)−中日(95〜97)−オリックス(99〜01)−ロッテ(02)

個人的には、野村克也監督がヤクルト就任のときに、唯一、自分の人脈で連れてきた人、というのが印象深い。
だから、今度ばかりはお葬式にも出るでしょう、野村監督。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by しけたろう at 05:38| Comment(0) | TrackBack(1) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月18日

ジョニー復活

黒木復活登板。
正直、桑田並の「儀式」を期待してたけど、脱帽&礼だけでした。

涙の復活勝利はおあずけ・・
投げ合った岩ちゃんにもっていかれた・・

ロッテはこれで10連敗か。
95年の時と比較すると、リーダーになってくれた
「本物メジャー」フリオ・フランコの存在の有無は大きいような。

あの年は、野手はフランコとインカビリア。投手はヒルマンを連れて来たのでした。
そこそこ及第点だったホール(→中日)、ミューレン(→ヤクルト)を追い出したのも今年と似ている。

インカビリアは全然だめだったけど、メジャーでの実績は十分。
今年来た、アグバヤニやマット・フランコのような中途半端な選手(レギュラー定着ができない)ではなかったようだ。
結局、9年前は日本で結果を出すため本気で選んで来たということでしょう。

2000年のWシリーズメンバーだと、ヴェンチュラとかジールぐらいの実績の選手は呼んでおくべきだったのではないか・・と思うのだが。
いまから、これぐらいの選手補強できるようだと見直すけどな・・
posted by しけたろう at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月02日

サンデーユニ

サンデーユニ

http://www.so-net.ne.jp/marines/topics/detail/20040402000632.html

これは、どうみても新撰組・・(の影響?)。
ロッテファンの一部は、小坂「誠」にひっかけて、すでに、新撰組風ハッピを着用しているのに・・

サンデーキャップというのはどうなるのかな?

それにしても、ロッテはビジターを黒とグレーを着まわしているし、なかなか大変だ。


サンデーユニといえば中日か・・
あれは、突然
・ノースリーブ
・紫
・縦じま
と、全然中日カラーに無い要素を3つもとりこんだだけに違和感があったな。
posted by しけたろう at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月27日

イ・スンヨプ

パ・リーグはなんと今日から開幕じゃないか!
その前に1つ書いておこう。
イ・スンヨプについて。

稼頭央がぬけ、小久保がぬけ、ローズが抜け、カブレラまで故障したパ・リーグで注目を一身にあつめるスンヨプ。
さすがに50本は無理かもしれないが30本程度は打つのではというのが予想だ。
その根拠は先にきた韓国で活躍した外国人、ウッズとフェルナンデスがそこそこやったからに相違ない。

ウッズは98年から02年まで韓国にいたわけだが、98年に本塁打王をとっている。(01年打点王とMVP)
それ以降、1年をのぞいてすべてタイトルはイ・スンヨプがとっている。

フェルナンデスは02年に韓国にいた。
その年はアジア大会のために中断があったが、その時点でフェルナンデスの101打点に対して、スンヨプは120打点ということだ。

まあチーム状態とかを考慮していないのでなんともいえないが、スンヨプのほうが両外国人より韓国の実績は上なのは間違いない。

ひとつ懸念があるとすれば彼が韓国人だということだ。
ソン・ドンヨル以降の韓国人プレーヤーで1年めから実力を発揮できたといえるのは、ク・デソンぐらいしかいないではないか。
やはり、韓国の人にとって日本でなにかことをやるのは非常なプレッシャーがかかるのかと思う。(意識しすぎるというか)

その点、監督がバレンタインなのは良かったかもしれない。
日本人監督にあれこれ言われるよりストレスが少ないだろう。

でも、マジで成功してほしい。
韓国で実績を積んだら、日本でも成績を残せる・・というのが、健全な球界だと思う。
読売に苦汁をなめさせられたチョン・ミンテ、チョン・ミンチョル、チョ・ソンミンの分も頑張ってほしい。
posted by しけたろう at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。